ハーブヨガイベント

8月25日(土曜日)

神戸のカフェコレリ(cafe kollere )にて

一日限りのワンコインリラクゼーションイベントを開催します‼︎

カフェコレリのレンタルスペースをきっかけに集う4人のセラピスト+カフェのオーナーさんでイベントを企画しました。

どれも、一回500円で体験していただける貴重な機会です。(画像2枚目)

ご予約優先ですので気になるイベントがございましたらお早目に(^^)

神戸でセラピストの活動はじめました。 少しずつクラスやイベントを開催していきますのでよろしくお願いします。

ハーブヨガクラスはじめます

ハーブヨガクラスはじめます

神戸で活動をはじめたセラピストの村中夕紀(むらなか ゆき)です。

ハーブヨガバンコク留学後、8月5日人生初のレンタルスペースを使ったモニタークラスを開催することができました。

古民家を改造したカフェコレリ(cafe kollere )の2階畳の間、四畳半からはじまるハーブヨガ。

ご参加いただいたN様から「ハーブヨガは初めてでしたが心地よくて面白かったです。笑顔で丁寧な感じもとても良かったです。ありがとうございました」とご感想をいただきました。

このようなお言葉をいただき大変嬉しゅうございます。

8月からカフェコレリcafe kollere 兵庫県神戸市中央区山本通3-8-12(詳しいアクセスはこちらhttp://m.kollere.webnode.jp/)でハーブヨガのクラスを開催していきますので、皆さまのご参加お待ちしております。

インスタグラムもはじめました。こちらにもクラスの案内を載せていますので、フォロー、いいね!よろしくお願いします。

https://www.instagram.com/jellyfish.yuki.muranaka/

8月19日(日)①10:15〜11:45②14:15〜15:45③16:15〜17:45

8月23日(木)①10:15〜11:45②14:15〜15:45③16:15〜17:45

8月26日(日)②14:15〜15:45③16:15〜17:45④18:15〜19:45

8月30日(木)②14:15〜15:45③16:15〜17:45④18:15〜19:45

8月31日(金)④18:15〜19:45

そして、、、実は8月25日にも、あるイベントの企画があります。また後日アップしますのでお楽しみに☘️

神戸でセラピストの活動はじめました。 少しずつクラスやイベントを開催していきますのでよろしくお願いします。

合宿のハーブボール調合が本当に楽しかったです

バンコクのサロンでハーブボール作りを行いました。

合宿のために用意したタイハーブの調合はもちろんなのですが、今回はサプライズがありました。
実は、その日の朝、参加者の方がみんなで食べようと買ってきて下さったマンゴスチンの皮も材料にしました。
それから、サロンの庭で育てていたアロエも調合しました。
こんな風にその時の出会いと季節の旬や場の特性を生かした調合を私たちは何万通りでも作り出すことができます。
サクサクサクサク、ハーブを切って、トントントントン、ハーブを叩いて布に詰めます。
しっかりと形を整えたら、ハイ、特製ハーブボールの出来上がり!
実は、タイハーブを使っての調合作業はハーブのエネルギーを直接、全身全霊で受け止めるため、
反応としてドッと疲れがでて横にならなければいられない感覚になることがあります。
今回も参加者のお一人がそのような感覚になり、数時間寝たら、エネルギーがばっちりチャージされていたそうです!

今後は日本各地で素敵なハーブとの出会いをしていけることを楽しみにしています。

また、世界各地でも今後はご縁のあった土地とつながり、その土地でトレーナーたちと一緒に何かのイベントや講座の開催などしていけることに心からワクワクしています。
タイ合宿も残すところ、あと1日です。
もう数日間の合宿で参加者の皆さんたちの気の体が開放されているのが分かります。
ちょっとしたことに意識が敏感に刺激されているのです。
1週間、毎日毎日大量の気づきの渦の中で笑いと涙に包まれています。
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

平成最後の夏だからこそ、古い自分の殻を脱ぐためにやって欲しいKotodamaワーク

今でも信じられませんが今年の夏が平成最後の夏になります。

平成が始まった時、なんと新しい響きだろう!

