ハーブヨガアカデミー タイ・バンコク ハーブヨガ留学講座

結論から先にいいます。

ハーブヨガアカデミーで学んだあなたは、

受講後90日以内に、女性として自信を持てる理想の体型を手に入れ、

半年以内に、家族の健康管理のエキスパートになり、

1年以内に産後ママたちを応援できるエキスパートになる資格を手に入れます。

さらにバンコク留学講座は

何歳になっても自分の体と人生の可能性に挑戦する生き方をしたい!

ハーブヨガという東洋の叡智を世界の人に伝えて一緒に楽しむ痛快な生き方をしたい!

と心から願う方に最適の内容になっています。
これまでの合宿の制度を大幅に見直し、特別な学びの枠組みを用意させていただきました。

それが「世界をおもてなしするサロンワーク研修制度」です。

これは通常では、1週間の留学期間を最大28日まで延長して実践研修しながら、留学講座の会場に滞在し、実際の世界のお客様とのやり取りの中で自分自身を磨いていくことができる制度です。

養成講座の開催されるバンコク会場では沢山のお客様を海外からお迎えしています。
例えば下の写真のハイジさんはアメリカからお越しくださいました。

約1ヶ月間という長期間にわたって研修を受けることによって、あなたの心と体は大きく変わりだけでなく、国際的なヨガ指導者として大きな自信を得ることができるようになるでしょう。

しかも、期間の割に非常にリーズナブルな受講料になっており、なんと30万円の奨学金を出しています。

こちらはとても特別な枠組みですので、応募者が殺到する可能性もあります。

あなたの人生を一変させる養成講座になるでしょう。


バンコクは東南アジア第一の大都市であり、世界で最も旅人が訪れる観光都市です。


同時にバンコクはアジア随一のスピリチュアルな都市で、市内には寺院が点在しています。

ここで、あなたに質問があります 。

1. あなたはスピリチュアルな環境の中で癒やされながら、ヨガの指導法を身に着けたいですか?
2. タイの生ハーブの秘密に触れながら、セラピーの真髄を学びたいですか?
3. 短期間で一気に心と体が変わる体験をしたいですか?

もし、YESなら半年後には理想の体とハーブヨガ資格を手に入れる、ハーブヨガ体革命バンコク留学がオススメです。

講座の目的

本講座には以下の目的があります。

・合宿講座を通じて体を一気に変えること
・バンコクという非日常的な空間の中で新しい自分自身を発見すること
・タイの生ハーブを使ってハーブヨガを練習すること
・グループ研修を通じて、ハーブヨガ指導について深く学ぶこと

>>東京で開催される講座はこちらのページをご覧ください。

【宗先生に突撃インタビュー】

私:ズバリ、2018年ハーブヨガバンコク留学のテーマは何ですか?

宗先生:千葉県流山市のおおたかの森助産院にて産後ママケアの国際ハーブボール協会の監修プログラムが決定したことを記念して、産後ママのホリスティックボデイメイクに焦点を当てていきます!

食事だけでも、運動だけでも、セラピーだけでもない、全部をバランスよく組み合わせて
産前より美しくエネルギッシュに変化することを応援できるエキスパートを育てていきます!

私:なるほど!バンコク合宿では、バンコクならではの目玉は何ですか?

宗先生:バンコク合宿では、デトックス型の食事・睡眠・瞑想・現地のハーブを使ったハーブボールのセラピー体験まで盛りだくさんに一気に体験していきます。

だから1週間の滞在だけでも、確実に体が変わる内容になっています。

もちろん、合宿前のプレ講座に取り組み始めて合宿にお越しになるまでに大きな変化を体験する方もこれまで続出しています。

例えば、「手の皮がベロンと全部剥がれて、爪も皮膚も新たにツヤツヤになってしまった!」
なんて方も。

私:すごいですね~。今現在、バンコクのサロンでは、世界からのお客様をハーブヨガでおもてなししているそうですね。

宗先生:はい、年始から開始したハーブヨガのリトリートプログラムには、世界中のたくさんの方に楽しんでいただいています。

サロンは、私達のハーブヨガマット制作のアトリエ・ギャラリーにもなっていてその中で行うヨガは格別と喜んでいただいています。

私:サロンの周りの環境も素敵だと伺っておりますがどのような点が喜ばれているのですか?

宗先生:サロンの裏手には寺院があるんです。地域の人に大切にされているスピリチュアルなコミュニティなんですね。バンコクという都会の中にしては、まだたくさんの木々などの自然が残されているんです。
それらの木々に集う鳥の歌声がうっとりするほど美しくサロンに毎日響き渡るんです。
それだけでも、脳を始めとする体の細胞が一つ一つとろけるようにデトックスしていくのを感じられるんです。

また、サロン周辺の地元の人しか知らないルートをジョギングします。

名もないローカルのマーケットや南国の木のトンネル、野生化した花など生命力に溢れた自然との触れ合いながら汗を流します。

観光ガイドブックには乗っていないバンコクを暮らすように体験して、心・体が芯から癒されながら変わることができるでしょう。

「うわー。参加できる方が羨ましいですね。」
以上が国際ハーブヨガ協会代表の宗冨美江のインタビューです。


ハーブヨガセラピスト養成講座

ハーブヨガを通じて、しっかりと癒やしを提供できる存在、それがハーブヨガセラピストです。

ハーブヨガは何千人ものクライアントとの折衝や、長い時間をかけて熟成され、体のみならず、心、人間関係、姿勢や生活習慣カウンセリングなどの分野にわたり、深く、広大な知識体系にまで発展してきました。

しかも、時代の流れにマッチするように現在進行で常に進化し続けています。

ハーブヨガでは単なるアーサナ(ヨガの動き)だけではなく、自然を観察するワーク、言葉を磨くワーク、感情や感性の老化を防ぐワーク、精神性を磨くワーク、また習慣にするための体質改善指導などがあることも大きな特徴です。

ハーブヨガセラピストはハーブヨガの知見を使って、魂(心・体・関係性)のお悩みを癒やす応援をするエキスパートとしての活躍が期待されているのです。

ハーブヨガでは単なるアーサナ(ヨガの動き)だけではなく、自然を観察するワーク、言葉を磨くワーク、感情や感性の老化を防ぐワーク、精神性を磨くワーク、また習慣にするための体質改善指導などがあることも大きな特徴です。



そこで、通信講座と通学講座を組み合わせた二人三脚の枠組みで、ハーブヨガセラピストを育成しております。



世界を癒やすセラピストになろう!

