私がヨガサロンを開くきっかけになったある事件について

「ヨガを教えることをライフワークにしたい人」

「癒しの仕事について深く考えたい人」

を私は応援したいからです。

私は、自立した働き方ができる女性を応援しています。

自立とは、自分の責任で悩んだり、問題を見つけたり、解決方法を考えたり、

そのために工夫することができる働き方。

本当に他者と輝く時間をシェアするためには、少なくともそれが必須だと思ってる。

それと対照的なのが過去の私の経験したヨガスタジオでの働き方だったのです

そこで感じたのは、ジムやスタジオ運営者からの

「じゃあ、このコマあいてるからヨガ教えてくれない?」

という期待だけに応えていたのだと理解したのです。

そして、私がヨガの先生たちを育てる側に回ってからは、このような働き方をしている人をあまりにも多く見てきました。

「何時に何分間でヨガを教えていればいい」という発想から大きく飛躍することがなくなってしまいます。

生徒さんがどんな感想を抱いていても、時給は頂けるのだから。

本気で生徒に向き合って教えていたら、毎日が気付きの連発のはずです。

だって、毎日が真剣勝負だもの。

人の美と健康のために、どう考え、どうお伝えすべきかっていうことが現実的な問題になるんです。

 

「どうやったら、体中の痛みが消えていって、顔に輝きが溢れて毎日が充実するのか」ということを伝えたくて仕方なくなってしまう。

生徒さんと触れ合うたびに、問題に気付いて新たなアイデアがどんどん湧いてきてしまう。

そうすると、「ただの箱の中で気持ちよくヨガやってればいいんですよ」っていう運営側のの要求の外にはみ出してしまう。

もし、本気でやっているのなら、はみ出さざるをえないはずだと思う。

本当に人を変えたいと思っていたら、試行錯誤したくなって当然のはずなんだと思うのです。

おせっかいしたくて仕方ない。

 

だから、私は、あるスタジオでヨガを教えている時に提案書を作ったんです。

それを運営者に渡して、スタジオのクラス運営を充実させたいと考えていたから。

私のクラスだけでなくて、他の先生たちもみんなで協力してスタジオ全体の生徒さんたちに喜んでもらえると確信していたからです。

それではその頃の話をしましょう。

私がタイのバンコク郊外に住んでいた時のことです。

「女性とその家族のWellbeing(生き方の質の向上)」

のために特化したというそのコンセプトに共鳴して私はバンコク都内中心部にあるスタジオで働き始めました。

そこは、NYでダンサーとして活躍した経歴を持つ自身もヨガやピラティスの指導者である女性とその夫と二人で経営する高級住宅地にある素敵な一軒家スタジオ。

そこには、かわいらしいキッズルームや赤ちゃんの授乳、オムツ換えルームまで備え付けられた美しい施設。

ヨガスタジオの窓からは蓮の花が浮かぶ池のあるお庭まである充実ぶり。

顧客の大半は世界中の国籍の駐在奥様。
「こんな場所で教えられるなんて、本当にラッキー!
しっかり、喜ばれるクラスをやっていかなきゃ!」

しかし、「ヨガを教えることで人に美と健康と人生の気づきを与えたい!」と意気込む私を、

試練が待ち構えていました。

実際に生徒を教え始めると私の心は満足しなかったのです。

オーナーが設立当初に打ち立てたコンセプトがそのスタジオで生きてはいなかったのです。

講師たちは受付の女性たちと険悪な雰囲気を作り出していた。

オーナーは姉妹店を行ったりきたりで、

今の生徒たちのために何をすべきかにフォーカスしていないように感じた。

予約が入らずにキャンセルになってしまうクラスも続出していた。

バンコク郊外に住む私が、1時間半かけてスタジオに教えにやってきたその時になって、

「ごめんなさい、今日は予約が全員キャンセルになって今日はクラス開催できなくなったの」

受付のお姉さんからこう聞かされることも何回かあった。

「えー、そんなぁ!!」

こんなことが重なると、いてもたってもいられなくなった。

クラスを開催した時には、生徒さんは本当に満足気な顔で帰っていくのを私は知っている。

「それじゃあ、なんで、クラスがキャンセルになってしまうの?

クラスの場で生徒さんが何を感じてくれているの?

ねえ、何をもっと知りたいの?

ねえ、何をもっと求めているの?

他のクラスと私のクラスの違いについて知ってほしい。

私は彼女たち・彼らのためにもっともっと何かしたい!

何をすればいいの?」

グルグルグルグル、私の頭は動き出した。

「ねえ、教えてほしい!

どうすれば教えてもらえるの?

