ハーブヨガにおける観想とはなにか?

さて、これまで私が何度となく使って来たこの観想という言葉ですが、これはハーブヨガ全体を通してとても大きな問いであるといえます。

ハーブヨガの音声講義で私達がこの言葉を多用していますので何となくその意味がわかり、普段から観想という言葉を使っている人もいるかもしれません。

しかし、まだまだ分かっていない人も多いでしょう。

そこで、観想について坐法という視点から解説をしていきましょう。

 

まず、ハーブヨガにおける観想が最大限に発揮されるべきセクション、それが坐法の部分です。

ハーブヨガのセッションの中で一番わかりやすくて、一番わかりにくいのが坐法の部分です。

特にこの観想という言葉を私たちハーブヨガの指導者は多用して、ハーブヨガ指導の質を考えます。

「観想が伝わる」とか、「観想が甘い」とかいうふうに。

そこで、まず、あなたも考えてみましょう。

観想とはいったい何でしょうか?

どうして、ハーブヨガでは観想を重視するのでしょうか?

30秒程度、考えてみましょう。

まず、シンプルな定義から入ります。

観想というのは自分の思いを強めて、それを現実に反映させる力のことです。

これは 別段、ハーブヨガの専売特許ではなくて、ヨガの様々な流派だったり、仏教だったり、仙術だったり、格闘技だったりと、様々な分野で特に大事なものだと考えられている心と体の働きであり、技術です。

例えば、物語の中で忍者は忍術を使って大きなガマガエルを見せたりします。

これも観想のなせる技なのです。

ハーブヨガでも観想をとても重視します。

「私が世界のハーブであり、世界が私のハーブである」という観想を強めることがハーブヨガの目的でもあります。

そのために、ハーブヨガでは観想を倍加させる坐法やスパイラルを行うことで、実践者一人一人がハーブのビジョンをインプットする習慣を鍛えていくのです。

この観想の習慣が足りなければ、すぐに周囲の声に反応して自分自身を揺るがせてしまう軸のない人間になってしまいます。

観想が強まると人の体にまで影響を与えてしまいます。

なので、あまりにも強い癒しの存在感や熱の存在感を持っていたら、その人のそばでは悪いことができない、人を殺せないという現象が起きます。

 

合気道の開祖である植芝盛平先生などの歴史的な武術者の自伝では、そのような話が頻繁にあります。

例えば、悪い人が鉄砲をもって植芝先生を殺しにきたのに、どうしても撃てない。

植芝先生が一喝したらヘナっとへたり込んでしまうというような逸話ですね。

これは植芝盛平先生の弟子である塩田剛三先生の著作にとても詳しく載っています。

 

これと似た話が東洋の達人の自伝の中には沢山残っています。

これは観想の強さを表しています。達人は観想によって他者を攻撃することはありませんが、観想を通じて相手を圧倒し、攻め入ることすらも許さないのです。

もしも、私たち一人一人が平和な観想の力を持ったら、戦争がなくなるということでもあります。

逆に言えば、一人一人が内側に持っている恐怖が社会全体を覆う観想になることもあり得ます。

例えば、「こままではエネルギーが足りなくなるよ」と誰かに煽られると、「それじゃ、あの地域から持ってこよう」「戦争をしてでも資源を持ってこよう」というような意見がどこからともなく現れて社会全体を覆ってしまう、こんなことがあるわけです。

私たち一人一人は他者に平和と愛を伝える観想を発揮することもできます。

しかし、同時に砂嵐を作り出したり、他者をそれに引き込んだりする観想を発揮することもできるのです。

そのどちらを選ぶかはあなた次第ですが、後者は明らかに楽しい人生とは呼べないでしょう。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

坐法の習慣:ハーブヨガクラスではヨガなのにどうしてハーブボールを用いるの?

ハーブヨガにおける坐法とは一体どんなものでしょうか?