誰かに癒やされるのを待っているのではなく、まずは自分自身が他者を癒やすこと、これが幸福の秘訣です。



であるからこそ、今回の資格区分はあくまでもセラピストなのです。



なぜ、この呼称にこだわるのかというと、一人一人の体の状態をしっかり見ながら応援していくというハーブヨガの指導法の基本を着実に担える人を育てたいからです。



そのことをクライアントたちに示せる呼称がハーブヨガセラピストなのです。



敢えて言えば、従来の一般の人がヨガに持つイメージでは、これからの時代には対応していけません。



また、そもそも伝統的なヨガは男性が悟りを開くために行うためのものでした(下図)。

yogi.fw.png

伝統的なヨガの文脈において、女性はヨガの対象者ではないのです。



現在までに伝わっているアーサナ(座法:ヨガのポーズ)のほとんどは、男性の男性的な欲望や衝動を抑えるために成立しています。



つまり、実際には婦人科系に対応することすらないのが実情なのです。



むしろ、男性ホルモンを刺激する激しい筋肉運動や呼吸法で女性性は下がる一方になることが多いのです。 



だからこそ、ハーブヨガセラピストはハーブヨガの知見を使って、魂(心・体・関係性)のお悩みを癒やす応援をするエキスパートとしての活躍が期待されているのです。

どうして、ハーブヨガ『セラピー』なの?

ハーブヨガとはハーブという命の源である自然の力と、ヨガという数千年の英知を組み合わせた壮大な世界観のあるメソッドです。

その結果、ハーブヨガでは心・体・人間関係という3つの側面に大きく働きかけることができます。



このセラピスト養成講座ではハーブヨガがもたらす体への効能を最大限に引き出せる方を育成していきます。



そのためにハーブヨガセラピーと呼んでいるのです。



ハーブヨガセラピーを提供するのは、ハーブヨガセラピスト(または、ハーブヨガ療法士)です。



一般的なヨガ講師と同様に、70~80分間のハーブヨガのクラスを複数人数に対して行なうことが出来ます。(※一回のクラスは最大7人まで)

hyclass.fw.png

ハーブヨガセラピークラスの例:

・Tune-in瞑想:ハーブを使って自然とつながる

・脱力:体の緊張を解きほぐす

・ウォーミングアップ

・ハーブボールを使った坐法

・リラクゼーション

・Seeding瞑想



ただし、その根幹はあくまでセラピーですので複数人数のクラスであっても個別対応が基本です。



セラピストは生徒さん一人一人をしっかりと観察し、フォローしていくのが特徴です。



あなたが提供するハーブヨガクラスは、スタジオで行なわれるような何十人も参加するようなヨガクラスとは異なっており、少人数制(最大7人まで)で行います。



だからこそ、これまでハーブヨガセラピスト達は沢山の奇跡的とも言えるような体質改善の声を頂いて来たのです。



これは高齢化という時代の流れからいっても至極当然なこととも言えます。



高齢者の多くは既存のヨガスタジオに行くことはありません。



しかし、それではヨガという自律的なメソッドの持っている価値を最大限に活かすことはできませんよね。



また、若い世代であっても、ヨガスタジオに行ってエアロビクスのように体を動かすことだけを求めているわけではありません。

もっと、心と心がふれあうような機会を求めています。



少人数でしっかりと自分自身の体に向き合いたいという人も確実に存在しています。



それがハーブヨガセラピストのクライアント像なのです。



ハーブヨガfor マタニティ&シニアではマタニティの方、シニアの方、体の固い方、どんな方であれハーブヨガクラスを指導できるアジャストメントの技術を身に着けます。

さらに美しくエイジングするための方法を身につけ、何歳になっても毎日快調な一日数分のエクササイズを身につけることができます。

ハーブボールSPA  セラピスト養成講座

最初がハーブボールを用いたセラピーであるハーブボールSPAセラピーを学ぶことです。
この講座ではハーブボールと自然療法にいて深く学び、古来からの自然と人間の気の触れ合いを学んでいきます。

その結果、あなたはハーブボールSPAセラピーを通じて、一人の人間と向き合うことで、気(観想・感応)を様々なワークを通じて学びます。

あなたが気によって人を癒やすという術を学ぶことで、ハーブのエネルギーを取り入れるための道が開くのです。

こちらはヨガクラスの指導ではなく、1対1でセラピーを行なうことに主眼があります。

ハーブの香りに癒やされながら、あなたはじわーっと温かいハーブを触って、手の平からそのエネルギーを頂けます。



その結果、あなたは大きな筋肉運動をすることなく健康になりながら、施術を行なうことができるのです。

>>ハーブボールSPAセラピスト養成講座の詳細はこちら!

私のためのハーブヨガ空間の作り方「MY SMALL Sanctuary」講座

ハーブヨガアカデミー2018の最大の特徴は、ハーブヨガヨガ空間の作り方について学べることです。
これまでに私たちは沢山のハーブヨガ指導者を育てる中で、ハーブヨガの空間を作り出すことはそのメソッドや知識を習得することと同じか、それ以上に大切だと身をもって感じてきました。

なぜかというと、ヨガの修得と空間の作り方の間には、以下のフローチャートが成り立つからです。

※ヨガと空間の関係についてはオンライン説明会にて詳しく解説しています。

これまで個人が日常的にヨガを実践し、ヨガを身近な人々とシェアし、そして、その延長の中でヨガを教えていくための空間の作り方について学べる場所はありませんでした。

これは当然の話で、ヨガのための空間というのはヨガアシュラムやヨガスタジオのように、外部に依存していたからです。

しかし、これからの時代、生活の中でこそヨガは発揮されるべきだし、何より身近な人々とヨガを楽しむべきだと私たちは確信しています。

ヨガと空間とアートについての著作である「ヨガマット一枚の革命」を執筆した私たちだからこそ、何かできることはないだろうか?

そうだ、私たちがヨガ空間の作り方を伝えようじゃないか!

その結論に至ったのです。

このハーブヨガ空間の作り方講座は2畳からでもヨガ空間を作り出せる!をテーマに、あなたの実際の生活の中でヨガ空間をどのように作り出せばいいかについて学んでいきます。

ハーブヨガセラピストGA養成講座

そう、これからの3年間で日本は大きく変わっていきます。

私達の親たちが遭遇した社会の変化とは大きく異なる、人種規模での変化になるでしょう。
そのため、親たちのアドバイスはそれほど効果的ではないかもしれません。

じゃあ、この大変化の時代をどうチャンスに変えていけばいいの?

そのためにご用意したのが、国際ハーブヨガ協会のハーブヨガセラピストGlobal Ambassador(ハーブヨガGA講座)講座です!