そうだ、生徒さんから教えてもらうためのシートを用意すればいいんじゃないの

私にとっては、街にあふれる数あるヨガ施設の中で、

せっかくここを選んでくれた今の生徒たちがもっと楽しめること、

もっとわくわくしながら継続して、体にも心にも効果を感じてくれることをしたいと思った。

そのためには生徒さんたちから、

「クラスを受けた後の意見を聞くためのシートを用意すること」

「そもそもどんな動機で生徒さんがここを選んでくれたのかをしっかりと一人ひとりから聞くこと」

これを徹底して行い、聴いたことを片っ端から実践するべきだと思った。

そのための書類のサンプルを用意したのだ。

それが、後に私のサロンで「事前カウンセリング」という必須事項になり、「感想シート」というリピート率9割以上を誇る魔法のツールとして君臨することになる。

しかし、この時点の私はまだそのことを知る由もない。

この時の私は「このままではいけない、もっとこうしたらどうだろう」という自分の考える提案をまとめて、

皆にプレゼンしようと、書類をがむしゃらに作ったのだった。

丁度そのとき、講師全員が集められて緊急会議が開催されるとオーナーからメールが来た。

「なんていいタイミング!」

オーナーに話ができるいい機会だと思った。

私は提案書を持って会議に参加することにした。

急いで、全員分の書類をコピーして枚数を確認しバッグに詰めた。

それは、昔の電話帳ほどの厚みになった。

行きのバンと電車を乗り継ぐ間に、私は何度もプレゼンのシュミレーションをした。

「この話を聞いたら、オーナーはどんな反応をするだろう?喜んでくれるかな?それとも・・・」

ドギマギしていた。

関係者全員が集まるとオーナーは深刻そうな顔をしてゆっくりと話し始めた。

「実は、今日皆さんに集まってもらったのは、重要なお知らせがあるからです。
・・・残念なのですが、このスタジオは6月で閉鎖することになったのです。

しかし、その会議で聞かされた内容は私が予想だにしないことだった。

「・・・え!? このスタジオが閉鎖される!?

うそでしょ、ありえない!そんなそんな・・・!」

まだできて数年のスタジオだったが、経営難に陥り急遽閉鎖を余儀なくされたとのことだった。

 

「せっかく、提案書を作ったのに!

 
これまでの私のクラスに定期的に通ってくださる生徒さんも出てき始めたばかりだったのに・・・!」
 
私のクラスに来てくれた生徒さんたちの満足そうな顔が次々に思い浮かび、本当に悲しい気持ちになった。
 
そして、それ以上に残念なことがあった。
 
「せっかく、このスタジオでもっと生徒さんに喜んでいただくためのツールを作ってきたのに・・・。」
 
私は髪をかきむしりたいくらい動揺した。
しかし、この場では、私より、オーナーの方が、大変な状況にあるみたいだと分かった。
だから、とにかくその場は帰ることにした。

せっかく私が用意した提案書をオーナーに話す意味がなくなってしまった。

帰り道、まだ私は茫然としていた。

手元には、今日の会議のために用意した30人分の分厚い書類の束が残った。

「あーあ、この書類の束、どうしよう?」

この書類をもう一度、一枚ずつ手に取って眺めていた。

「・・・だって、だってさ、

クラスで生徒さんが何を感じたのかをしっかり聞いて、

クラスに来たいという生徒さんが何を求めてどんな理由や動機から参加するのかをしっかり聞いて、

生徒さんを本気で応援すれば、生徒さんは喜んで通ってくれるはず。

やりもしないで諦めるなんてもったいないよ。

だって、そう、私は確信してるんだもの。

 

私の目の前には、たくさんのまだ見ぬ生徒さんたちの笑顔が浮かんできた。

毎日、情熱と笑顔で溢れたサロンで生徒さんたちが切磋琢磨する様子が。

そうか、この提案書どおりに私がコンセプトを本当に生かしたサロンを実現させてみよう。

私がチャレンジするんだ!

いや、私だからチャレンジできるんだ!」

私が決意した瞬間だった。


今思い出すと、私はこの時、これらの紙切れを眺めながら、手の平には熱を感じていた。

私のサロンで将来、「事前カウンセリングシート」と「感想シート」として大活躍するようになるこの紙切れ達には

この時点から既に魂が吹き込まれてしまったとしかいいようがない。

茫然とした私のことをこの紙切れたちこそが、引っ張ってくれたのだ。

今の私はそう感じてならない。

それから、本当に私はやってのけてしまった。

世界で二つとない夢のサロンを実現してしまった。

海外からも取材にくる、大評判のサロンを作り、

人に癒しと気づきを与えて、人生が変わったと感謝されるサロンを

ほんの数年前まで、子供と一緒に昼寝するのが一日の最大の仕事であり、

やる気もなく殆ど社会経験もなく、病気がちな主婦だった私がだ!

そして、これはあなたの未来の姿でもある。

私の運営する養成講座は、あなたのワクワクする夢を叶えるためにあります。

あなたが今、会社員であっても、その夢を諦める理由にはなりません。

週末や開いている時間に少しずつ夢に取り組むことが可能です。

その方法を私たちは教えています。

だって、一人で幸せになってもつまらないからです。

多くの人と一緒に夢を分かち合いたいし、

人が集まればもっともっと大きなことが実現できると信じているからです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で