どんな風にこの日本は変化していくのだろう?

そして、この新しい時代を生きる私たちはどんな未来を築いていくのだろう?

そんな希望でワクワクした頃を思い出します。

早いもので平成も30年経過し、最後の年を迎えています。

平成の大事件であるオウム真理教の死刑囚の執行をするなど、平成のことは平成の内に整理を進める流れがそこかしこで起きています。

新しい元号が始まる時、それは新たな日本が生まれ直す時です。

日本人はこの元号という呪術的なものと数千年もの間、共に生き続けている世界でも稀有なスピリチュアルな民族なのです。

元号はそれこそ、時代の意識という強い言霊を持っているといえるでしょう。

私たち日本人は平成という魂をもった元号に今年さよならし、新しい魂をもった元号をお迎えすることになります。

新しいものが生まれ育ち始めるためには、古いものに整理をつけていかなければなりません。

整理という言葉よりは清算という方が適しているでしょう。

それが自分の半身を切られるような痛みを感じる大切なことやモノであったとしても、重すぎて前に進めなくなるくらいなら切り捨てなければなりません。

平成のことは平成のうちに。

だから、平成最後の夏、私はあなたにやって欲しいKotodamaワークがあるのです。

平成の間にできたあなたの古い殻を脱ぎ捨てるために膠着(こうちゃく)状態に気づくKotodamaワーク

  • Q1 平成が終わるにあたって、あなたがやり残していると感じることは何でしょうか?もしあるなら、いくつありますか?
  • Q2 あなたがしがらみのようにして抱えていることや長い間引きずってきたことはありますか?もしあるならいくつあるでしょう?
  • Q3 もし1と2のワークで出てきた答えを断ち切ったり、清算できるとしたらどんな痛みが生まれるでしょうか?

このワークはまさしく、平成が終わるこの夏のタイミングで行うのがベストであり、やることに今しか意味がないものでもあります。

なぜなら通常、人間は自分自身の膠着状態を意識して気づくことが難しいものです。

膠着状態とは、あっちに行きたいのに進めない。手放したいのに手放せず執着してしまう。という状態のことです。

また、膠着状態というものは、通常誰でも複数もっているものです。

普通にしていると、膠着状態を意識することすらできないのです。

それを理解するためにはどうすればいいのか?

そのカギについては、明日、お話しましょう!

まず、今日は、このKotodamaワークに取り組んでみてくださいね。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

バストアップも便秘解消もむくみ解消も叶う玄米レシピあれこれを配信!

ハーブヨガの基本の食に玄米は欠かせません。

玄米を一日何回食べるの?

どんなレシピで?

どんな炊き方?

どんな保存方法?

などなど様々な疑問に一気にお答えするべく超美腸を促す玄米の解説動画を3つもアップしました!

気になる動画から一気に見てください!人生変わります。

【超美腸】1日3回のお通じを可能にするためにはコレを食べれば間違いなし

35歳過ぎて授乳後なのに成長期のように胸がじわじわ育つバストアップ飯

【60秒】便秘とむくみを解消する小豆玄米ご飯の作り方

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

ハーブヨガ的便秘解消の方法1「歩く」【1日3回出して超美腸】

ハーブヨガでは1日1回のお通じではまだまだ便秘!

あなたが1日3回のお通じを達成できるための方法をお伝えします!

続編もたくさんありますので、お楽しみに!

 

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

好きな食べ物を掘り下げると自分がみえてくる?!ランチボックスとスタープランナー

こんにちは!「自然と動物と人とを繋ぐハーブになる」をモットーに神奈川で活動中のyuriko.Oです。

4月も終盤、GWに突入ですね。

先日開催しました、ハーブヨガ&ランチ会の感想・気づきをシェアさせていただきます。

 

今月のスタープランナーのテーマに合わせて、消化力を高めるための「みぞおちのチャクラを温める」ハーブヨガと「食べる」ことからのパワーチャージ、を組み合わせました。

ハーブボールは、  ヒノキを使用した大自然の恵みハーブボールを使用して、みぞおちのチャクラを念入りに温めてから、肝・腎・脾臓をしっかりお手当てしました。

布にまぶされたローズマリーパウダーが、柔らかい肌触りで香りも良く、参加者の皆さまからも「とっても良い香り〜」とご好評いただきました!

