国際ハーブヨガ協会とは?

国際ハーブヨガ協会について

国際ハーブヨガ協会とは?

国際ハーブヨガ協会とは2008年「人生全ての側面からの楽しみ方」を提案する機関として宗冨美江・健太郎によってタイ国首都のバンコクに発足した鳥蝶(ちょうちょう)から2014年に発足した国際的な組織です。

私達はハーブヨガを通じて世界中の人々の美と健康と魂の向上に貢献します。

国際ハーブヨガ協会理事長のご紹介

宗 冨美江 MUNE, FUMIE


fumie_hyi.jpg

栃木県生まれ。米国にて高校卒業。立教大学法学部卒業。

ハーブヨガ・姿勢美法・Kotodama Workなどの革新的なメソッドを開発し、講師を育成している。 
”女であること、妻であること、母であることで何かを諦めずに、人生を楽しむ方法”を広めるため ChoChoを開設。独自の手法と劇的効果のため、世界中から依頼が殺到している。

2014年には世界中のハーブヨガ指導者と『国際ハーブヨガ協会』を設立。

国際ハーブヨガ協会理事のご紹介

宗 健太郎 MUNE, KENTARO


kentaro_hyi.jpg

鹿児島県生まれ 東京工業大学・同大学院卒業。専攻は環境経済学。
有機農業ビジネスによる貧困層のエンパワーメント研究のため、タイ国Asian Institute of Technology Ph.D(博士)課程へ留学。

一年以上に及ぶタイ農村部での過酷なフィールドワーク終了後、国際連合環境計画(UNEP)での業務を経験する。

国連での業務中に現代の日本人に必要なものは、「他者への関心」であり、それは自分自身の心と体の在りようから始まると痛感。2008年、現代社会に新しい人生の楽しみ方を提案するため、妻である冨美江とChoChoを発足し、現在に至る。