30秒程度考えてみましょう。

ハーブヨガの坐法とはあなたの観想を鍛え、ハーブと遊ぶ習慣です。

言霊ワークまでの段階で、自分自身の心・体と対話するための準備が出来ました。

坐法ではその敏感になった感性を通じて、私達は世界とさらに深く対話していけるのです。

ハーブヨガの坐法では世界(自然)の素晴らしさの結晶であるハーブをお手本として、自分自身の観想の力を効果的に磨いていくことができます。

ハーブヨガクラスにおける坐法はいわば前の3つの習慣を身につけようとしている人への非日常的なボーナスであり、ハーブと遊ぶ祭りの場です。

また、癒しを目的とするハーブヨガセラピー (※)における坐法とは、ポーズの完成をゴールとするのではなく、ポーズを通じてハーブ(世界)と遊ぶことを目的としています。

まるで子供のように無邪気になってハーブと遊ぶことによって、私たちは世界のすばらしさをかみしめることができるからです。

 

ハーブヨガというと、ハーブボールが前面に出てくるイメージを持っている人も多いと思います。

例えば、もっと単純にハーブボールが癒してくれると思っている人も多いでしょう。

その理解は方便として見れば、その人のシチュエーションや理解力によっては正解だとも言えます。

しかし、本質的な話をするとハーブボールというのはあなたの先生であって、何かに影響されない、乱されない屈強な存在なのです。

ハーブボールは「私は常に癒やすよ、つねに温めるよ」という尋常ではないほどの癒しの力を持っています。

これは常に脱力している状態であるとも言えます。

ハーブボールどんな人にでも身構えることなく、公平に熱と癒しを届けてくれるからです。

 

私たち人間はこれとは真逆です。

簡単に他者の影響を受けて、砂嵐に巻き込まれてしまいます。

人によっては他者の砂嵐に率先して入っていく人もいます。

誰かが怒っていたら一緒に怒りたくなるし、あるいは怒っていること自体に対して腹を立ててしまいます。

「なんであの人怒っているんだろう、大人気のないやつだ」というように憤り、ミイラ取りがミイラになってしまうのです。

このように喜怒哀楽のうちどんな感情であっても、私たちは常に他者に影響されてしまうのです。

また、ハーブボールは私達が怒ってようが悲しんでようが、何をしていても常にそのスタンスを変えません。

「誰でも、いつでも癒します、温めます」というスタンスです。

これはすごいを持った存在です。

ハーブボールといえば癒しだろうとあなたは思うかもしれませんが、普通の人間にはありえないような強靭な軸があるわけですね。

類まれな脱力と軸の持ち主、これがハーブボールなのです。

坐法を通じて私たちはハーブボールのこのような部分を、「ハーブになる」という観想のお手本として学んでいきます。

 

※ ハーブヨガには習慣による日常的な癒しを目的とするハーブヨガセラピー、活性化を目的としているハーブヨガワークアウト、非日常的な体験を目的とするハーブヨガリトリートなどの複数のスタイルがあります。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

絶対にヨガを習慣にできる唯一の方法

「ヨガを習慣にするためにどんな工夫ができますか?」

と聞かれたら、様々な答えがあるかもしれません。

ヨガを行う時間を決めることだ、とか

まずは1ポーズでもいいから毎日やることだ、

などなど・・・。

でも、私が長年ヨガとかかわってきて、これが一番大切だとわかったことがあります。

自分自身も何度も挫折してきたからこそわかったことです。

また、たくさんの生徒さんの習慣を応援してきたから得られた絶大な答えです。

それは、宝物のヨガマットを用意すること。

ポーズをする以前の習慣が実はとても大事だったんです。

くるくると丸めてあったヨガマットをパーッと開いてその上に立つ。

その上に座る。

ただそれだけで、幸せな気分になることが大事だったんです。

何しろ、ヨガを行う空間は1畳未満でも大切な聖域(サンクチュアリ)なんですから。

私はヨガを習慣にする上で、まずはこの習慣だけは大切にしているんです。

ヨガをするんじゃない、ヨガマットを広げるんだ。

サンクチュアリに自分自身の身を置いて自分に愛情と敬意を払うために。

これだけやれば、いいんだ、と自分に許可を与えることで、習慣にするハードルがグッと低くなります。

体調が優れない時、

疲れていてもう、どうでも良くなった時、

どんな時でも、決められた時間になったら、ヨガマットを広げる。

その上に座ってみること。

もうそれだけで十分なヨガが始まっているのですから。

そして、この習慣を応援してくれるのが私達の愛するハーブヨガマットです。


 「本当にかわいい!」と大好評をいただいているデザインなのに、自然素材で出来た世界でも珍しいヨガマットです。

このヨガマットを私達が開発したのは、一般的なヨガマットが触ること、臭いを嗅ぐことも体や環境に悪いと知ってからでした。

だから、体にも環境にも優しいヨガマットが欲しい!とその思いで作ったのが始まりです。

開発秘話について詳しくは、こちらの書籍「ヨガマット一枚の革命」にかかれています。

 

