いわゆる「好転反応」をどのように扱うべきなのか?

このように生徒さんの相談について即答せず、回答を与えずに、ワークシートや書籍を与えて生徒さん自身に考えてもらうというのが私達のスタンスです。

この考え方を応用して「好転反応」というものについて、指導者がどのように対処すればいいかを考えていきましょう。

好転反応というのは東洋の考え方です。

これは何らかのメソッドを行なって気血水の流れが回ると、一旦、不快に思えるような症状が出るというものです。

 

この作用はエネルギーバランスの調整のために発生し、実際に感知できるるものが多いと感じています。

伝統的な自然療法やハーブヨガでは起こりうるものですし、沢山の体験者が経験している現象です。

しかし、気血水の変化の現れ方は誰もわかりませんから、全ての人が心身の不調としてそれが出現するわけではありません。

人によっては人間関係のトラブルの形で現れることもあります。

 

例えば、生徒さんがハーブヨガを実践することで便秘になったとして、「この便秘は好転反応だから、しばらく待っていて下さい」といったように私たちが勝手に診断することはできないのです。

好転反応は起こり得ます。

しかし、私達自身にそれを診断したり、分析したり、評価したりする必要は一切ないのです。

それは言霊ワークやTune-inのシェアと全く同じです。

これは苦しんでいる生徒さんを野放しすることになるのでは?と心配になる人もいるかもしれません。

しかし、以下の例を考えてみましょう。

 

Tune-inのシェアの際に私達は生徒さんの話している内容についてコメントを一切しませんよね。

例えば、「あぁ、それは素晴らしい発見ですね」とか「もっと深く感情移入して考えてみましょう」とか、そんなアドバイスをすることはありません。

ただ淡々とシェアをします。

ここで、Tune-inでりんごを観察していった時に、生徒さんから

「りんごの芯のところにスーって滑っていくのが、なんかこう幼稚園のすべり台を思い出したんです」

「りんごという宇宙の中の大きなすべり台の中で私自身が滑っているような気持ちがしたんです」

というシェアがあったとしますよね。

この時に、生徒さんから、「これは私の前世の体験から来ているのでしょうか?」であるとか、「これは私の幼稚園の時のすべり台なんでしょうかね?それとも未来のすべり台でしょうかね?」とか、聞かれたとしても答えようがないじゃないですか。

私たちにわかるはずはありませんし、よしんば「わかる」ことに何の意味があるのでしょうか?

体の症状についての質問であってもこれと同じなのです。

私たちにはその原因は分からないのです。

私達の潜在意識にはそれこそ私達の先祖の記憶すらも眠っていると言われています。

その記憶がどのように再生されるのかは誰にも分からないからです。

 

こんな時に一番大事なポイントというのは、あなたがどんなストーリーを生きたいのか?ということです。

生徒さんがどんな状況であれ、私達、指導者が堅持すべきストーリーとは、

私達は自分の体に愛情をかけることで、自分に備わった自然の力が発動し、健康で美しくいられる

というものです。あなたがこの物語を確信し、それを確認するために生きることによって、あなたの観想は他者に感応していきます。

その結果、生徒さんは自分の人生に恋をする(関心を払う)ことを始めることができるようになるのです。

結論としては、生徒さんに対して、「好転反応ですね」というような言い方はしないようにしましょう。

そして、「好転反応ですか?」と質問されても即答はせずに、一緒に今に至るまでの生活習慣の変化を探っていきましょう。

その意味で、先ほどの質問への対処と変わりません。

 

補足として、好転反応の診断を下す治療家の先生もたくさんいらっしゃることも知っています。

なぜかというと、東洋医学においては好転反応というのはとても重要かつ基本の考え方だからです。

しかし、現在の法制度では西洋医学がメインですから、東洋医学における好転反応というのはグレーゾーンに位置しています。

また、物品を販売する際に好転反応を喧伝することは完全に違法になります。

その意味で、グレーゾーンにある好転反応という考え方をみなさんのサービスの中で運用するのはとてもリスキーだと思います。

例えば、頭痛がするという生徒さんに「好転反応だと思うから我慢しましょう」の一言で対処してしまうと、実際には脳梗塞などの疾病が原因だった際に訴訟沙汰になってしまいます。