その後のランチは開催場所近くのオーガニックカフェfete cafeさん http://fete-cafe.com/カフェメニュー.html

でケータリングを依頼。

とっても可愛いランチボックスに、野菜たっぷりメニューと有機味噌&黒ごまのお味噌汁付き。

開けるところからワクワク、ドキドキ。

フォトタイムを設けて、みんなで撮影会をし、「かわいい!」「美味しそう〜」と皆さまにもとっても喜んでいただきました!

ケータリングは初の試みでしたが、お店までランチボックスを取りに行きがてらお散歩をしたり、お店の方との会話を楽しんだりと、お料理教室とはまた違った楽しみ方が出来ました。

地域との繋がりもできるので、ワークショップやリトリートでもまた取り入れたいな、と思いました。

スタープランナーの講義の中で、好きな食べ物について「なぜその食べ物が好きなのか?」を掘り下げるワークを紹介されました。

私は何だろう?と考えると、食べ物そのものよりも「あの時イタリアで食べたサンドイッチとカフェラテがすごく美味しかったなぁ。」と、その時のシチュエーションや雰囲気が好きなんだと気付きました。

今回のランチボックスも、ごはんの内容はもちろんですが、箱を開ける時のワクワク感やみんなで楽しい雰囲気の中でいただくことが楽しく、またカフェや町の空気感を皆さんにご紹介したかったんだなぁ、と分かりました。

自分が何が好きで、これからどんなことがしたいのか、を気づかせて貰えるとても大切なワークでした。

スタープランナーでのワークやヒントはとても実践的で、行動する際のきっかけや後押しをしてくれます。

メルマガでもありましたが、朝鮮半島のニュースには驚かされました。私も予言を聞いていたので、やっぱりか!という思いと共に、星の影響の凄さを目の当たりにし、恐ろしさをも感じました。

星の動きを知っているか、いないか、では全く違う世界を見ることになります。

スタープランナーの前身でもあるボディタロット講座から受講していますが、このような的中を数々目にしてきました。

また自身の生活の中でも、星の動きの影響をもろに受けているなぁ、と感じることが多々あります。。

月々のアドバイスに従って計画すると、本当にスムーズにことが進んだり

水星逆行と分かっていたのに、まぁ大丈夫でしょ、と甘く考えていたらひどい目に合いました。

例えば、、予定時間をうっかり確認し忘れて、遅刻しそうになったうえ電車が遅延してなかなか目的地に着かない、、。

「だから言ったでしょ!」と言われているみたいで、「甘く考えていました!もうしません!ごめんなさい。。」と天に向かって星に謝ってしまった位、ことごとくうまくいかないのです。

今ではスタープランナーは無くてはならない講座で、本当に助けられています。

毎月の計画はもちろんのこと、2年・3年先の流れまでも読んで伝えてくれるので、長期的な計画も立てることができ、自分がこの先どこへ向かっていけば良いのかを示唆してくれます。

その為、漠然とした不安や迷いが圧倒的に減りました。

うまくいかない時も、星の影響がある場合には自分ではどうしようもないな、と諦めがつくようになりましたし、またそこから何を学べるのか?を考え事前に準備をしておけば、トラブルがあっても最小限に出来ることが分かると心配が減ります。

毎月の講義を聞いてワークブックにまとめる→スケジュールに落とし込み計画のための準備を始める→何回も聞き直しながら微調整する

を繰り返していると、自分では思ってもいない位に行動出来たり、何がしたいのかが段々明確になってきて、まるでコーチングを受けているようです。

今回のランチボックスもそうですが、先月のワークショップもスタープランナーからヒントを受け取り計画し、開催まで至ることが出来ました。

4月で一区切りする時期、前半は行動力が増しました。

5月からの「殖やす」時期に向けて、前半の計画を見直していきたいと思います。

 

良すぎて教えたいような、教えたくないような、ハーブヨガスタープランナー2018.