ハーブヨガセラピストGAは2020年までに、ハーブヨガセラピストの顔として海外メディアに英語でインタビューを受けられる人材を育てるプログラムです。そして、あなたが以下の能力を身につけることを目指しています。

ただし、ご安心下さい。
一歩一歩進んで行くのがこちらのプログラムです。

さらに、まだ日本語でのハーブヨガ指導を身に着けていない方の場合、 こちらの講座の参加者はいきなりハーブヨガを英語で学び始めるわけではありません。
まずは日本語で学んで指導法を身に着けてから、英語での指導法を学び始めます。
このことによって、理解度は大きく深まります。

そして、私達がこのGAの資格取得者に100パーセント保証することがあります。

それは、

ということです。

あなたはこちらの講座を通じて英語でのヨガ指導を身につけることができます。
>>ハーブヨガGA講座の詳細はこちらをクリック

最初に私はあなたは90日以内に理想の体型を手に入れるとお伝えしました。
少なくとも、変化を力強く実感するとお伝えしました。

なぜ、あなたが変われるのか?

それはこのプログラムがハーブヨガワークアウトという、新しいプログラムを含んでいることにあります。
まず、最初にこのプログラムについて解説していきましょう。

ハーブヨガワークアウトは体を劇的に変えることを目的に構成されているヨガです。

これまで、ハーブヨガは癒しを目的にしたハーブヨガセラピーを指導法を伝えてきました。

2018年後期課程からは、この癒やしのヨガに加えて、美しさと強さを目的としたハーブヨガワークアウトの指導がスタートします。

この講座は癒やしのハーブヨガセラピーの指導法だけでなく、美と強さのためのハーブヨガワークアウトの指導法も身につけることができます。

その意味で大変、お得な講座になります。

ハーブヨガセラピーとハーブヨガワークアウトの違いは以下のようになります。

  • 癒しを目的としたハーブヨガ。ゆっくりとした落ち着きのある動き。
  • 心と身体と関係性の感覚を取り戻し、子供の状態を作り出すことで、自然治癒力を向上させる。
  • 婦人科系の疾患、内臓疾患、精神的・神経的な症状にアプローチする。妊娠力の向上も目的としている。
  • 食事法:疾患や症状を癒やすための癒やしの食事法。野菜が中心。

  • 美と健康の獲得を目的にしたハーブヨガ。運動の側面を強化し、最短距離で理想の体になることを目指す。
  • 無酸素運動・有酸素運動・ヨガの三種類を組み合わせるため、より躍動的なトレーニング。
  • ダイエット・美肌・美髪・強くしなやかな体の獲得を目的にしている。
  • 食事法:タンパク質・脂質・糖質の3大栄養素のコントロールに基づく食事法。

※注意点としては、ハーブヨガワークアウトはあくまでハーブヨガセラピーを補完し、発展させるものだと言うことです。そのため、基礎力としてハーブヨガセラピーの習得は不可欠なものになります。


では、なぜ、あなたが45日で変れるのか?理想の体型を実感できるのか?というと、一つは運動へのアプローチが他のヨガとは全く異なるからです。

その方法について解説します。

まず、理想の体になるためにはどんな方法があるでしょうか?
特に運動という側面で考えてみましょう。

「ジョギングなどの有酸素運動をすれば体は変わるんじゃないの?」
「筋トレとかの無酸素運動をすれば変わるんじゃないの?」
「ヨガを通じて体を柔らかくすればいいんじゃないの?」

と、あなたは思うかもしれませんね。

しかし、これらの運動を一つだけ行っていても、あるいは二つを行ってさえいても、効果は限定的になってしまうのです。

なぜ有酸素運動だけで足りないの?


有酸素運動は脂肪を燃やし、インナーマッスルを鍛え、減量をするためにも効果的です。
しかし、有酸素運動だけではどうしても女性らしい豊かな体には近づかないのです。
それはどうしてかというと、人間は必ず負荷に適応する動物だからです。

簡単に言えば、有酸素運動をすればするほど有酸素運動に適した体、極論すればマラソンランナーのような長距離走に特化した体型に変化していくからです。

確かにマラソンランナーはものすごい力を持っています。
しかし、自分がその体型を目指しているのかについては、注意深く選ぶ必要があるのです。

なぜ無酸素運動だけで足りないの?


無酸素運動とは筋力トレーニングのことです。

筋力トレーニングは筋肉量を増やし、基礎代謝を増加させるので減量にも大きな効果があります。
筋肉を大きくすることでその周囲の脂肪が燃えるという科学的な説もあります。
しかし、女性の場合には筋力を上げるだけでは、美しくはなれないのではないかと感じています。

その理由は筋力を鍛えれば鍛えるほど、男性ホルモンが分泌されるからです。
男性ホルモンによって、確かに強そうな体型にはなりますが、女性として魅力的かどうかは別問題なのです。

なぜ柔軟運動だけで足りないの?

ヨガを始めとする柔軟性を高める運動は体のデトックスを促すために大きな効果があります。
呼吸法やマントラを通じて精神を集中することにも大きく貢献します。
精神を安定させることはホルモンバランスの安定にも貢献します。

しかし、柔軟性をあげるだけでは、もともと溜まっていた老廃物の動きをスムーズにするだけで、そこにプラスアルファはできないのです。

人間は加齢によって必ず、筋力は衰えていきますし、骨も細くなります。
そのため、ヨガを行っているだけでは現状維持がメインになってしまうことが多いのです。

じゃあ、どうすればいいの?ハーブヨガからの答えとは

そこで、私たちは有酸素運動・無酸素運動・ハーブヨガの3つを組み合わせることで、全く新しい体へのアプローチを行うことにしたのです。

3つを組み合わせることで、それぞれの弱点を補完し、長所を伸ばすことができるのです。
女性ホルモンのバランスを整え、力強い軸を形成し、脂肪をガンガン燃やす体だ作りができるようになります。

なぜ一般的なヨガじゃなくて、ハーブヨガなの?