ただし、好転反応という体のエネルギーのとらえ方、考え方があることは知っておくべきです。

亜流ではなく、本流の自然療法をすると、必ず好転反応が起こることは何千何万人の伝統の上に立った経験知だからです。

そのため、書籍などから除外することはありません。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

お医者様とハーブヨガ指導者の決定的な違いとは?

私達は体質改善を応援する立場です。

しかし、お医者さまの代わりではありません。

少なくとも、現時点におけるお医者様の役割を担っているわけではありません。

それなのに、お医者様になったつもりで何かをアドバイスをしようとすることは、大きな問題を孕んでしまいます。

それが私たちがアドバイスをしない理由です。

団塊の世代が後期高齢者になっていく2025年をめどに日本はこれから間違いなく、医療制度が大きく変わっていきます。

この時に、代替療法 というものの在り方も大きく変わっていくでしょう。

じゃあ、どのように変わっていくべきなのでしょうか?

それは自分自身の健康について他人に依存することがなくなる方向に変わっていくべきだと私たちは考えます。

それは「人生の主人公」として、地球上を生きる全ての人が存在するべきだと考えるからです。

しかし、現在の医療の構造は「人生の主人公」として生きることをスローダウンさせてしまう傾向があるのも事実です。

 

かつての私たちもそうでしたが、今でも沢山の人が自分の体調が崩れた時にすぐに病院に駆け込んで、お医者様になんとか解決してもらおうとしています。

そして、お医者様に病名を与えてもらって、薬を処方されます。

しかも、きちんと飲むように諭されるわけです。

その結果として、自分に与えられた病名をずっと引きずる人が非常に多いのです。

場合によっては、

「お医者さんにこう言われたから、私はこの薬を一生飲み続けます」

「これはもう一生治らない病気だって言われてるんですよ」

ということを、平気でいう人がいるわけです。

これはおそらく、お医者様から言われた言葉ですらなくて、思い込みの領域かもしれません。

人間の脳は不可解なことが大嫌いですから、原因不明な痛みなんかよりも、病名をつけてくれた方が安心するのです。

そのため、病名を称号のように誇示するケースがよくあります。

病名というのは基本的には「今の時点では」というべきものなのに、それを一生ものの烙印にしてしまっては治るものも治らなくなるのではないかと思います。

ネガティブなアファーメーションが起きているわけですね。

 

これは何かというと、結局の所、「私は今の習慣を変えずに、今のままでいていいんだ」という過度な許しを自分に与えているのではないかと勘ぐってしまいます。

そのため、患者さんの多くは投薬の習慣だけ取り入れて、あとは何もせずに自分の体を他者に明け渡してしまうのです。

西洋医学の科学的な知見が問題というよりは、それを受ける側の患者に大きな問題があるとも言えるのです。

「体のことはあなたに任せたよ。もし、失敗したら訴えるからね~」なんていう姿勢の人をモンスター患者と呼ぶそうですが、こんな現場で働くお医者様は本当に大変だと思います。

「これから21世紀は代替医療が発展していくんだ!」と息巻いている療法家の中には、「将来的に代替医療が西洋医学にとって替わるんだ」と思っている人もいらっしゃるかもしれません。

しかし、西洋医学がこれまでやってきたように、自分の体に関心を払わない患者を増やしてしまっては全く意味がないのです。

つまり、診断をして、処方をしてという現状の医療行為の裏にある医師と患者の依存関係が、セラピーをして、それを受けてという療法家とクライアントの依存関係に変わることは何のパラダイムシフトでもないのです。