このマットをただ眺めたり、触ったりするだけで瞑想の効果をもたらされるのです。

深呼吸するだけで森林にいるような気分にさせてくれます。

あなたと共にマット自体も呼吸しているヨガマットなのです。

ハーブヨガマットはこちらからお求め頂けます:

https://www.yogiq.tokyo/

あなたのヨガライフが素晴らしいものになりますように。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

ハーブボールが言語を越えてあなたを導くハーブヨガ動画を大公開

「3年後には世界中の方々と交流してハーブヨガを伝えている自分をイメージしています」

本日まで開催していましたハーブボールSPAセラピスト養成講座の中では、

参加者お一人お一人と個別に時間をとって将来のご自身のビジョンについてお話を伺いました。

すると、全員、一致です。

「数年後には、世界の方々にハーブヨガを伝えている」

今は英語が得意ではない方でも、このような希望を持ってハーブヨガの学びをスタートしています。

そして、その希望、必ず叶います。

なぜなら、英語力だけではコミュニケーションは成立しないのです。

伝える力は英語力よりも先に必要なのです。

そして、なによりも世界の人々に伝え合うという環境こそが、英語力をあとから押し上げてくれます。

国際ハーブヨガ協会には、世界とつながるネットワークで今現在も世界中に散らばる仲間たちがハーブヨガを一緒に学んでいます。

そのために、私たちは世界の人々に今年から本格的にハーブヨガを広めるべく動画を作成しました。

こちらの動画は英語のヨガオケ学習教材とは異なりますが、ハーブヨガの世界観を反映させています。

動画はこちら:

こちらの動画ではチャクラクレンジングという方法を伝えています。

これはチャクラという体のエネルギーセンターを一つ一つ整えていく方法です。

シンプルな方法ですが、じわーっとあなたの全身が変化するのを感じるでしょう。

ぜひ、ハーブボールを一つ作って、この動画でチャクラを温めてみてください。

英語がわからなくても、そのアーサナのメッセージ(観想)が伝わってくるのを感じてください。

一つ一つのチャクラがハーブボールの熱と成分に反応して、心地良く動き出していくでしょう。

ハーブボールとこちらの動画があなたの心と身体を言語を越えて導いてくれます。

これがどんな言語のどんな文化の人にも伝わるハーブヨガの方法論です。

あなたが数年後に英語で指導する初めの一歩がここにあるのです。

お楽しみください。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究のまとめページ

リクエストにお応えして、動画でわかるハーブヨガのアーサナについてのまとめページを制作しました。

ハーブボールをご準備いただいて、ぜひ、ご活用ください。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:肝臓のアーサナ その1

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:腎臓のアーサナ その1

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:チャクラクレンジング 

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:Spring Water Spiral(泉の精のスパイラル)

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:直角のアーサナ

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:マントのアーサナ

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:マントのアーサナ

 

マントのアーサナの効用

このアーサナは星座の姿勢から始まることで、下半身と上半身をつなぐ大きな筋肉をストレッチさせます。

さらにハーブボールを用いて、腕の付け根のエネルギーバランスを改善することで、乳房から背中のラインまでの気血を整えていきます。

マントを羽織っているように優雅に動き、ゆっくりと呼吸をしましょう。

マントのアーサナの流れ

  1. 正座の姿勢でスタートします
  2. 片手にハーブボールもちます。
  3. マントを羽織って腕を広げるようにして後ろ側にハーブボールを持っていない方の手を付けます。
  4. 肩の付け根のあたりにハーブボールを置いて、脇の気血水のバランスを改善させる観想をします。

※両方の腕で行います。

 

 

マントのアーサナの動画はこちら

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:直角のアーサナ

直角のアーサナ

これは脚部分の血行促進し、下半身の冷えを取り去るためのアーサナです。

膝の裏を刺激することでリンパの流れを促進させ、老廃物を排出させる働きもあります。

足のむくみやすい人はチャレンジしてみましょう。

体を捻る際には思い切りやらないようにして下さい。

1セットで30秒間程度、一つの脚の向きにつき、1~2セットを目安に行ってください。

  1.  片方の脚を膝で90度を形成するようにして座り、もう片方の足は前に出して横に倒し、同様に90度を形成します。
  2.  体を前に向けた脚のほうに捻って、ハーブボールを押し当てます。膝の裏から腿までをゆっくりと押し当てましょう。
  3.  十分にストレッチをし終わったら、次は脚の向きを変えて同様の動作を行います。
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

