ワークショップ運営法マスター講座

ワークショップ運営法マスター講座(通信講座)

講座のビジョン

国際ハーブヨガ協会のでは会員の皆さんがハーブヨガ指導を一気に軌道に乗せるための仕組みをどんどん用意しております。

その中でも、特に注目して欲しいのがワークショップの応援制度です。


これから、いよいよハーブヨガの指導を始める方にも、

すでにある程度の経験を持っている方でも、

ハーブヨガの奥深さを現実の顧客や地域との接点の中でさらにさらにハーブヨガを立体的に体感していくことになります。

つまり、ハーブヨガのクラスをできるようになったというのがハーブヨガの門をくぐったというレベルと捉えるなら、

ワークショップを効果的に開催できるようになることで、ハーブヨガという神殿の階段を一段ずつ上がっていくことになるのです

さらに高い位置に登るから、さらに素晴らしい景観を見渡せるようになるのです。

steps02.jpg

あなたが活動を始めるための一歩として、

定期的な活動の告知手段として、

自分自身の専門性を確立していくためにも不可欠なのが、

ワークショップの開催なのです。


このワークショップという役割について理解していただくと、あなたの活動は何倍も充実します。


ワークショップについてのイロハを以下に示しましょう。

一、まず、指導初心者にとっては、活動のスタートダッシュとして必要不可欠です。

二、単発開催のみでなく、コースであなたのクラスに定期的に通っていただく見込み客を集めるためにも新鮮な切り口で季節や旬に合わせたハーブヨガの告知ができるワークショップは必要不可欠です。

三、そして、なによりも大切で、楽しいのは、すでに熱心なハーブヨガファンである既存の顧客にさらなる視点や面白い切り口を提供できるのもワークショップの役目なのです。そして、だからこそ、既存客がさらにハーブヨガの魅力を知り、習慣にし、効果を上げることができるのです。


た・だ・し・・・!


ただ、ワークショップという名前をつけて開催すれば、効果を発揮するというわけでは残念ながらありません。

効果的な楽しめるワークショップを開催して成功するためには、必要な準備や視点、心構えがあります。


誰しもが効果的なワークショップ開催に至るまでには企画力、運営力、指導力、レジュメ作成能力、カリキュラム作成能力、時間管理能力など必要な能力が問われます。

ひとつのワークショップを企画し、運営を準備し、一定の成功を収めるまでに100時間ほどはかかる(能力がある人であっても)と経験から断言できます。


「はぁ、100時間か、気が遠くなりそう・・・」


そう嘆くあなたのために、私達が用意しました。

その100時間を省略できる方法があるとしたら・・・?


あるんです!

100時間どころか、500時間分以上のショートカットが可能になるツールをあなたに差し上げましょう!


これは、個人的にはヨガオケ以上の発明になるかもしれないと思っているツールです。

それが以下にご案内するワークショップ運営マスターパッケージ講座です。


私達が何度も失敗し、何年もの試行錯誤をかけて成功させてきた成功ワークショップをそのままあなたが開催できるツールです。

こちらは協会代表 宗夫妻が実際に開催し、大盛況を収めた複数のワークショップの運営法をあなたがマスターしてしまうための講座です。

協会会員の皆様はワークショップ支援制度は無償で受けることができますが、さらに質の高いワークショップを運営したいと考える方のためを応援するための講座です。


私達はこれまでに多数のワークショップを開催してきましたが、その中でも厳選した


1.地元野菜でデキル!ハーブヨガワークショップ
2.ゴマで美髪ケアワークショップ
3.ハーブボールの使い方ワークショップ
4.食美法ワークショップ
5.妊娠力育成ワークショップ

の5つのワークショップの運営法を学びます。

特に妊娠力育成ワークショップは数々の伝説を残したワークショップ内容となり、その指導法は本邦初公開となります。


ワークショップに至るまでの壁

ワークショップを開催してみようと思っても、様々な課題にぶち当たります。

どんな準備をしたらよいのか分からない!

もっと、参加者を喜ばせることのできる内容にするには?

一度切りの参加だけなくて、そこから定期的なコースへも関心を持ってもらうために必要なこととは?

もっと、自分の活動を多くの方に知ってもらうためには?

自分の専門性を磨きながら指導を深めていくには?

このようなハーブヨガの指導者たちの声に答えるのがこの講座です。


こちらの講座では、レジュメ・時間配分などが用意されていますので、参加者はそれに則ってワークショップを行うことができるようになります。

こちらは原則として通信講座となります。


こちらの講座には、

・過去に成功したワークショップ企画をそのまま利用できる
・成功ワークショップを運営するための余裕のある準備とタイムスケジュールがわかる
・ハーブヨガの指導力や生活習慣への理解度も向上する
・地域で専門性を確立し、社会に貢献することができる

という大きなメリットが有ります。


通信講座の流れ

通信講座に参加した場合には以下のようにな流れになります。

ws_flow.fw.png

こちらの講座の特筆すべきポイントとしては、過去の成功例からそっくりそのまま模倣できるという点にあります。

どんなものであっても、学習する際には模倣から入るのが一番効率のよい方法です。

ハーブヨガ指導のための基礎力向上がYOGAOKE課題であるならば、ワークショップ指導のための基礎力向上はこのプログラムになります。

こちらの講座は日本全国のハーブヨガセラピストにご参加いただきたいという思いから、通信講座とさせて頂いております。


通信講座の内容

こちらの講座には通信講座として、以下の特典が含まれています。

ws_contents.fw.png

ワークショップレジュメの例 

※こちらのデザインはあくまで例となりますのでご注意ください。

natal_ws.jpg
妊娠力育成講座のレジュメ

shokubi.jpg
食美法ワークショップのレジュメ

click.jpg

参加資格

こちらの講座は

・すでに国際ハーブヨガ協会の養成講座に参加されていること

・国際ハーブヨガ協会の会員として年会費を収めていること

この2つが参加資格の条件となります。

※国際ハーブヨガ協会の年会費は国際ハーブボール協会の年会費と共同です。そのため一方を納めて頂いている場合には発生しません。


受講料

3万2400円(税込み)

キャンセルポリシーにつきまして

こちらの講座は通信講座のためお申込後に資料が配信されます

そのため、一旦、ご入金頂いた場合にはキャンセルを受け付けることができませんのでご注意下さい。

また、特典の公開レクチャーの日程の振替はできません。

→公開レクチャーの日程にご都合が合わない場合でもご返金・振替はできませんことをご了承下さい。