私たちは生徒さんに最上の結果を出してほしいと常に考えています。

そのため、これまで国内外の様々な養成講座をリサーチしてきました。

例えば、インドのヨガの聖地、リシケシに赴いて、どんなヨガが行われているかを考察してきました。

しかし、結果としてわかったことは、一般的なヨガの養成講座はヨガのことだけしか学べないということです。
これは当たり前に聞こえますが、ヨガの学びというのは悟りに至るための方法です。
これでは現代人の人生の目的に完全に対応しているとは言い難いと感じています。

運動の側面で見るだけでも、有酸素運動・無酸素運動・ヨガを一つのカリキュラムの中で学べる養成講座はありません。

ですので、それだけでもこのハーブヨガワークアウトのカリキュラムがどれだけ挑戦的な内容であるかお分かりになると思います。

それでもなお、あなたはこんなふうに思うかもしれません。
「ハーブヨガを学ぶ必然性って何だろう?」
しかし、ここには圧倒的な理由があるのです。

ハーブヨガを学ぶ圧倒的な理由その1:体作りのための食事を徹底徹底的に学ぶ

ボディメイクという視点を考えたときに一番最初に議論になるのは、
「どんな運動をすればいいの?」という視点と、
「どんなものを食べればいいの?」という視点です。

私たちは自分が食べたものでできています。
そのため、食事は運動と同じかそれ以上にボディメイクに影響を与えるのです。

これらはどちらを取るのかという、二者択一で考えるようなものではありません。
むしろ、どんな運動とどんな食事を組み合わせればいいのか?という掛け算の発想で考えるべきポイントです。

ハーブヨガワークアウトでは、上記の運動について最高のパフォーマンスが出せるように計算された食事法を実践することができます。

運動と食事がしっかりとかみ合うからこそ、自分自身の変化を実感できるようになるのです。

ハーブヨガワークアウトの食事法とは?

補足として、ハーブヨガワークアウトの食事法について解説しておきましょう。

まず古代から続くヨガの食事法は基本的にはインドに住んでいる方向けの食事法です。
少なくとも牛乳やギー(バター)を始めとする乳製品やスパイスを子供の頃から大量に摂取している地域で有効な食事法となります。

そのため、ヨガの食事法はインド以外の地域に住んでいる人々に合わない場合もあるのです。

例えば、私の場合にはインド料理を食べると、たとえそれがベジタリアンであってもすぐに脂肪がついて、体が重だるい感覚になってしまいます。

一方で、ハーブヨガにおいて大事なことは自分の人生に恋をすること、つまり、自分自身の可能性を広げることに貪欲であることです。

そのため、この食事法は一般的なヨガのベジタリアン食とは大きく異なっています。
また、マクロビオティックなどの食事法とも異なります。
これらの食事法は病を癒すための食事法であって、美しさと強さのための食事法ではないからです。

私たちは 目標に応じて動物性食品も摂取します。
日常を彩るために、砂糖やカフェインを取ることもOKとしています。

また、極端な糖質制限やサプリメントの摂取も推奨していません。
基本的には食事でのみ栄養素を補っていきます。
日常の中で習慣にできるからこそ、継続的に美と健康を育てていくことができるのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その2:睡眠(休息)と排泄を学ぶ

あなたにハーブヨガをおすすめする理由、それは生活習慣の波を整える方法を学べることです。
具体的に言えば、睡眠と排泄という食事と同じぐらい大事な三大欲求の波を整える方法について学びます。

体は起きているときよりも眠っているときのほうが大きく変化しています。
ですので、いくらヨガのアーサナを行おうと、いくら有酸素運動を行おうと、睡眠時間が短ければ効果はほとんどありません。

そのため、正しい睡眠、休息の方法について学ぶことがとても大事なのです。

また、もし日常的に排泄ができる習慣を身につけていなければ、どんなに体に良いことをやっていても効果はありません。

体にいくらいいものを食べても、自分の力で適切に排泄できなければ体内に蓄積され、いつか毒素になってしまいます。

よって、美と強さを獲得したいと願う人は、必ず睡眠と排泄について学ぶ必要があるのです。
多くの講座では何を食べるか、どんな運動をするかというインプットだけに注目していますが、実際にはどのように排泄するか、どのように休息するかという側面も同じぐらいに大事なのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その3:女性ホルモンを調整させるメソッド

女性ホルモンは肌や髪を美しく保ち、女性らしい柔らかな体を作るのに貢献します。
その意味で、女性にとって、女性ホルモンほどその美しさに影響を与えるものはないとすら言えるのです。
しかし、不規則な生活やストレスによって、女性ホルモンのバランスは崩れてしまい、美しさを大きく損なうことがあります。

まず、ハーブヨガワークアウトは生理周期に対応しています。

一般的なメソッドは著者が男性であることも手伝って、生理周期についての解説はありません。
男性は基本的にそれほど大きなホルモンバランスの波はありませんので、一ヶ月間、ずっと同じようにトレーニングを続けていけます。

しかし、女性には生理周期があるため、約1ヶ月でホルモンバランスが大きく変動します。
月経は「小さな出産」とも言われるほど、心と体に大きな影響を与えるものです。
そのため、このホルモンバランスの波に合わせてエクササイズや食事を管理することが大事なのです。

次に、ハーブヨガワークアウトは男性ホルモンと女性ホルモンのバランスに最大の配慮を行います。

特に過度な男性ホルモンの分泌を良しとしません。
ウエイトトレーニングであれ、有酸素運動であれ、ヨガであれ、過度に行いすぎると筋肉が発達し、男性ホルモンが大量に分泌されます。

その結果、どうしても筋っぽい男性のような体つきになっていき、女性の美の特質である柔らかさは失われていくのです。

私の場合には胸のボリュームが失われて、とても貧相になってしまったことを覚えています。

確かに20代の若い内はそれでも生命力が大きいため輝いて見えますが、年を経るに連れて、まるで枯れたようになってしまうのです。

私はこれまでに沢山のヨガ指導者に接してきましたが、多くの場合、痩せ過ぎていて、むしろ実年齢より老けて見えることを実感しています。

ここに「トレーニングをただ実践すればいい」というメソッドの大きな罠があります。

以上の反省から、ハーブヨガワークアウトは女性ホルモンバランスに最大の配慮をして構築されているのです。

ハーブヨガをおすすめする理由その4:自分自身を発見するためのメソッドである

ハーブヨガを通じて、自分を発見し、夢に近づくことができることもハーブヨガを学ぶ大きなメリットになるでしょう。

ハーブヨガほど自分自身と対話することを楽しく推し進めるメソッドを私は知りません。

例えば、Tune-inというメソッドではみずみずしい子供の感覚を取り戻していくことを瞑想的な実践とともに行っていきます。
その結果、まっさらな気持ちで世界と向き合えるようになるのです。

そして、ハーブヨガはハーブという自然とのつながりの中で、あるがままの子供に戻っていくプロセスだと言えるからです。

Tune-inではハーブの絵を描いたりなど、様々な方法を通じてハーブへの洞察を深めていきますが、これも自分自身を発見するための方法なのです。

そして、この講座ではハーブヨガワークアウトの方法を体験するだけに留まりません。

実際に、あなた自身が理想に近づきます。
具体的に言えば、美しくなります。
それは保証してもいいでしょう。

しかし、それだけで終わりではないのです。

あなたがその指導法をマスターすることで、自分の体型を楽しく変えていけることを知れば、あなたのパートナーやお子さんなどあなたの周りの人々も美と健康を獲得する一歩を歩みだすのです。

その後は、あなたのサロンは地域のコミュニティとして、人々が集い、交流し、変化を実感敷く場所に変化します。

「あなたがいたから、美と健康を手に入れることができることができた」と喜びと感謝で満たされるでしょう。

私たちは各地域の医療機関や助産院との提携を進めています。

地域での活動をスタートさせたあなたは、講師として講習会を開催するエキスパートとして迎えられるチャンスもあるのです。



何歳になっても自分の体と人生の可能性に挑戦する生き方をしたい!