まだ受講していない方は、後半に向けてギリギリ間に合うのではないでしょうか?

本当に自分が見えてきます!おすすめです!!

 

 

ボディチューニングサロンOnsa 「自然と動物と人とを繋ぐハーブ」になることを目指して、神奈川県 菊名周辺と自由が丘のレンタルサロンにて活動中。

旅先での便秘問題を解消する、ハーブヨガ習慣の力!

こんにちは。「自然と動物と人とを繋ぐハーブになる」をモットーに神奈川で活動しているyuriko.Oです。

 

皆さんは「旅先での便秘問題」に悩まされたことはありませんか?

自分は大丈夫!という方もいらっしゃるとは思いますが、ご家族やご友人など周りの方でお悩みを抱えてる方は少なくないのではないでしょうか?

私はまさにそのタイプです。いや、正確にはそのタイプでした。

今回、旅先で「習慣の力」を実感することができ、ハーブヨガ習慣の積み重ねの重要さを感じることが出来ましたので、その気づきをシェアさせていただきます。

 

ハーブヨガ習慣の柱である、食事・睡眠・排泄

 

ハーブヨガを行う際には生活習慣の鉄則としてこの柱を整え、鍛えましょう!と学びました。皆さんも実践し、また生徒さんに指導していることと思います。

まず驚くのはなんといっても、1日3回の排泄で次元の違うデトックスを目指す!こと。ですよね。

初めて耳にしたときは驚き、いやいやそんな、、はっきりいってそんなことは出来ない、と思っていました。

私はハーブヨガを学ぶまで、健康にかなり気をつけていた方でしたし、ある程度食事や栄養の勉強もしてきてはいました。

ですが、今思うと当時はあまり健康的ではありませんでした(朝はスッキリ起きられない、怠い、疲れやすい、胃が痛いets…)。

排泄リズムはまちまち、全くもってチェックなんてしていませんでした。

デトックスの大切さは分かっていながら、排泄リズムをしっかり観察し、1日3回を目指すなんて考えてもみませんでした。

更に驚いたのが、効果的な2つの習慣として紹介された下記の方法です

ご飯を食べたら便意を感じなくても座る

排泄について家族やパートナーとシェアする

うーん、こんなことで排泄リズムが整ったら、まぁ良いけどね。。

くらいに正直あまり重要視してはいませんでした。。

実際に何回かは実践しましたが、ハーブヨガ習慣を始めたばかりの頃は、継続的には出来ていませんでした。

しかし、朝のスムージー&玄米粥を時々サボりながらも実践し続けていると、

朝のお通じが必ずやってくる、スッキリ!

サボり始めるとお便りが来ない、またはリズムが崩れる。スッキリしない!気持ち悪い、、

と効果をしっかり実感出来るようになりました。次第に1日2回は普通になり、調子が良いと3回お便りが来るようになりました!

ここまでハッキリと結果が現れてくると、継続せざるを得ません。

また、スッキリ1日を始めたいので便意を感じなくても座るように自然となっていきました。

そして自分がスッキリしてくると、周りの人にも教えてあげたい!パートナーはどんな調子か?聞きたくなってくるから不思議です。

今では体調チェックをする際は、自分を含め生徒さんにも必ず排泄リズムを確認するようになりました。

 

こんな風にハーブヨガ習慣が自然と身についてくると、ちょっと環境が変わったり、たまに食事が不規則になってしまっても、そんなに簡単には生活習慣リズムが乱れないようになってきます。

今回の旅行でそれを実感しました!

