Kotodama Workのワークシートまとめ:Kotodama Workとは自分についての発見や気付きという快感を得るワーク

ハーブヨガクラスには色んな特徴があります。
絵を描いたり、クラゲになったり、もちろん、ハーブボールを当ててみたり。
そして、最も変わっているプロセスがKotodama Workというものです。
これは姿勢美法のセッションの後に、一人ひとりが自分の人生について考えてみる、と言うもの。
例えば、こんなワークがあります。
・自分の好きなことを大量に挙げてみる
・過去1週間の自分の食事内容を思い出してみる
・自分が死ぬまでに絶対にしてみたいことについて考える…などなど
こんなことヨガクラスで考える必要あるの?
 
非常識なんじゃないの?
そんな風に見えるかもしれません。
じっと座ってワークシートに向き合うのは、まるで学習塾みたい?
気持ちよく体を動かすためのヨガっていうイメージからは程遠いですよね。
「ヨガクラスなのにどうして、こんな質問について考えないといけないの?」
私がサロンを始めた頃、生徒さんからこんな声を頂くんじゃないかと内心ビクビクしていたのを覚えています。
しかし、結果はというと、むしろ、紙とにらめっこしながら頷いたり、涙目になったり、ハッスルしながら、
サラサラ、サラサラどんどん鉛筆を書き進める生徒さんたちの様子を目にしました。
そして、
「自分の人生について考えるのが楽しい!」
「自分の発見や気付きをシェアできるのが爽快で快感!」
「もっともっと自分の人生について考えたい」という熱烈な声!の嵐
クラスによってはKotodama Workのシェアの際に泣いてしまう人も多数です。
そうです、皆、Kotodama Workのもつ自分との対話を求めていたんです。
自分の人生について深く向き合って考えようとしても、日常生活の様々な用事に追い立てられて時間をとるのが難しいですよね。
だからこそ、誰にも邪魔されない環境の中でたとえ10分でも自分に向き合えるというのは貴重な時間になるんだと確信したのです。
そして、ただいま、国際ハーブヨガ協会ではこれまで培ってきた様々なノウハウをどんどん公開して、世界にお役立て頂くミッションを続けています。
今月からはついに実際のハーブヨガクラスで用いているKotodama Workシートのワークについて公開しています。
さらに、必見のワークの背景についても解説しています。
是非、是非、お役立てくださいませ。

ハーブヨガクラスで用いるKotodama Workの解説

Kotodama Work01 嬉しい出来事を探すから自己重要感=幸福力が増していく

Kotodama Work02 時間の使い方を知ることが夢の第一歩になる

Kotodama Work 03 飽食の時代だからこそ、食事への意識を高めよう

Kotodama Work04:1年後・10年後・30年後から逆算するから、夢は着実にかなっていく

Kotodama Work05:本当の自分に戻る鍵は「あなただけの知っている長所」を見つけること

Kotodama Work06:あなたが輝くための発動条件を見つけよう

Kotodama Work08:死ぬまでに絶対したいことを究めつくすことでみえてくるもの

Kotodama Work09:イライラから自分を発見してみよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で