ハーブヨガワークアウト指導者養成講座

ハーブヨガワークアウトのコンセプトについては以下のページをご参照ください。
https://herbyoga.jp/news20180316/
https://herbyoga.jp/20180322news/


ハーブヨガワークアウトは体を劇的に変えることを目的に構成されているハーブヨガです。

これまで、私たちは癒しを目的にしたハーブヨガセラピーの指導法を伝えてきました。

2018年後期課程からは、この癒やしのヨガに加えて、美しさと強さを目的としたハーブヨガワークアウトの指導がスタートします。

ハーブヨガセラピーとハーブヨガワークアウトの違いは以下のようになります。

  • 癒しを目的としたハーブヨガ。ゆっくりとした落ち着きのある動き。
  • 心と身体と関係性の感覚を取り戻し、子供の状態を作り出すことで、自然治癒力を向上させる。
  • 婦人科系の疾患、内臓疾患、精神的・神経的な症状にアプローチする。妊娠力の向上も目的としている。
  • 食事法:疾患や症状を癒やすための癒やしの食事法。野菜が中心。

  • 美と健康の獲得を目的にしたハーブヨガ。運動の側面を強化し、最短距離で理想の体になることを目指す。
  • 無酸素運動・有酸素運動・ヨガの三種類を組み合わせるため、より躍動的なトレーニング。
  • ダイエット・美肌・美髪・強くしなやかな体の獲得を目的にしている。
  • 食事法:タンパク質・脂質・糖質の3大栄養素のコントロールに基づく食事法。

補足:セラピーを学ぶからこそ、トレーニングに意味が出る!

注意点としては、ハーブヨガワークアウトはあくまでハーブヨガセラピーを補完し、発展させるものだと言うことです。

その理由は、まずは自分の体に痛みや不快感がない状態に戻すことが体作りの第一歩だからです。
痛みがある状態でいくら運動をしても習慣として長続きしませんし、効果を出すことはできません。
そして、自分の心と体と対話し、愛する習慣はハーブヨガセラピーでなければ育てることはできませんので、基礎力としてハーブヨガセラピーの習得は不可欠なものになるのです。

そして、セラピーの能力を身につけるからこそ、応用編としてのトレーニングに大きな差異が生まれるのです。


では、なぜ、あなたが45日で変れるのか?理想の体型を実感できるのか?というと、一つは運動へのアプローチが他のヨガとは全く異なるからです。

その方法について解説します。

まず、理想の体になるためにはどんな方法があるでしょうか?
特に運動という側面で考えてみましょう。

「ジョギングなどの有酸素運動をすれば体は変わるんじゃないの?」
「筋トレとかの無酸素運動をすれば変わるんじゃないの?」
「ヨガを通じて体を柔らかくすればいいんじゃないの?」

と、あなたは思うかもしれませんね。

しかし、これらの運動を一つだけ行っていても、あるいは二つを行ってさえいても、効果は限定的になってしまうのです。

なぜ有酸素運動だけで足りないの?


有酸素運動は脂肪を燃やし、インナーマッスルを鍛え、減量をするためにも効果的です。
しかし、有酸素運動だけではどうしても女性らしい豊かな体には近づかないのです。
それはどうしてかというと、人間は必ず負荷に適応する動物だからです。

簡単に言えば、有酸素運動をすればするほど有酸素運動に適した体、極論すればマラソンランナーのような長距離走に特化した体型に変化していくからです。

確かにマラソンランナーはものすごい力を持っています。
しかし、自分がその体型を目指しているのかについては、注意深く選ぶ必要があるのです。

なぜ無酸素運動だけで足りないの?


無酸素運動とは筋力トレーニングのことです。

筋力トレーニングは筋肉量を増やし、基礎代謝を増加させるので減量にも大きな効果があります。
筋肉を大きくすることでその周囲の脂肪が燃えるという科学的な説もあります。
しかし、女性の場合には筋力を上げるだけでは、美しくはなれないのではないかと感じています。

その理由は筋力を鍛えれば鍛えるほど、男性ホルモンが分泌されるからです。
男性ホルモンによって、確かに強そうな体型にはなりますが、女性として魅力的かどうかは別問題なのです。

なぜ柔軟運動だけで足りないの?