 

2泊3日の旅行中、朝から3食しっかりと食べ、なんなら間食でおやつも美味しくいただきました。

せっかくの旅行ですから旅先の名物もたっぷり堪能しました。

さすがに食べ過ぎてるなぁ、胃が重い、、

と感じていましたが、食後いつものようにお便りを感じなくても座る。

スッキリ!

次の日も、スッキリ!

なんなら朝1番にスッキリ!!

とまったく便秘になることはありませんでした。

習慣になっていたのですっかり忘れていたのですが、旅先ではいつも便秘になってしまい、ほぼスッキリしたことはありませんでした。

習慣の力って凄いなぁ!

じわじわと静かに感動してしまいました。

 

また、他にも効果を感じたことは、「脱力」と関係性の「波」

排泄リズムが習慣化して、体がうまく「脱力」出来るようになっていたことで胃腸もリラックスしていたこと。

普段の食事習慣がベースにあるので、旅先では我慢しないで食べたいものを家族と一緒に楽しんでいただけたこと。

自分が楽しんで過ごすことでその「波」が自分の体だけでなく、周りにも伝わりみんなでとても楽しく過ごせました!

 

今までは便秘が気になり、充分食事を楽しめなかったり、また出なかったらどうしよう、、という心配が常に頭にありました。

なんとなく心配を抱えていると、充分その瞬間を楽しめず、ちょっとしたことが気になって、小さな喧嘩が始まったりします。

排泄リズムが整うことで、旅行を楽しむ姿勢や、家族・パートナーとの関係性までが良好になるなんて本当に驚きです。

人生を目一杯楽しむためにも、習慣力を鍛えることは大変重要だ!と気づきを与えてもらいました。

GWで旅行に行かれる方も多いと思います。便秘問題を抱えている方は特に2つの習慣、おすすめです!改めて実践してみてもらいたいです。

 

ボディチューニングサロンOnsa 「自然と動物と人とを繋ぐハーブ」になることを目指して、神奈川県 菊名周辺と自由が丘のレンタルサロンにて活動中。

放置ガーデンをハーブガーデンにしよう!

~心も体も元気&Happyに!幸せの種まきのお手伝い~

アトリエ百和(yuwa)の新井百合子です。

ずっとハーブが、オーガニックが…とブログ記事を書いたり、イベント出店などでもお伝えしてきました。

が、…お恥ずかしい限りですが、植物を育てるのが苦手でした。

肥料や土は、何パーセントの配合で…など、難しく感じてしまって手が出せずにいました。

小さな自宅の庭には、梅、ビワ、金木犀、満天星つつじ、菖蒲など…

実家の父が植えてくれた樹木や植物がたくさんあります。

草むしり位はするものの、剪定などは父に任せきりでした。

ビワの木も、かれこれ10年以上実をつけず…。

仕方がないのかな~と諦めていました。

そんなとき、3月のハーブボールリトリートマスター講座に参加させて頂きました。

なぜ、オーガニックのハーブボールを使用するのかということも改めて学び、収穫したばかりのハーブをハーブボールにする楽しさを味わいました。

使い終わったハーブボールの活用法、コンポストなどについてもレクチャーを受けました。

そして、家でもできるかも…と少し思いはじめました。

ハーブティーを最高に味わうための瞑想をして、みんなでいただいた…そのハーブティーが

甘くて、クリアで、とても美味しかったのです!

家のビワの木の葉も、こんな美味しいハーブティーにできるのかな?

いや、ぜひ、飲みたい!

と、大それた思いが沸き上がってきて、苦手に感じていた植物のお世話にチャレンジしてみました。

1.ハーブボールの中身を出して

2.木の根元から少し離れたところに少し穴を掘り(根っこを傷つけないように)、ハーブを置いて上から土をかけます。

栄養たっぷりの、良い土になりますように。

この際、ハーブも自分で育ててみよう!ということで、ハーブの鉢植えセットを購入しました。

とても親切なことに、パーライト、下に敷く用土、苗の周りに入れる用土が別々のビニール袋に入っていて番号が付いています。

ハーブの苗と鉢を準備して、あとは、番号順に鉢の中に入れていけば、あっという間に、ハーブの鉢植えの完成です!