ハーブヨガという東洋の叡智を世界の人に伝えて一緒に楽しむ痛快な生き方をしたい!

そんなあなたに2018年度のハーブヨガバンコク合宿では、特別な制度を用意しました。

1週間の留学期間を最大28日まで延長して実践研修しながら滞在できる制度です。

世界をおもてなしするサロンワーク研修制度です!

この研修では、実際に世界から訪れるお客様に対し、よりサロンを楽しんで頂くためのお手伝いをしながらハーブヨガの学びを深めていただきます。

サロンで実地の研修を受けるとどのようなことが起こるのでしょうか?

こちらの研修で、実際にハーブヨガの神秘に触れ、目の前で楽しんでいる世界からのお客様をさらに笑顔にする体験を通して人生を変えていただきます。

この体験を通じて、技術や知識には代えがたいものが得られるでしょう。

それは、圧倒的な自信です。

自分は人生を痛快に生き、世界を股にかけて楽しみ尽くす価値ある人間であるという自信を身につけることができるでしょう。

しかも、期間の割に非常にリーズナブルな受講料になっており、なんと30万円の奨学金を出しています。
こちらはとても特別な枠組みですので、応募者が殺到する可能性もあります。

そのため、残念ながら3月28日までの先着3名様にしかご案内できません。

世界をおもてなしするサロンワーク研修制度の研修滞在費

21日間、延長滞在した場合の本来の受講料32万1千円のところを、30万円の奨学金をお出しして、2万1千円の追加料金のみ

※奨学生になった場合、1日あたり1000円のみの研修滞在費となります。

留学講座だから実践で学べる:ハーブヨガのGREEN食美法

GREEN食美法はハーブヨガの食事法として、老若男女が実践できるメソッドです。
バンコク研修留学講座当日には皆でキッチンに入って、調理実習を通して食美法を学んでいきます。

GREEN食美法の基礎知識

GREEN 食美法のコンセプト:

ハーブヨガでは食事のバランスの取り方に主眼を置いています。
例えば、生クリームたっぷりのケーキや肉料理を一概に否定するわけではありません。

肝心なのは食べるもののバランス、食べる量とその品質、そして頻度を自分でコントロールできる姿勢なのです。

よって、ハーブヨガで提案するものは、ただの食べ物の性質や調理法だけではありません。
いわば、食事から自分の人生を考えるといっても良いでしょう。

私達はデトックスのための時間である朝昼はベジタリアン食をお勧めしていますが、夕食には肉食をするように指導しています。一つの枠組みだけに視野を狭める事ではなく、むしろ世界に生きる様々な人々の文化に触れて、社会にかかわり、楽しく学びながら生活する事を主眼においているからです。

よって、文化の素晴らしい結晶であるフランス料理も中華料理もベジタリアン料理も全て楽しみながら、日々の生活に取り入れていけばよいと考えているのです。

昨今、菜食主義が日本でも定着しつつありますが、一つだけの考え方に心を硬直化してしまうと、結局は心の負担になってしまいます。美味しいものをあきらめない心のしなやかさと、甘い物を食べても自分を甘やかさない強さを持つこと。

それがハーブヨガの目指す美しい生活なのです。

GREENとは?:

食事の解説に入る前に、GREENというコンセプトについてご紹介します。

簡単に言えば、①種を発芽させ、②地中に根をはり、③葉を広げ、④花や果実をつけ、そして⑤世界に種を落とすという簡単なステップから構成された概念です。

植物の成長をモデルとして、食事、習慣、心構え、自己実現など様々なものを説明しています。
これらを英語であらわしたものの頭文字をとって、GREEN
この概念は、『木が大きくなるように、我々も成長していこう』という思いが込められています。

green_spiral02.jpg

GREENな食べ物

食べ物に関してもこのGREENを当てはめて考えることができます。

green_food_r1_c2.gif

green_food_r3_c1.gif

green_food_r5_c3.gif

gree_food02_r1_c1.gif

gree_food02_r3_c1.gif

食品を摂取する割合:

いくら健康に良いものでも、その食品だけをとっていたのでは健康になりません。肝心なのはバランスですよね。

でのバランスとはどのように考えればよいのでしょうか?

ここで、参考にしていただきたいのが、私達の歯の配分です。歯にはいろいろな種類がありますが、

①穀物をすりつぶす歯
②野菜などを切り刻む歯
③肉類を噛み千切る歯

に別れています。

これらの歯の配分は5:2:1であると言われています。

歯の割合は我々人類が長い時間をかけて進化させてきた証です。
私達も歯の割合に合わせて食品をとること目安として指導しています。

GREENの中で示せば、以下のようになります。

food_table.gif

今回の講座のポイントとしてグループワークを導入して学び合うことがあります。

自分一人ではどうしても盲点になってしまうポイントをカバーし、切磋琢磨しながら学び合うことができます。

バンコク研修留学講座で行うグループワークの種類:

1)ハーブヨガ指導のグループ研修
バンコク研修留学中にタイハーブの生ハーブボールを用いてハーブヨガを行う機会があります。その際に少人数グループに分かれて、一人一人に指導を担当する箇所が割り振られます。

指導経験のある先輩や、まだ自信のない後輩が一緒にグループになって学び合うことで、より効率よく成長することができます。

陰陽のハーブボールやコブミカンのボールを使ったタイハーブだけでできる特別なハーブボールを味わうことができます。
herb.jpg

2)GREEN食美法の実習
バンコク研修留学中にはグループ別に朝昼の食美法のベジタリアン調理を練習する機会があります。2~3人のグループに分かれて、朝食と昼食の調理を行います。

朝食について:
・玄米粥
・生野菜フルーツ豆乳ジュース

昼食について:
・豆
・根菜
・生野菜
・玄米
といった食材を用いて、主菜・副菜・スープ・サラダで構成されるベジタリアン料理を30分で作ります。



講座の対象者

講座参加にあたってのルール(後述)を遵守することが可能な方だけが対象になります。

通学講座と併用してご参加になることも可能です。
バンコク在住の方はご相談下さい。


バンコク研修留学講座の日程とカリキュラム詳細


※早朝からのワークがあり、非常にインテンシブな内容になっています
※各自が自主的に行なうグループワークが含まれます。
※終了時刻は参加人数に応じて変更される場合があります。
※ハーブヨガワークアウトのカリキュラムは6日間にまたがって実践していきます。