ヨガを始めとする柔軟性を高める運動は体のデトックスを促すために大きな効果があります。
呼吸法やマントラを通じて精神を集中することにも大きく貢献します。
精神を安定させることはホルモンバランスの安定にも貢献します。

しかし、柔軟性をあげるだけでは、もともと溜まっていた老廃物の動きをスムーズにするだけで、そこにプラスアルファはできないのです。

人間は加齢によって必ず、筋力は衰えていきますし、骨も細くなります。
そのため、ヨガを行っているだけでは現状維持がメインになってしまうことが多いのです。

じゃあ、どうすればいいの?ハーブヨガからの答えとは

そこで、私たちは有酸素運動・無酸素運動・ハーブヨガの3つを組み合わせることで、全く新しい体へのアプローチを行うことにしたのです。

3つを組み合わせることで、それぞれの弱点を補完し、長所を伸ばすことができるのです。
女性ホルモンのバランスを整え、力強い軸を形成し、脂肪をガンガン燃やす体だ作りができるようになります。

なぜ一般的なヨガじゃなくて、ハーブヨガなの?

私たちは生徒さんに最上の結果を出してほしいと常に考えています。

そのため、これまで国内外の様々な養成講座をリサーチしてきました。

例えば、インドのヨガの聖地、リシケシに赴いて、どんなヨガが行われているかを考察してきました。

しかし、結果としてわかったことは、一般的なヨガの養成講座はヨガのことだけしか学べないということです。
これは当たり前に聞こえますが、ヨガの学びというのは悟りに至るための方法です。
これでは現代人の人生の目的に完全に対応しているとは言い難いと感じています。

運動の側面で見るだけでも、有酸素運動・無酸素運動・ヨガを一つのカリキュラムの中で学べる養成講座はありません。

ですので、それだけでもこのハーブヨガワークアウトのカリキュラムがどれだけ挑戦的な内容であるかお分かりになると思います。

それでもなお、あなたはこんなふうに思うかもしれません。
「ハーブヨガを学ぶ必然性って何だろう?」
しかし、ここには圧倒的な理由があるのです。

ハーブヨガを学ぶ圧倒的な理由その1:体作りのための食事を徹底的に学ぶ

ボディメイクという視点を考えたときに一番最初に議論になるのは、
「どんな運動をすればいいの?」という視点と、
「どんなものを食べればいいの?」という視点です。

私たちは自分が食べたものでできています。
そのため、食事は運動と同じかそれ以上にボディメイクに影響を与えるのです。

これらはどちらを取るのかという、二者択一で考えるようなものではありません。
むしろ、どんな運動とどんな食事を組み合わせればいいのか?という掛け算の発想で考えるべきポイントです。

ハーブヨガワークアウトでは、上記の運動について最高のパフォーマンスが出せるように計算された食事法を実践することができます。

運動と食事がしっかりとかみ合うからこそ、自分自身の変化を実感できるようになるのです。

ハーブヨガワークアウトの食事法とは?

補足として、ハーブヨガワークアウトの食事法について解説しておきましょう。

まず古代から続くヨガの食事法は基本的にはインドに住んでいる方向けの食事法です。
少なくとも牛乳やギー(バター)を始めとする乳製品やスパイスを子供の頃から大量に摂取している地域で有効な食事法となります。

そのため、ヨガの食事法はインド以外の地域に住んでいる人々に合わない場合もあるのです。

例えば、私の場合にはインド料理を食べると、たとえそれがベジタリアンであってもすぐに脂肪がついて、体が重だるい感覚になってしまいます。

一方で、ハーブヨガにおいて大事なことは自分の人生に恋をすること、つまり、自分自身の可能性を広げることに貪欲であることです。

そのため、この食事法は一般的なヨガのベジタリアン食とは大きく異なっています。
また、マクロビオティックなどの食事法とも異なります。
これらの食事法は病を癒すための食事法であって、美しさと強さのための食事法ではないからです。