ハーブヨガのアーサナ研究:ハーブヨガのシャバアーサナ

ハーブヨガのリラクゼーション(ハーブヨガのシャバアーサナ)

ハーブヨガでは脾臓のプラナヤマの後に、シャバアーサナというアーサナを行います。

これは全身のエネルギーバランスを整えるために必ず行うべき技法です。

熱が過度にたまっている部分から、余分な熱を抜き、冷えている部分に熱を届けるために敢えて止まるのがこのアーサナです。

ハタヨガではこのアーサナは屍のポーズとも言われます。

(生きているものでも、死んでいるものでもない、制止を超越した神様である)ブラフマンを体現することから、「究極のアーサナ」とも言われています。

完全に自己を手放し、脱力しきった状態になると第六チャクラに位置する第三の目が開き、三昧に至れるという意味が込められています。

シャバーサナが上達してくると、10分間のシャバーサナは一晩の睡眠にも勝るとも言われるほど大きいリラックス効果と自律神経の調整をもたらすといわれています。

ただし、シャバーサナをしているからと言って、日常的な睡眠時間を削ることはできませんので注意しましょう。

ハーブヨガでは癒やしたいポイントにハーブボールを置き、その感覚を軸に力を抜いていくことを行います。

しかし、力を一切入れないというシャバーサナは簡単に見えて、比較的難易度の高いアーサナです。

脱力についても姿勢美法で徹底して行いますが、それでも完全に投げ出すことはできないからなんですね。

ハーブヨガのシャバーサナは体の上に置かれたハーブボールを通じて呼吸を行い、意識を拡散するプロセスを踏んでいきます。

ハーブボールのエネルギーが呼吸と共に出入りして、あなたという空間を磨いてくれる感覚です。

ここで、ゴマのハーブボールを使用している際にはシロダーラのように額に置くこともできます。

ハーブヨガのシャバアーサナの手順

1. 導入

  • 床に仰向けに寝てハーブボールを好きな位置に置き、手のひらを上に向けて目を閉じる。
  • 川の中にいて、美しい水が自分自身のよどみを流し切ってくれるイメージをします。

※自分の体が砂に埋もれていくようなイメージで。全身の力を抜きます(約5分間)

 

2. 起き上がるまでの流れ

  • 手足を動かす
  • 手首足首を回す
  • 手のひら、足の裏を擦り合わせる
  • 手を組み上伸びをする。腰から下は下へ、上は上へひっぱる
  • 膝をかかえて腰を左右に動かす
  • 膝をかかえたままゆっくり起き上がる

※決して、無理に起き上がってはいけません。手順通りに起き上がりましょう。

 

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:Spring Water Spiral(泉の精のスパイラル)

Spring Water Spiral:泉の精のスパイラル

このスパイラルはごまを用いたハーブボールを用いた専用のスパイラルです。

他のスパイラルとは異なり、肌や髪に直接当てることが出来るため、よりダイレクトに頭部のエネルギーバランスを整えます。

スパイラルとしての方法論は至ってシンプルで、各チャクラの洗浄・活性化をまず最初に行い、続いて、肌に大きな影響を与える肩周りから首のラインを温圧して癒やしていくという流れになります。

髪の毛の生えている頭皮を癒やすことは、実は婦人科系を含む腎の位置を癒やすことになります。

そして、この腎の位置のエレメントは水とされています。

あなたはこのスパイラルを通じて、体中の水を浄化し、生まれ変わらせることができるのです。

インドの女神であるラクシュミー神(下図)に代表されるように、女性は水との親和性が高く、水にあふれ瑞々しいことが美しさの象徴とされてきました。

タイではナーントラニーという女神が人気があります。

これは髪の毛を絞った女性神の像で現されています。

この女神の髪の毛を絞る際に出た水が洪水になって釈迦を救ったと言われ、大変な信仰を集めています。

大地の女神は豊穣さの象徴ですから、それを髪の毛の豊かさとして表現したのでしょう。

簡単に言えば、髪の毛が豊かである=腎の気が豊か=産み出す力が豊かという観想の構図がここに成立するのですね。

スパイラルの観想としてはゴマの優しい香りとぬくもりを感じながら、髪が生き返る様を感じて欲しいと思います。

動画でわかる泉の精のスパイラル

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:チャクラクレンジング 

チャクラクレンジングとは?