講座の1日毎の流れは以下のように進んでいきます。ただし、習熟度に応じてスケジュールは変化していく場合があります

7月22日 1日目 ミーティングとハーブボールSPAセラピスト養成講座
10:00 ミーティング&オリエンテーション
11:00 ハーブボールSPAセラピスト養成講座の開始
12:30 食事と休憩(1時間)
17:00 ハーブボールSPAセラピスト養成講座の終了

7月23日 2日目 ハーブヨガセラピスト養成講座
8:00  朝食@会場
9:00  ハーブボールSPAセラピスト養成講座の試験
11:00 ハーブヨガセラピスト養成講座の開始
12:30 食事と休憩(1時間)
13:30 ハーブヨガセラピスト養成講座
16:30 解散

7月24日 3日目 ハーブヨガセラピスト養成講座
8:00  朝食@会場
9:00  ハーブヨガセラピスト養成講座
12:30 食事と休憩(1時間)
13:30 ハーブヨガセラピスト養成講座の試験
15:30 ハーブヨガクラスの運営法について
16:30 解散

7月25日 4日目 ハーブヨガワークアウトティーチャー養成講座
8:00  朝食@会場
9:00  ハーブヨガワークアウトティーチャー養成講座
12:30 食事と休憩(1時間)
13:30 実践と指導法
16:30 解散

7月26日 5日目 ハーブヨガGA養成講座
8:00  朝食@会場
9:00  ハーブヨガワークアウトティーチャー養成講座の試験
12:00 食事と休憩(1時間半)
13:30 ハーブヨガGAセラピスト養成講座の開始
16:30 解散

7月27日 6日目 最終発表
8:00  朝食@会場
9:00  ハーブヨガセラピストGA養成講座
12:00 食事と休憩(1時間半)
13:30 ハーブヨガGAセラピストの試験と最終発表
16:30 解散

※ハーブヨガワークアウトの内容は各日にまたがって実践します。
※参加人数や習熟度に応じて、カリキュラムや時間配分は柔軟に変化する場合があります。
※最終日はサロンから空港までのタクシーを呼ぶことも可能です(別途交通費発生)。

講座の開催地

thonglor.jpg

所在地

10110
51/9, Classic Home, Soi Thonglor25, Sukhmvit Road, Bangkok
電話:089-682-2044

Map


大きな地図で見る 

バンコク会場について

開催場所はバンコク都、トンロー地区のChoChoとなっております。トンロー地区はバンコクの歓楽街から離れた日本人も多く居住する高級住宅街です。警察署が大通りに面しているため、治安もよい地区だと言われています。会場はトンローの中でもさらに閑静かつ、どこかタイの田舎を思わせる雰囲気の位置にあります。

chochobkk.jpg

タイのカリスマサロン滞在で膨らむ「私の夢のサロン」のビジョン

あくまでアットホームで気取り過ぎない雰囲気を重視した鳥蝶のサロン、Salon de ChoCho。
スタジオでのアーサナや座学だけではなく、1階から5階の屋上までをフルに使って指導します。

最初に:サロンでの講座について

サロンでは、場を自分の手で作るということを常に念頭に置いた暮らし方を提案しています。

例え、出張で教えるとしても、例え、雑居ビルの小さなテナントやデパートなども一角であったとしても、自分だけの充実した気を醸し出す空間の演出の仕方が不可欠です。

空間という形になった場所の気は最も人間に影響を及ぼすものの一つだからです。

自分の身体一つのテクニックではなく、
自分とクライアントを取り囲む気をコントロールできる力
を身につけることができるのも鳥蝶の講座でしか学べないことの一つなのです。

空間の使い方が姿勢を決めますし、どんな行動を起こすのかも決めます。

bed02.jpg

コンセプト:ハラ(丹田)を鍛える生活

ふかふかのソファや足腰を弱めるベッドや椅子を使う現代人にとって、古代から日本人の中に受け継がれてきたハラの力も弱くなっています。

サロンでは特にハラ(丹田)を一日中強化し、柔軟性をつける姿勢のとり方をしていく暮らしができるようになっています。

自分だけのシッティングゾーンを見つける

人生の改革というと、とても大きなことだけをしなければならないと思うかもしれませんが、
人生を変えるのに必要なのは、新しい視点と行動なのです。
その意味で、どこに座るかに神経を注ぐことはとても重要です。

あなたがどこが心地よいと感じるのか?
その場所から何が見えるのか?
本棚に向かって座るのか?景色を眺めながら座るのか?
角に座るのか?
真ん中に座るのか?

習慣とは、このような小さな探究心と行動の積み重ねでよい方に変わっていくのです。
そして成長し続ける生き方が可能なのです。

1F: Garden: Urban Sanctuary
1Fでは色とりどりの花と緑に囲まれ、優雅な気分で瞑想したり、ティータイムを楽しみながらのワークをする場として活用されています。

pavilion.jpg

garden01.jpg

Check!土や水、生き物と遊ぶこと
生活の中で自然に五感で触れることで人間本来のリズムを取り戻していくことができます。
ガーデンにいる花や植物、魚を観察することで、あなたは子どもの心に戻り、かつての童心を取り戻すでしょう。

bed01.jpg

1F: Kitchen
広々としたアイランド型キッチンで和気藹々と料理を楽しむ食美法の実践の場です。参加者はGREEN食美法を実地で学んでいきます。単なるお仕着せの調理実習ではなく、自分たちで考え、喜ばれる食卓作りを実践していきます。

kitchen.jpg

2F: ハーブヨガホール
こちらのスペースは普段はアートギャラリーになっていますが、講座当日は講義のために使います。

2nd_floor.jpg

ランタンとキャンドル
館内のあらゆるところに配置されたランタンやキャンドル、そして間接照明。
現代では、どんな田舎に行ってもフランチャイズ店などがあり、そこでは購買意欲を刺激する過剰なほどの照明が使われています。

サロンでは、人間の脳にも視覚にもインスピレーションを刺激する光の使い方も敏感に取り入れています。光を見るときに、人間は魂の輝きを思い出すからことになるでしょう。

「休息」の取り入れ方を学ぼう。
講座では自分自身の繊細な心身を大切にしながら働く方法を身につけるのだから、働き方ばかりでなくて、休息の仕方を学ばなければ片手落ちだと言えます。