むしろ、エビデンスがない迷信がはびこる様々な代替医療が乱立する前時代に戻ったようなものだと思います(※)。

事実、多くの患者が代替医療に流れ込んできていると思いますが、それを商機と安直に考えるのは非常に危険なのです。

現状のまま行けば、自分の体に責任を持たないという姿勢がそっくりそのまま代替医療にも持ち込まれかねないと私たちは危惧しています。

「あなたは何もしなくてもいいんだよ~」

「あなたはそのままで幸せだよ~」

といって、クライアントの習慣を変えることを応援しないのは、誰かに依存する人を新しく産んでしまうだけなのです。

 

東洋医学であれ、代替医療であれ、アプローチの仕方が変わっただけで、その根っこの心と体と人間関係のパターン、つまり依存心が変わっていなければ、世界は変わりません。

今までの話をハーブヨガに置き換えてみれば、例えば、これまでは病院に行っていた人が今度はハーブヨガのサロンなどの代替医療のサロンに行って、先生に診断をしてもらい、そして、先生がこれをしたら治りますと答えを与えてしまうという場合に当てはまります。

これではお金を支払って誰かに依存していればいいというクライアントのスタンスは変わらないのです。

或いは、お金を払ってもらうために自分に依存してくれる人を際限なく生み出す、という姿勢を講師はずっと持っていなければいけないのです。

そして、こんな依存した両者の姿は、人生の主人公と呼べるようなものではありません。

私達のミッションは、「全ての人が人生を主人公として生きる」ことを応援するということです。

自分の人生を主人公として生きるというのは、自分自身が自分だけしか生きられない物語の主人公であるという認識の上で成り立っています。

その自分の物語を他人に委ねたり、決定づけさせたりするというのは主人公としてありえない姿なのです。

講師と生徒さんの間に依存を生ませないこと。

これが私たちは生徒さんに対して、アドバイスや解答を即座に与えることはしない理由の一つなのです。

 

※ 西洋医学はエビデンスベース、つまり実証研究を通じて世界中で知恵が共有されるため、汎用性をある程度は確保できます。しかし、代替療法の多くは患者の生き方のビジョンと大きく関係するものであるため、そのメソッドのもたらす知見の共有が非常に難しいという特徴があります。その結果、「あの人には効いたけれど、この人には逆効果」というようにバラツキがあったり、統計に基づいていないためメソッドの淘汰が行われにくく、玉石混交になりやいのです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

第33回 好転反応をするっと経過しよう(好転反応とは何か?後編)

いよいよ、本題!好転反応をするっと出すには!?

好転反応自体はとってもオメデタイことです。

自分の体が生まれ変わろうとしているのですから!是非是非、祝福したいし、してあげてください!

『産みの苦しみ』というものは確かにあります。

でも、なるべくなら、それをするっと出したいと思うのも人情です。

ハーブヨガは苦行じゃないですから、苦しむこと自体を目的にしちゃダメです。

我々だってサディストじゃないので、苦しんでいるのを観てただただ喜んでいる訳じゃありません。

というわけで、『ハーブヨガ秘伝!好転反応するっと経過術』を公開しましょう!

まず最初に、好転反応を経過せずに自分の心身を生まれ変わらせることは難しいんです。でも、できるだけ緩やかに好転反応をだすためのコツというものはあります。

それは、便を1日3回出すこと!

(便と言っても大きい方であることは無論のことでございます。)

簡単に言えば、老廃物を出そうとする過程が好転反応です。それが便として出ていないので、違う部分から排便以外の形で出てくるわけです。

でも、あなたの排便力が増加したら、どうなると思います?

