40代、不妊治療8年目から大逆転したKIKUさんの例

ハーブヨガで大逆転!KIKUさんの場合

こんばんは。
千葉県市原市のKIKUです。

私事で恐縮ですが、おかげさまでこのたび無事に女児を出産することができました!

産声を聴けたときは涙がとまりませんでした。
大切な人々が祝福のエネルギーを下さり、この素晴らしい人生の瞬間に改めてハーブヨガの核心を実感しました。
またひとつ自分に子供というありがたいハーブが増えた喜びを伝えさせてください。

バンコクに行く前の自分は一年後にこんな素晴らしい人生が訪れるとは思いもしませんでした。
先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。

上記のお知らせを宗冨美江の紹介@メルマガ

8月末に、国際ハーブヨガ協会認定ハーブヨガセラピストに認定を受けた平田美穂さん、(活動名はKIKUさん)に元気な赤ちゃんが誕生しました!

美穂さんは、ハーブボールSPAセラピストでもあります。

どんどん笑顔が美しくなっていく姿と、持ち前の明るさで場が和み、笑いがどっと沸き起こりますから毎回、お会いすることがとても楽しみな存在です。

このような、今となっては、暗さとは無縁に見える美穂さんも実は、彼女が私たちの所を訪れた時には、不妊治療の8年目でした。

40代に突入して年齢的にもギリギリで、やりきれないほどの不安と焦りに悩んでいるご様子でした。

一念発起して、2014年の夏にハーブヨガの講座にバンコク留学で参加され、続いてハーブボールSPAセラピストの講座にも東京で参加されました。

そして、今年の初めに、彼女からご懐妊のご報告を受けました!

それは、それは、驚くほど自然な出来事のように私たち夫婦には思えました。

なぜなら、バンコクの講座の中で、、彼女自身の体は、とてもみずみずしさに溢れていると観察していたからです。

あとは、必要な習慣を身につけていくことだけだったように感じたのです。

そして、実際に、指導の通り、姿勢の取り方、食事、ハーブのケア、その他の生活習慣を様々に取り入れていらっしゃいました。

そして、特に印象的だったのは、少女の心で自分自身の過去・現在・未来の悩みに向き合う姿でした。
また、昨年秋にも紹介させていただいた、彼女のTune-inノートには色とりどりの自然の姿が描かれ、感嘆のため息が出ました。

自然の美しさをただただ、観察し、その一部の中に自分がいることを祝福できるようになった姿を見せていただき、魂のオーラが輝き始めているのを直感しました。

そして、一人でも、十分に自分の目の前の世界と自分の人生を受け入れることができるようになった美穂さんに、私は一つアドバイスしたことを覚えています。

「このTune-inノートを、旦那さんにシェアしてください。一緒にやってみてください。」

「やってみます!」

目をキラキラさせてそう答えた時の美穂さんの表情は、本当に輝いていました。

また、自分の体を変えようとするばかりではなくて、ハーブボールSPAセラピーを学んだ美穂さんは、他者へ施術することで内側から愛情が溢れだすという体験をされたように感じました。

むしろ、何かを得るためではなくて、ただただ他者へ与えること、特にパートナーへ愛情をかけるための行動こそが、彼女たち夫婦の愛情を高めたのではないかと感じます。

美穂さんが、旦那さまと益々一緒に目の前の世界を子供のように楽しみ始めたのを本当に嬉しく思いました。

私は、通常の講座の指導以外で、美穂さんにお子さんができるようにとか、このままではできないとか、そのような視点でアドバイスを行なったことは実は一度もありません。

ただただ、「大好きな彼とずーっと、笑いながら、世界の美しさを子供の目で楽しみながら生きて欲しい」と願い、そのためだけのアドバイスをしてきたつもりです。

そして、今回の待望の赤ちゃん誕生には、私たち夫婦の嬉しさもひとしおです。

本当におめでとうございます!

※いただいている体験談は個人的なものとなります。ハーブヨガ及びハーブボールSPAセラピーの効果を保証するものではございません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年2月11日 | カテゴリー : 体験談 | タグ : | 投稿者 : 国際ハーブヨガ協会による記事