私たちは 目標に応じて動物性食品も摂取します。
日常を彩るために、砂糖やカフェインを取ることもOKとしています。

また、極端な糖質制限やサプリメントの摂取も推奨していません。
基本的には食事でのみ栄養素を補っていきます。
日常の中で習慣にできるからこそ、継続的に美と健康を育てていくことができるのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その2:睡眠(休息)と排泄を学ぶ

あなたにハーブヨガをおすすめする理由、それは生活習慣の波を整える方法を学べることです。
具体的に言えば、睡眠と排泄という食事と同じぐらい大事な三大欲求の波を整える方法について学びます。

体は起きているときよりも眠っているときのほうが大きく変化しています。
ですので、いくらヨガのアーサナを行おうと、いくら有酸素運動を行おうと、睡眠時間が短ければ効果はほとんどありません。

そのため、正しい睡眠、休息の方法について学ぶことがとても大事なのです。

また、もし日常的に排泄ができる習慣を身につけていなければ、どんなに体に良いことをやっていても効果はありません。

体にいくらいいものを食べても、自分の力で適切に排泄できなければ体内に蓄積され、いつか毒素になってしまいます。

よって、美と強さを獲得したいと願う人は、必ず睡眠と排泄について学ぶ必要があるのです。
多くの講座では何を食べるか、どんな運動をするかというインプットだけに注目していますが、実際にはどのように排泄するか、どのように休息するかという側面も同じぐらいに大事なのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その3:女性ホルモンを調整させるメソッド

女性ホルモンは肌や髪を美しく保ち、女性らしい柔らかな体を作るのに貢献します。
その意味で、女性にとって、女性ホルモンほどその美しさに影響を与えるものはないとすら言えるのです。
しかし、不規則な生活やストレスによって、女性ホルモンのバランスは崩れてしまい、美しさを大きく損なうことがあります。

まず、ハーブヨガワークアウトは生理周期に対応しています。

一般的なメソッドは著者が男性であることも手伝って、生理周期についての解説はありません。
男性は基本的にそれほど大きなホルモンバランスの波はありませんので、一ヶ月間、ずっと同じようにトレーニングを続けていけます。

しかし、女性には生理周期があるため、約1ヶ月でホルモンバランスが大きく変動します。
月経は「小さな出産」とも言われるほど、心と体に大きな影響を与えるものです。
そのため、このホルモンバランスの波に合わせてエクササイズや食事を管理することが大事なのです。

次に、ハーブヨガワークアウトは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスに最大の配慮を行います。

特に過度な男性ホルモンの分泌を良しとしません。
ウエイトトレーニングであれ、有酸素運動であれ、ヨガであれ、過度に行いすぎると筋肉が発達し、男性ホルモンが大量に分泌されます。

その結果、どうしても筋っぽい男性のような体つきになっていき、女性の美の特質である柔らかさは失われていくのです。

私の場合には胸のボリュームが失われて、とても貧相になってしまったことを覚えています。

確かに20代の若い内はそれでも生命力が大きいため輝いて見えますが、年を経るに連れて、まるで枯れたようになってしまうのです。

私はこれまでに沢山のヨガ指導者に接してきましたが、多くの場合、痩せ過ぎていて、むしろ実年齢より老けて見えることを実感しています。

ここに「トレーニングをただ実践すればいい」というメソッドの大きな罠があります。

以上の反省から、ハーブヨガワークアウトは女性ホルモンバランスに最大の配慮をして構築されているのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その4:自分自身を発見するためのメソッドである

ハーブヨガを通じて、自分を発見し、夢に近づくことができることもハーブヨガを学ぶ大きなメリットになるでしょう。

ハーブヨガほど自分自身と対話することを楽しく推し進めるメソッドを私は知りません。

例えば、Tune-inというメソッドではみずみずしい子供の感覚を取り戻していくことを瞑想的な実践とともに行っていきます。
その結果、まっさらな気持ちで世界と向き合えるようになるのです。