チャクラクレンジングは第一チャクラ、または第二チャクラから順番にチャクラにハーブボールを当てていき、各チャクラのエネルギーバランスを改善するメソッドです。

これはハーブヨガだけのオリジナルメソッドとなります。

最も基本的かつ原始的なハーブヨガスパイラル(連続するアーサナ)ともいえます。

このアーサナは深い呼吸とハーブボールによる温圧によって各チャクラの状態を整えることを目的としています。

そのため外側から見ると瞑想を行っているように見えるかもしれません。

しかし、実際にはハーブボールの持つ強い癒しと熱をダイレクトに感じることのできるアーサナです。

上級者の場合、各チャクラの色や内臓を観想すると効果はさらに大きくなります。

ただし、第一と第六チャクラは粘膜付近であるため、ハーブボールの調合には細心の注意を払いましょう。

これらの部位の場合、あくまで近くに寄せるか省略してもよいでしょう。

このチャクラクレンジングはシンプルなメソッドですが、神経と血管と内臓の全てに届く方法です。

観想としては各チャクラの位置を一心に思い定めて呼吸を行いましょう。

動画でわかるチャクラクレンジング

※チャクラクレンジングには座って行う場合と、立って行う場合の二つがあります。

以下の動画では立って行う場合について解説しています。

チャクラクレンジングで行う各チャクラの解説

1. 会陰部(恥骨)への刺激

ゆっくりと丹田で呼吸をしながら、会陰部分をハーバルボールを使って温めてください。この部分には人間のを示す第一のチャクラの表側に当たります。この部分は生殖器や感情のチャクラとも言われ、活性化すると創造力、忍耐力が高まり、 成功や人と交わる喜びを促します。機能しないとセックス依存に陥ったり、性的興味を喪失したりします。また睡眠や下腹部の障害となってあらわれる場合もあります。色の対応は赤。

※この部位は直接当てるとしみることも多いので、熱を感じられる程度に離すのが良い。実際にクラスでチャクラクレンジングを行う際にはこの部分は省略される。

2. 下腹部:丹田への刺激

丹田は中医学など東洋思想では最も重要視されているツボが丹田です。インド哲学では活力や情熱の第二のチャクラがあるとされています。丹田にハーバルボールを当てながら、上述の丹田呼吸法を行うことで、体中の空気が新しいものと入れ替わる事を実感して下さい。

色の対応はオレンジ。

3. 腹部:みぞおちへの刺激

横隔膜の間にある、みぞおちの部分に第三のチャクラがあります。みぞおちにハーバルボールを押し当て、刺激する事で、集中力を高め、意思を強くすると考えられています。

色の対応は黄色。

4. 胸部:ハートチャクラへの刺激

胸部にはハートチャクラと呼ばれる愛情を司る第四のチャクラがあります。ハーバルボールを胸の真ん中に押し当てます。この時、ハーブを生んだ自然界の恵みに感謝することが重要です。ハーブボールを通じて肺の中に、新鮮な空気が入ってくることをイメージします。

色の対応は緑。

5. 喉:喉のチャクラへの刺激

喉を司る第五チャクラは喉元に位置し、その人の意思疎通を司るとされます。普段から言えないことや悩みを抱えている人は喉のチャクラが弱まり、喉に関する疾病を起こすと考えられています。喉元をハーバルボールで温圧することにより、言葉や表現に関する過敏な意識を和らげることが出来ます。

色の対応は青。

6. 眉間:第三の目のチャクラへの刺激

この部分は第三の目とも言われ、真実を見通すための眼力をあなたに与えます。この部分にはハーブボールを押し当てるのではなく、数センチ離した状態でその熱を感じるだけでよい。ハーブボールの種類によってはたまねぎを使うので、その場合には20cm程度話して掲げる。

第三の目の部分がちりちりしてくれば、チャクラが反応しているといえる。

色の対応は藍。

7. 第七チャクラ:エネルギーの調整

以上の過程で、下から上までの各々のチャクラの調子を整え、最後に第七チャクラから余分なエネルギーを放出すること。頭頂部の上3cm程度の場所を観想しながら、静かに呼吸します。

これによりエネルギーのバランスを調整し、無駄なエネルギーの集中を拡散し、神経の高ぶりをなくすことが出来ます。

色の対応は白。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。