サロンではあらゆるところにお昼ねのためのスペースが作ってありますし、お昼寝はマストの時間としてカリキュラムの中に入っています。

自分の価値を手放すことをするからこそ、さらに多くのものを掴む事ができるのです。
一日の行動の中に何もかも放す時間を設けることによって、信じられないほどの大きな効果が人生全体に及ぶことになるのです。

現代人はつかむ事ばかりで、放すことをほとんど学びません。
それでは、普通の幸せしか得られないのです。

鈍感な身体ではなくて、繊細さを大切にしたサロンの運営方法を学ぶからこそ、休み方を学び、実践しましょう。これだけでもあなたの人生にとって大きな財産になるでしょう。

4F: Studio & トイレ&シャワー
ハーブヨガのクラスはこちらの部屋を使うこともあります。

studio.jpg

Check! 自分だけのスペースを創る
部屋や休憩箇所は無数にあるから相部屋の就寝でも自分だけのスペースは、ネイティブアメリカンのように部屋の外にいくらでも作ることができます。自分だけの瞑想スペース(座る場所)を自ら場の気を読みながら探して持つことも、洗練された指導者の重要な生活の一部なのです。

chair01.jpg

4F: Locker room
参加者の貴重品はこちらの部屋に鍵つきで収納できるお部屋が用意されています。

ヤントラを生活の中に
サロン内にはさり気なく置かれた布やハーブマットなどに
「手仕事から発せられる気配」「ヤントラ的象徴」「潜在意識を動かすビジョン」
を感じられるようにしています。

4f_image.jpg

5F: Sky studio
希望者は五感をより刺激する屋外でのヨガや瞑想を行うこともできます。

会場やホテルを一歩踏み出せば…:
その他、館内だけでなくて、タウンハウス敷地内ガーデンでは、芝生の上などで、思い思いの時間を過ごすことができます。また、ホテルを一歩踏み出せば異国情緒のただようトンローの市街が現れます。参加者は一日30分以上は朝の散歩をするワークが用意されています。

bangkokmorning.jpg

また、癒し先進国のタイ国ならではのスパ巡りでリフレッシュすることもお勧めしています。

世界のスパインダストリーを常にトップでリードする国、タイ。
それなのに日本とは比べ物にならないほど低価格で高品質のサービスが受けられるのです。

内装やサービスの方法など、参考に出来る部分を体験から学んでみてはいかがでしょうか。
(各人で個別に計画・手配・実費負担すること)

●合宿中の朝と昼の食事について
食事については朝・昼食のベジタリアン料理を学習していきます。ベジタリアンメニューを調理し、お肉を使わなくても簡単にできるバランスのよい食事を身につけられます。

02.jpg

夕食に関してはアルコール以外は自由です。食の都、タイ・バンコクでしか味わえない様々な料理を各自お楽しみください。ただし、飲み過ぎ、食べ過ぎには気をつけて下さい。また、就寝3時間前には食べ終わるようにして下さい。

また、2日目または3日目は事前にキッチンを予約していただいた場合、夕食を自分自身で調理することもできます。

01.jpg

重要)提携宿泊施設について

バンコク研修留学の参加者はサロンに宿泊するか、提携ホテルである「Salil Hotel Thonglor」または同等クラスのホテルにて宿泊をします(※)。どちらになるかは5月中までに参加者にご連絡差し上げます。


>>Salil Hotel Thonglo Soi1のウェブサイトはコチラ

これまでのバンコク講座でも使用されているホテルで、TripAdviserなどのトラベルサイトでも高い評価を頂いています。同じトンロー地区にあり、徒歩で20~30分、タクシーで5~10分で到着することが可能です。

こちらのホテルへの宿泊は2~3人の相部屋となります。
もし、お一人様で宿泊されることを望まれる場合には追加料金がかかります。
また、Salil Hotel以外のホテルにどうしても泊まりたい場合には、プロンポン地区~トンロー地区のホテルに限り許可しています。その場合の手配や宿泊費はご負担下さい。なお、その場合の講座に含まれる宿泊費のご返金はできません。

重要)講座期間のルール

バンコク研修留学の学びを気づきを最大限にするために、以下の様なルールを設けています。ご参加になるにあたって、守れるかどうかをご確認下さい。

1.体調管理・スケジュール管理・貴重品の管理は全て自己責任であること
2.飲酒はできないこと
3.研修会場での喫煙の禁止
4.就寝時間・起床時間を守ること
5.講座期間中はバンコクのプロンポン~トンロー地区を出ないで過ごすこと
→他の場所を観光してみたい方は、講座日程の前後に宿をとって観光されることをお勧めします。またプロンポンにはバンコク屈指の高級デパートが2つあります。
6. 事前に「地球の歩き方バンコク」を購入して、タイやバンコクのことを調べてくること

バンコク ハーブヨガ留学コース(留学講座のみで資格取得が可能です)

合宿スタイルでハーブヨガの指導力を徹底的に鍛えます。ハーブヨガ・ハーブボールSPAセラピーの内容を発祥の地で瞑想や食事の面からも学んでいきます。空間の作り方講座については、事前に準備してきたものについて一人ひとりにコンサルティングを行います。

※婦人科セラピスト養成講座は通信で学びます。

取得可能資格:
ハーブヨガセラピスト
ハーブボールSPAセラピスト
ハーブヨガGlobal Ambassador
ハーブヨガワークアウトティーチャー45days
婦人科セラピスト

ハーブヨガ誕生10周年を記念して、
4月20日(金曜日)までにお申し込みの場合に限り、
なんと
21万6000円以上の限定早割り奨学金割引を適用します!

さらに、バンコク合宿費用(6万円)のうち、半額の3万円を奨学金としてお出しします。57万4000円のところを35万6000円(税込38万4480円)となります。

※飛行機のチケット代などは含まれておりません。各自お求め頂いております。
※朝食・昼食・宿泊費込み
※受講料に年会費(1万円+税)と教材費(15000円+税)が加算されます。
※クレジット決済の場合には、手数料としてお手続き総額に2%加算させていただきます。 ※サロンワーク研修制度にご参加の場合には空き状況などについて確認するため、前もってご相談ください。

取得可能な資格:
・ハーブヨガセラピスト
・ハーブヨガGA
・ハーブボールSPAセラピスト
・ハーブヨガワークアウトティーチャー

受講料に含まれるもの:

・各資格試験の受講料
・ホテルの滞在費
・朝食と昼食の費用
・会場の設備使用料

受講料に含まれないもの:
・航空券代 ※東京からだと5万円程度(航空会社やタイミングにも寄ります)
・現地での交通費(空港からホテルまでの費用含む)
・夕食費用
・おみやげワークの費用
・SPAやマッサージ、娯楽のための費用