そして、ハーブヨガはハーブという自然とのつながりの中で、あるがままの子供に戻っていくプロセスだと言えるからです。

Tune-inではハーブの絵を描いたりなど、様々な方法を通じてハーブへの洞察を深めていきますが、これも自分自身を発見するための方法なのです。

そして、この講座ではハーブヨガワークアウトの方法を体験するだけに留まりません。

実際に、あなた自身が理想に近づきます。
具体的に言えば、美しくなります。
それは保証してもいいでしょう。

しかし、それだけで終わりではないのです。

あなたがその指導法をマスターすることで、自分の体型を楽しく変えていけることを知れば、あなたのパートナーやお子さんなどあなたの周りの人々も美と健康を獲得する一歩を歩みだすのです。

その後は、あなたのサロンは地域のコミュニティとして、人々が集い、交流し、変化を実感敷く場所に変化します。

「あなたがいたから、美と健康を手に入れることができることができた」と喜びと感謝で満たされるでしょう。

私たちは各地域の医療機関や助産院との提携を進めています。

地域での活動をスタートさせたあなたは、講師として講習会を開催するエキスパートとして迎えられるチャンスもあるのです。

こちらの講座は筋トレ、有酸素、柔軟性を上げるヨガ、というメソッドを女性の美しさと強さを兼ね備えた体という点で、バランスを取ってアプローチするメソッドの指導者養成講座です。

食事や生活習慣、セラピーで神経系・内臓系まで調和させながらボディメイクするというメソッドです。

こちらの資格で学ぶことで、あなたはより理想に近づいた快活な自分の体だけでなく他に3つの力を手に入れます。

1つ目に35歳を過ぎた女性が45日という期間でボディメイクするために 最適な目標設定を生徒さんと一緒に行うことができる能力。

2つ目に35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適なハーブヨガワークアウトクラスという有酸素・無酸素・柔軟性を強化するためのクラス指導ができるよ能力。

3つ目に35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適な食事バランス・運動・生理周期に合わせた生活習慣全般に関する講習会を行う能力。

※もちろんこちらの内容は、35歳以前の成人女性及び年齢を問わず成人男性にも効果的です。

Q1 まだハーブヨガをマスターし切れていないと実感している私ですが、それでも学ぶ意義はありますか?

もちろんです。

今回のハーブヨガワークアウト45日ティーチャー養成講座ですが、初回限定割引で98000円+税が3万円+税という、特別な受講料枠を設けているのは、

まずは自分が「ハーブヨガを通じて体を変えたい!」

という意気込みがある方に優先的に学んで頂きたいからです。

体が変わる体験を通じてハーブヨガを伝える力も身につくと確信しているからです。

Q2 体も固く、運動経験もほぼない私ですが、走ったり、筋トレしたりするというハーブヨガワークアウトの内容についていけるでしょうか?

もちろんです。

運動が苦手な方だからこそ、ハーブヨガワークアウトで体が変わることの喜びに目覚めることができると考えています。

体を生まれ変わらせるということは、人と競うことではありません。
より速く、よりキツければ代謝がアップするわけではないのです。
ニコニコペースといって、笑顔を保てるペースが一番体にもよいとされているとスロージョギング考案者の田中宏暁福岡大学教授は伝えています。

走ると言っても歩いている人に抜かされるペースから始める事ができます。

また筋トレは、自分の筋肉の量に合った重さから始めます。
一番軽いものだと、500ミリリットルのペットボトルから始められます。
競技として競い合うものではありませんので顔をしかめながらやるようなエクササイズは一つもありません。

気合は入れますが、顔をしかめることはありません。

体を動かし汗をかくことで肉体が生まれ変わります。
慣れてくれば体を動かすことが快感になるでしょう。
何より、理想の体型に近づいていく喜びこそが人生に大きな幸福感を与えてくれるでしょう。

Q3 この資格でどういう事ができるようになりますか?