無農薬のハーブ苗、用土も有機肥料を使用していて安心です。

アップルミント、レモンタイムの鉢植え完成!

植えてから  30日後くらいの様子。↓すくすくと育っています。

送って頂いたハーブ園からのお手紙に

「ハーブは自分で育とうとする意志を持っています」というようなメッセージがありました。

しっかり観察して、必要な手助けだけをすれば、自然と育っていくのですね。

子育てと似ているかもしれません。放置も過保護もせずに、丁度良いお世話ができるようになりたいと思います。

3月のハーブヨガスタープランナーのワークのひとつに「あなたの意識が届く範囲を増やしましょう」というテーマがありました。

ハーブを育てるということに関心を持ったおかげで、地元に無農薬野菜、ハーブを育てている農園を見つけることが出来ました。ワークショップも行っている、そちらの農園にも近々お邪魔して、ハーブの魅力、自然のパワーを感じたいと思います。

ひとつの興味から、また新しい世界とつながることが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アトリエ百和(yuwa) の新井百合子です。 自宅サロンや、イベント出店をメインに活動しています。 よろしくお願いいたします。

歩くことと走ることの体への影響の違いとは?

脂肪を燃やしたい。

有酸素運動は脂肪を燃やすというので、有酸素といえば歩くことだろう、と思っていました。

だから、年始からまずはとにかく歩き始めたんですね。

しかし、これまでの何倍も歩いているのに全然、私の体の脂肪は変化を感じませんでした。

いつもなら自転車で行く距離であっても、とにかく夫婦で歩いたのにどうして??

頭の中はクエスチョンマークでいっぱいです。

そんな頃、スロージョギングという走り方を知りました。

歩くより遅いスピードで走っても、約2倍のカロリーを消費できるんです!

1キロの脂肪を燃やすのに約7300キロカロリーの消費が必要と言われています。

例えば、4~5キロ走ると約300キロカロリー消費できるんです。

すると週5で走ると1カ月で、大体1キロの脂肪を燃やせる計算になります。

しかし、歩いて同じカロリーを1ヶ月で消費するには10kmを週5で歩かなければなりません。

あるいは、5km歩く場合には2ヶ月かかるのです。

例えば、3キロ痩せたいという目標がある方の場合、3ヶ月で済むのと、6ヶ月かかるのではやる気の出方が全然違いますよね。

こんな理由から、ダイエットの場合、走ることを選択すると圧倒的に速く結果が出ることが魅力なんです。

ただし、ただ走っているだけでは脂肪が燃えるだけで、メリハリのない体になりますから注意が必要です。

そのためにハーブヨガワークアウトでは、有酸素と無酸素を必ず組み合わせます。

それだけでなく、柔軟性をしっかり着けること、これも大事です。

と、いうのも柔軟性が低いと筋肉のつき方がいびつになってしまい、むしろずんぐりした体になってしまうかもしれません。

もちろん、ケガや故障も起きやすいです。

しかも、これだけで終わりません。

さらに、ハーブヨガワークアウトではハーブボールを使ったセラピーで内蔵系・神経系・免疫系のブーストを応援することも含みます。

また、走ることだけが正解とは限りません。

適度に肉をつけてふくよかさを出したい方には、やみくもに走ることより、まずは歩くことをオススメする場合もあります。

このように、ハーブヨガワークアウトで重視するのは、まずは一人ひとりの現状把握です。

今、自分がどのような状態なのかが分からないのに、やみくもにエクササイズを始めるのは危険ですらあります。

一人一人が描く理想像も違います。

みんなが同じことは絶対に出来ないのです。

痩せたいのか太りたいのかによってやることは全く変わります。

また、その人の現状の筋肉などの状態によって運動強度も食事メニューも全く変わります。

だから、変われるんですね。

そして、面白いんですねえ。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。