体の中の女性性という水を揺らし女性ホルモンを溢れさせる方法

先週、「 子宮力を上げて第一印象がガラリと変わる姿勢美法」講座を開催しました。

今回からのテーマは子宮力ということもあり、女性性に特にフォーカスした内容を指導しています。

特にこの講座だからこそできるのが、一人一人の姿勢のカウンセリングです。

姿勢美法のクラス自体が一種のカウンセリングとして、力みや歪みを発見したらその都度、解消法・対話法をお伝えしています。

私自身も毎回、異なる歪みに出会えるので、それ自体が非常に楽しみになっています。

クラスの終盤では実際に姿勢を撮影してBefore→Afterについて解説していきます。


これは参加者の皆様が一番盛り上がるところでもあります。

今回の講座では

「緊張がとれてやわらかさが出てきました。少し女性らしくなりました。」

という感想を頂きました。

そして、こちらのクラスで特に意識しているのが、体の中の水を揺らすということ。

水とは女性性の象徴でもあります。

そして、実際に東洋では婦人科系の臓器は水の臓器と呼んでいるのです。

この体の中の水を揺らし、水に満ちた状態にするためにマントラを活用しています。

前回はAUMのマントラを行いました。

「マントラ?姿勢の講座でなぜやるの?」

そう思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、マントラはもちろん、心のために効果をもたらすものです。

しかし、それだけではなく、リアルに姿勢に働きかけるのです。

発声に張りを持たせ、深みをもたらすためにも大きく貢献します。

しっかり脱力をできた状態になって、目を閉じて、AUMの響きを体中に届かせていきます。

すると、体の内側に水の波が発声し、波紋を形成して広がっていくのです。

その結果、女性性という内側の水がさらに増幅し、ちょうど丹田の位置から湧き出していくのを感じることができます。

※丹田とはおへその下、指三本分の位置にある部位。東洋医学では体の中心と捉えます。

また、参加者様の中には

「姿勢で自分の潜在意識が現れているという事にとてもびっくりしました。」

という声も上がりました。

不思議なハーブヨガの知恵をふんだんに使った姿勢とあなたの存在感を美しくする講座がこれなんです。

さて、こちらの姿勢美法のクラスですが、今週の金曜日、3月9日にも開催いたします!

メルマガで告知する前に、もうすでにご予約を頂いておりますので、残り3名様のみとなりました。

女性性を上げて、子宮力を高めたい方、ぜひ、チャレンジしてください。

【子宮力を上げて第一印象がガラリと変わる姿勢美法】

日時:3月9日 (金) 9:30AM – 11:30AM

予約の締切り日:3/8(木) 9:30AM まで

参加人数:1/4人

開催場所:JR総武快速線 馬喰町駅 徒歩2分
国際ハーブヨガ協会 東京都中央区日本橋馬喰町1-3-3 ウェブセールビル

受講料:4,900→4,655円(早割残り2席)

講座の詳細やお申し込みはこちらからどうぞ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年3月6日 | カテゴリー : News | タグ : | 投稿者 : 国際ハーブヨガ協会による記事