こちらの資格で学ぶことで、あなたはより理想に近づいた快活な自分の体だけでなく他に3つの力を手に入れます。

1つ目に35歳を過ぎた女性が45日という期間でボディメイクするために 最適な目標設定を生徒さんと一緒に行うことができる能力。

2つ目に 35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適なハーブヨガワークアウトクラスという有酸素・無酸素・柔軟性を強化するためのクラス指導ができるよ能力。

3つ目に35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適な食事バランス・運動・生理周期に合わせた生活習慣全般に関する講習会を行う能力。

※もちろんこちらの内容は、35歳以前の成人女性及び年齢を問わず成人男性にも効果的です。

Q4 ハーブボールSPAセラピーは学んでいますが、ハーブヨガセラピスト養成講座はまだ受講していません。こちらに申し込めますか?

協会会員の方であれば、どなたでも学ぶ権利があります。
ただし、その場合、ハーブヨガワークアウト45日ティーチャーの資格認定はハーブヨガセラピスト養成講座を受講し、ハーブヨガセラピスト資格認定を受けた後に行う形になります。

Q5 これから妊娠を希望していますが妊娠力を高めるためには貢献しますか?

はい、もちろん貢献します。
産後ママのボディメイクとは、エロスを高めることそのものです。
産後疲弊した女性の骨盤の位置の歪みを正し、骨盤底筋を鍛えるという作業を、むしろ妊娠前から始めることができる方はとてもラッキーです!
ハーブヨガワークアウト45日ティーチャー養成講座の内容は、実は、むしろ妊娠前から行うことが最も効果的とも言いかえられます。
特に妊娠力を高めたいという場合には、ご自身の女性ホルモンのバランスだけでなく、性的な魅力も底上げします。そして、パートナーとも一緒に取り組むこともできれば、パートナーの男性ホルモンのバランスこそ底上げできます。

なぜなら、このハーブヨガワークアウトというものは、陽性=活性のハーブヨガです。
陰が女性にあたり、陽は男性にあたります。つまり、そもそも陽性である男性には、陽の側面を強化するこのハーブヨガワークアウトは大きく貢献できます。

実は、こちらの内容を男性が行った場合には、男性的魅力を上げるだけでなく、男性機能の向上に大きく貢献できます。ワークアウト・ハーブボール・活性のための食事・睡眠週間などなど様々な方向からのアプローチがあるからです。

もちろん、全部やるべきですが、実はどれか一つでも生活に取り入れるだけでも体は変わり始めるでしょう。

妊娠を考えているあなたがこちらの内容を学ぶことで、パートナーと二人で一緒に生活習慣を変化させ、妊娠力を向上させるのに大きなプラスをもたらすでしょう。

あるいは、これから妊娠を予定していない方であっても、パートナーと一緒に夫婦で若返っていくことは絆を深め人生をより深く味わうのに必ず貢献するでしょう。

Q6 現在妊娠しています。あるいは、近々、妊娠の可能性があります。それでも受講できますか?

今回初代メンバーにお申し込み頂ける場合には、ダブル受講特典がついております。
すると、来年開催される講座にもご参加になれます。
今現在は、講座自体にいらして頂き、座学として学んでいただくことは可能です。
食事や生活習慣について学んで置くことは大きなメリットがあると思います。

ただし、事実上、妊娠中にダンベルを持ち上げたり正しいフォームを身に着けたりすることは体質なども変わっている以上、難しいと考えております。そのため、来年開催の講座で産後ママとして体型戻しにリアルタイムでご参加いただくことが可能です。

ちなみに、妊娠の可能性があっても、妊娠が判明する直前までは、どんな運動をしていても体に影響はありません。

Q7 通信講座でも学べますか?

はい、学べます。
こちらの講座は通信講座のみでも資格取得することができるようにいたしました。
ワークアウトの内容や課題を映像にて配信いたしますので、まずはご自身で取り組んでいただくことができます。

※ただし、通信講座の場合、1日目のプログラムの目標設定を体をみて行うことはできませんので、体組成の数値を元に目標設定いたします。
※SNSにてコーチングを致しますので写真や動画を活用してご自身の取り組み具合をアップできる方は通信でもかなりの結果を出せると考えております。