そう、好転反応は排便の形で現れてくれるわけです。

(ちなみに便というのは、食べかすではないんです。あなたの体の老廃物や古くなった腸壁、および腸内細菌の死骸が出てきているんです。だから、断食中などはむしろ排便が頻繁にあります)

中医学ではまず腸をキレイにすることに最大のポイントを置きます。

腸をきれいにするのは、いくら体に良いものを食べても腸に老廃物が滞留していたら吸収率も落ちるからです。

だから、まずは出すこと!

激しい好転反応を防ぐためにも、ここから始めましょう。

で、どうやったら便を1日3回出すのかって?

じゃあ、それについて解説してみましょう!

※玄米粥や豆乳野菜フルーツジュースのレシピは以下を参考のこと:

第19回 GREEN食美法の一日の食事法

レベル1:まずは1日に1回も出ていない人!

この状態のあなたは、ちょっとお腹のあたりが張っているのを感じているかも知れません。

でも、大丈夫。便秘が治らない人はいません。

だって、体は入れるようにもできていますし、出すようにできているからです。

食欲があるのなら、排便もあって当然なのです。

そんなあなたには豆乳野菜フルーツジュースがオススメです。

朝、季節のフルーツと野菜と豆乳(150~200cc)をミキサーでががっと回すだけ。

もし、ミキサーがない場合には、まずは豆乳から始めましょう。

その場合は250cc以上は飲みましょう。

レベル2:次に、1日に1回はあるんだけどなぁ~と言う人!

あなたは今のままだって不調を感じていないはずです。

でも、ハーブヨガ的にはまだまだ人体の奥深さを楽しめるんですよ。

まずは豆乳野菜フルーツジュースに加えて、玄米粥を朝試してみましょう。

これも玄米を冷蔵or冷凍しておいて、お茶碗半杯分をお粥にして食べるだけ、というもの。

味付けは自由ですが、朝食べます。

そして、できるだけ動物性のものを避けて、季節のお野菜なんかを入れましょう。

もしくは海藻なんかもいいですね。

まずは1日に2回、朝夕に2回。

これまで1日1回排便がある人の場合、1~2週間以内に1日2回に変化してくれることが多いです。

(蛇足:これは腸壁全体の新陳代謝が5日間程度で行われることにも関係していると思われます。)

レベル3:1日に2回はあるんだけどなぁ~と言う人!

さぁ、いよいよ、1日3回のレベルです。そして、伝説へ!というわですね。

まずは自分の排便リズムを観察してみましょう。

よくあるパターンは朝食後の玄米粥&豆乳野菜フルーツジュースを飲んだら、催してきて1回。

後は仕事が終わってから自宅で夕食→1回というパターン。

職場でも心理的な抵抗のない人の場合には、昼食後に1回というケースも多いですね。

ということは、3回出すには『ただただ毎食後の1回』があれば良いだけなんです。

人間には本能として、食べたら腸が動き出すという反応がありますから、実を言うと難しくも何ともありません。

と、いうことで、

『ごはんを食べたら出てもいいじゃないか、本能だもの』

と心に深く刻みつけて下さい。

あなたの名前を「本能だもの」の後につなげて言うと、さらに言霊のチカラが働きますよ。

もし、あなたが「さとこ」という名前なら、

『ごはんを食べたら出てもいいじゃないか、本能だもの さとこ』

ということになります。

何だかバカげたことを言ってるように聞こえるかもしれませんが、実を言うと、1日3回出すのに一番の問題は心のどこかで「そんなことはありえない」と封をしていることなんです。