重要)キャンセレーションポリシー

・ハーブヨガセラピスト養成講座
・空間の作り方
・ハーブボールSPAセラピスト養成講座
・ハーブヨガGA

など、国際ハーブヨガ協会の養成講座は通信講座を通じて資格取得することが可能であるため、講座にご参加になれない場合、いかなる理由があってもご返金はできないことにご注意下さい。

また、これらの養成講座は日本でも開催されていますので、どうしてもバンコクの講座に参加できない場合には、日本の講座日程に振り替えることも可能です(※その場合1日辺り1万円の再受講料が発生します)。

Q:ハーブヨガ指導の練習を始めたばかりですが、大丈夫ですか?
はい。もちろん大丈夫です。講座で求められるのは、「自分と大事な人の人生の向上のために、できることをしたい」という心だけです。知識やテクニックはその後からついてきますし、実際に熱意があればあるほど上達も早いものなのです。
Q:トンロー地区はどのような場所ですか?
バンコクのトンロー地区はトンロー通り(Sukhmvit Soi 55)を中心とした、高級住宅街になります。日本人を始めとして外国人が多く居住し、華やかなレストランやカフェ、高級スーパーがのきを連ねる地域になっています。トンロー地区には警察署も有り、バンコクの中では比較的治安もよい場所になります。
また、講座参加者がタクシーやスカイトレインなどで足を運べる範囲に、Emporiumという大きなショッピングコンプレックスもありますので、おみやげなども購入することが可能です。
Q:バンコクの会場でインターネットはできますか?
はい。可能です。Wifiにてインターネットを空き時間に使うことは自由です。
Q:キャンセル料金はいつから発生しますか?
キャンセル料金が発生するのは、ご入金後にキャンセルの申し出をされる場合のみです。お申し込みの意思をお伝え頂いた仮予約の時点では発生いたしません。
但し、入金のお手続きを終えられるまでは本予約が完了しませんのでご注意ください。
Q:バンコク会場での講座の受講料、その他諸費用についても 詳しく教えてください。
受講料はお振込みいただく全ての金額を記載しています。料金には提携ホテルへの宿泊費、朝・昼食費、夕食の食材費、教材、ハーブ、施設使用料、バンコクでの講座資料代金は全て含まれます。
含まれないものは、飛行機などでの渡航費やバンコクでの交通費、現地での夕食費用などです。→講座料金に含まれない諸費用の内訳は「受講料」の部分をご確認下さい。
Q:飛行機はどのようにしてとればいいでしょうか?
ウェブでのサービスを含めて、旅行代理店などで国際線の飛行機チケットを予約できます。宗夫妻はDeNA社が行っているSkygate社のシステムを用いて、ウェブ上で予約を行うことが多いです。料金的にも見やすく、オススメできます。
Q:会場に到着するまでは全て一人で行動しなくてはなりませんか?
いいえ、その必要はありません。
ご参加になる前に、協会専用のSNSにて、留学講座参加者専用のページを立ち上げ、そちらで情報交換できるようにします。場合によっては参加者同士で連絡を取り合い、一緒に飛行機でいらっしゃったり、バンコクのスワンナプーム空港で待ち合わせたりすることが可能です。
Q:タイ語も英語も分からないので空港から一人でホテルに行けるのか不安です。迷わず確実に行ける交通機関を教えてください。
バンコクのスワンナプーム空港のG階にあるタクシー乗り場から、正規料金で乗れるタクシーをおすすめしています。「サリルホテルトンロー」と伝えるために、必ず、英語およびタイ語で書かれたホテルの住所と地図をプリントアウトして見せるようにして下さい。

公共のタクシーを利用してホテルに行くには?
バンコク・スワンナブーム空港のG階には公共タクシー(Public Taxi)のスタンドがありまして、そこで行き先を言えば目的地まで連れて行ってくれます。このタクシーは政府から許可をもらったタクシーですので、正規の運賃できちんと管理されて運営されています。(※空港利用料として、50Bのチャージを取られますが、これは公共のルールです。)

public-taxi-bangkok-airport.jpg←到着ゲートを出て、

空港内のこのようなサインに従ってタクシースタンドまでお進みください。

taxi_stand_small.jpg←タクシースタンドはこのような感じです。

簡単なスタンドがあって、色とりどりのタクシーが並んでいます。

受付デスクがありますので、そこで行き先を伝えてください。

タクシー利用の際にタクシーの車両番号を書いた紙が渡されますのでトラブル防止の為なくさないように取っておいてください。

タクシースタンドでの行き先の言い方ですが、以下の地図、および、タイ語表記をドライバーと受付係の人にお見せ頂ければと思います。

詳細は「バンコク留学講座参加者のためのしおり」にある以下の画像や地図をプリントアウトして下さい。


>>地図などの詳細はこちらをクリック(英語)

また、ホテルからサロンまでの到着方法は参加者に解説した地図および動画をお渡ししています。

資料請求とお問い合わせは以下のメールフォームよりお願いいたします。

正常に入力できた場合、自動返信メールがご入力頂いたメールアドレスに届きます。



届かない場合にはメールアドレスが間違っている場合がございますので、再度、ご入力いただければ幸いです。



またはこちらからお送り差し上げている自動返信メールが「迷惑メール」として処分されている場合もございますので【迷惑メールフォルダ】をご確認下さい。

※携帯電話のキャリアメール(@docomo.ne.jpやezweb.ne.jpや@softbank.jp)やipad・iphone等のメールアドレスの場合、確認メールが届かない状況が報告されております。

※特にAUとDOCOMOの携帯電話の場合にエラーが多数報告されております。その場合、携帯電話によってこちらのメールが弾かれてしまい、こちらから連絡することができませんのでGmailなどからお問い合わせください。

※お問い合わせ後、数分以内に連絡が来ない場合、誠にお手数ではございますが、info(*)herbyoga.jpまで必要事項を明記の上でご連絡下さい。*部分には@を入れてください。

必須お名前

必須メールアドレス ※docomo.ne.jp、softbank.jp、ezweb.ne.jpには配信エラーが発生します

必須確認用メールアドレス

必須ご用件を以下から選んで下さい
 婦人科系セラピスト養成講座に今すぐに申し込みたい 婦人科系セラピスト養成講座の資料がほしい 質問があります

ご質問やメッセージがある場合には以下にご記入ください

ハーブヨガアカデミー タイ・バンコク ハーブヨガ留学講座」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ハーブヨガ留学 in バンコク 私の体験 エリコさんのケース | 国際ハーブヨガ協会 公式ウェブサイト

コメントは受け付けていません。