ハーブヨガワークアウト指導者養成講座は2日に渡って開催されます。

1日目:4月17日(火曜日):ハーブヨガワークアウト実践講座

・初回の計測(体脂肪率・筋肉量・骨量)
・目標設定
・ハーブヨガワークアウトの3つの運動理論
・スロージョギング
・柔軟性を一気に上げるには?
・無酸素運動の実践法
・ハーブヨガワークアウトの食事法(糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素)
・排泄と睡眠
・生理周期とワークアウトのバランス
・レベルアップの目安
・エクササイズ&ハーブヨガプランの処方
・レポート課題:SNSコーチングの受け方(ツイッター又はインスタグラムを活用します)

2日目:9月12日(水曜日):ハーブヨガワークアウト指導者養成講座

・第二回目の計測(目標の達成度合いのチェック)
・運動の指導法
・食事法の指導法
・実技試験
・筆記試験
・レポート課題について


ハーブヨガワークアウトには以下のレベルがあります。
こちらは日数分を実践したことによって資格認定されるものではなく、それぞれ別の養成講座のカリキュラムが用意されています。

ハーブヨガワークアウト45daysティーチャー

45日以上の実践と講座時に決定した自分自身の目標の達成。
ハーブヨガワークアウトの45日プログラムを5人を対象に行うことができる。

ハーブヨガワークアウト90daysティーチャー

90日以上の実践と目標の達成。ハーブヨガワークアウトの45日プログラムを10人を対象に行うことができる。
45日のプログラムを2クール行い、生徒さんの習慣をより長いスパンで応援できる。

ハーブヨガワークアウトコーチ

180日以上の実践と目標の達成。一人一人に最適なアドバイスできるコーチ資格。ハーブヨガワークアウトとハーブヨガセラピーの2つの能力を使い分けることができる。特に痛みのある生徒さんにも中長期的に体質改善を応援し、さらに美と強さを獲得するメソッドを指導できる。

ハーブヨガワークアウトシニアコーチ

講座時に決定した自分自身の目標の達成。アスリートに対して、ハーブヨガの知見を通じて応援できる

ハーブヨガワークアウト45days指導者養成講座の受講料

98000円+税

※こちらの講座はハーブヨガセラピスト養成講座にお申込み済みの方、あるいは同時にお申し込みをされる方のみが受講資格があります。

ハーブヨガワークアウト45daysティーチャーの認定課題について

・実技試験
・筆記試験
・レポート課題(ツイッターやinstagramなどのSNSを用いたものもあります)

ハーブヨガワークアウト45daysティーチャーの認定料

認定料:5000円+税

※顔写真付きの資格証を発行します。

養成講座のキャンセルポリシーにつきまして

こちらの講座は通信形式でも学んでいただき、能力やノウハウを身につけることが可能な枠組みになっております。
そのため、一度、お手続き頂きました受講料へのご返金につきましては、一切承ることができませんのでご注意ください。
事故や天変地異、急な疾病などが理由で、通学講座を受講できなかった場合であっても、同様の処置となります。

※もし、通学講座に参加できなかった場合には、次回以降に開催される養成講座に1日辺り1万円の再受講料にてご参加になれます。

お問い合せについて

お申し込みやお問い合わせは以下のメールフォームよりお願いいたします。
正常に入力できた場合、自動返信メールがご入力頂いたメールアドレスに届きます。

届かない場合にはメールアドレスが間違っている場合がございますので、再度、ご入力いただければ幸いです。

またはこちらからお送り差し上げている自動返信メールが「迷惑メール」として処分されている場合もございますので【迷惑メールフォルダ】をご確認下さい。

※携帯電話のキャリアメール(@docomo.ne.jpやezweb.ne.jpや@softbank.jp)やipad・iphone等のメールアドレスの場合、確認メールが届かない状況が報告されております。
※特にAUとDOCOMOの携帯電話の場合にエラーが多数報告されております。その場合、携帯電話によってこちらのメールが弾かれてしまい、こちらから連絡することができませんのでGmailなどからお問い合わせください。
※お問い合わせ後、数分以内に連絡が来ない場合、誠にお手数ではございますが、infoアットマークherbyoga.jpまで必要事項を明記の上でご連絡下さい。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

メッセージ本文