何かを食べたとか、何かを食べないとか、そんなことじゃないんです。

「もう、俺は1日に2回出しているし・・・」
「十分、私はよくやっている・・・」
「まだあとすこし出したいとは思っているけど、何だか面倒くさいんぞなもし・・・」

こんな具合に自分を安住させているんです。

でも、これじゃあ勿体ない。

体は食べたら出したいと思っているわけですから。

体質を変えていきたいなら赤ちゃんに戻ったつもりで、すぐに出したいなら出しましょう。

そういうわけで、あなたにオススメなのがこの習慣。

食べたら出ると思い込んで、とりあえず座って下さい。

ちょっとマナー違反な部分もありますが、気心の知れた相手同士で食事をしているのなら、食事中に席を立ったっていいです。

宗夫妻の場合はそんなの当然です。

誰だって排便をするんですから。

排便は呼吸と同じで避けられないものです。

そして、驚くべきことに平均1日3回ぐらい出るようになると、トイレットペーパーがあまり汚れなくなります。

便がするっと出るわけです。

臭いもかなり少なくなり、踏ん張ったり時間をかけすぎることもなくなります。

おしっこと同じぐらいの時間で排便が済んでしまうこともよくあります。


上図:素晴らしい排泄のためにもトイレの環境はしっかりと整えましょう

 

また、血行も改善していくためか痔や脱肛と言った辛い症状も治まっていきます。

1日3回というレベルは雲の上のレベルに思えるかも知れませんが、多くの方が体感済みなので安心して臨んで下さい。

排泄が1日に3回もあると、体も心も軽くなります。あなたにも是非、その爽快感を感じて欲しいと思うのです。

レベル4:1日に3回のレベルに達してしまった人へ

以上で紹介した取り組みを実践して、ハーブヨガまで実践していると、実を言うと、一日に4回ぐらいまで簡単に出ることになります。

1日4回ですよ。1週間に4回ではなくて。

1日に4回を出したいと思う場合には、各食事の後以外に寝起き後30分~1時間以内に排泄することがよくあります。

この時のポイントとして、水(冷水ではないもの・ゆざましはさらに良し)をコップ1杯(200cc)以上飲むことが挙げられます。

寝起きにぐっと1杯飲んで、それからちびちび200ccを30分程度かけて飲むのもオススメです。

朝という時間帯は夜中に代謝した老廃物が出てくる時間帯です。いわば腸が排便をスタンバイしている状態。

その時にぬるいお水を飲むだけで腸は反応してくれます。

ですので、朝に2回排泄をして、後は昼夜1回ずつというのが適当なのです。

ちなみに何かを表現したいという欲求があるのに、上手くそれを実現できていないとき、便秘になったりもします。その時は身近な関係性の中でも良いので、まずは発揮してみましょう。

最後に

以上、好転反応をするっと経過するために、あなたに実践して欲しい方法を紹介しました。

好転反応を経過したあなたには嬉しいプレゼントが沢山用意されています。

肌はワントーン明るくなり、体の調子も良くて、何かにチャレンジしたくてワクワクする。

これですね。

朝はすっきり目覚め、食べ物本来の味に感動できるようになったり、世界がこんなに美しかったのか!と驚いたりできる。(視力が上がる人もいます)

そして、誰にだって最高の笑顔で挨拶でる。

平たく言えば老廃物がすっきりとれた状態、赤ちゃん化しているわけです。

どんな人が相手でも良い点を発見できて、「あなたは素敵ですね」と遠慮なく褒めることができる。

あなたもそんな素敵な人物になれます。

だから、肩の力を抜いて、ハーブヨガを楽しんでみましょう。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

第32回  ハーブヨガにおける好転反応とは何か?前編

あなたがハーブヨガやハーブボールSPAセラピーを始めて『ちょっと、体調がおかしいなぁ』と感じたら、この章を読み返して下さい。

ハーブヨガを始めて、日々の習慣を変えていくと心と体と人間関係に変化が起きてきます。

すると、人によっては『ゲゲェーッ、余計に悪くなったのでは?』と思えるような症状や現象が起きてくることがあるんです。

この時に知ってほしいのが「好転反応(こうてんはんのう)」というアイデア。

ハーブヨガにおいて、好転反応はあなたの細胞一つ一つが新しく生まれ変わるために、通常とは異なる速度と密度で細胞が激しく震えた結果起きる生理現象と考えます。

中国医学などでは瞑眩とも呼び、東洋医学では全般的にその存在が指摘されています。

好転反応は日常のあらゆる側面に現れる

ハーブヨガでは長年の研究の結果、心・体・人間関係という人間のあらゆる側面に好転反応が出ることを発見しました。

そのため、体だけに来ているわけではないのです。

これはこれら三つの要素が確実に絡み合っているからです。

以下に好転反応の典型的な例を挙げましょう。(あくまで例なのでこれらが確実に出るわけではありません。恐れなくても大丈夫ですよ!)

体への好転反応

  • 風邪に似た症状:熱・悪寒・鼻水・せき・のどの痛み・頭痛・めまい・関節の痛み・めまい・吐き気
  • 皮膚・粘膜に出るもの:吹き出物・じんましん・湿疹・口内炎・口角炎・舌炎・汗をかく・皮がむける・ふけ・かゆみ
  • 消化器官に出るもの:腹痛・便秘・下痢
  • その他:どうき・息切れ・古傷の痛み・喉の渇き・ほてり

心への好転反応

  • 落ちつかない
  • そわそわする
  • いらいらする
  • おこりっぽくなる
  • 細かいところが気にかかる
  • 小さな事で落ち込みやすくなる
  • 人のあら捜しをしたくなる
  • うたぐりぶかくなる

人間関係や行動への好転反応

  • 他人と会いたくなくなる
  • 出不精になる
  • 相手の言っていることが耳に入らない
  • 相手にかける言葉がみつからなくなる

好転反応の期間とは?

好転反応は通常1~2週間もあれば収まるのが通常です。

勿論、その間の生活習慣や、それまでの症状の度合い、薬剤の使用などに応じて異なってきます。

好転反応への対応

ハーブヨガを行っていて、ちょっと調子が悪くなったと感じたら、まずは体に「ありがとう!ちゃんと働いてくれてるんだね。嬉しいよ」と声をかけてあげてください。

愛情をかければかけるほど相手はちゃんと反応してくれます。

好転反応はあなたの体がもっと強く、もっと美しくなるためのプロセスです。

落ち込まずに祝福してあげてください。

それから、一旦、ハーブヨガやSPAセラピーをお休みしましょう。

特に坐法は避けましょう。

これは2日~1週間が基本的な目安ですね。

そして、朝食だけは気をつけて下さい(※朝食の習慣については次のページで紹介します)。

他の食事はそれほど気合いをいれなくても大丈夫です。

むしろ、この期間はあんまり食べないようにしましょう。腹8分目を実践して下さい。

食事に加えて、ポイントはしっかりと寝ること。

この時ばかりは以下の先生を参考に寝太郎になって下さい。(普段から眠りが浅い人は猫や赤ちゃんを観察して睡眠力を鍛えておくこと)

この期間は1日に7時間半以上、可能であれば8時間は確実に寝ることをオススメします。

人間の体は睡眠中に新陳代謝を活発化させるからです。

熱や吐き気が酷い時などは、ハーブボールで肝臓腎臓を手当てしましょう。

国際ハーブヨガ協会の宗一家はこれだけの手当てで1年を乗り切ります。

それでもやっぱり、心配なときは?

それでも、吐き気が酷いとき、高熱が出ているとき、喉が痛いときなど心配なときはありますよね。

そんな時はしっかり医療機関を頼って下さい。

吐き気や熱が酷いときなどはインフルエンザなどのウイルス性の疾患の場合もありますし、急性の症状には西洋医学は本当に効果的です。

ハーブヨガは医療行為の代替ではありません。

我慢することが思わぬ事態を招くことはままあります。

ハーブヨガは何よりあなたの心身との対話を促進し、あなたがあなた自信のチカラで長期的に自然治癒し、もっと自分自身のことが大好きになっていくことを応援するものだからです。

ゆっくり、ゆっくり、あなたのペースで健康になって、美しくなっていけば良いのです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。