ハーブヨガにおける観想とはなにか?

さて、これまで私が何度となく使って来たこの観想という言葉ですが、これはハーブヨガ全体を通してとても大きな問いであるといえます。

ハーブヨガの音声講義で私達がこの言葉を多用していますので何となくその意味がわかり、普段から観想という言葉を使っている人もいるかもしれません。

しかし、まだまだ分かっていない人も多いでしょう。

そこで、観想について坐法という視点から解説をしていきましょう。

 

まず、ハーブヨガにおける観想が最大限に発揮されるべきセクション、それが坐法の部分です。

ハーブヨガのセッションの中で一番わかりやすくて、一番わかりにくいのが坐法の部分です。

特にこの観想という言葉を私たちハーブヨガの指導者は多用して、ハーブヨガ指導の質を考えます。

「観想が伝わる」とか、「観想が甘い」とかいうふうに。

そこで、まず、あなたも考えてみましょう。

観想とはいったい何でしょうか?

どうして、ハーブヨガでは観想を重視するのでしょうか?

30秒程度、考えてみましょう。

まず、シンプルな定義から入ります。

観想というのは自分の思いを強めて、それを現実に反映させる力のことです。

これは 別段、ハーブヨガの専売特許ではなくて、ヨガの様々な流派だったり、仏教だったり、仙術だったり、格闘技だったりと、様々な分野で特に大事なものだと考えられている心と体の働きであり、技術です。

例えば、物語の中で忍者は忍術を使って大きなガマガエルを見せたりします。

これも観想のなせる技なのです。

ハーブヨガでも観想をとても重視します。

「私が世界のハーブであり、世界が私のハーブである」という観想を強めることがハーブヨガの目的でもあります。

そのために、ハーブヨガでは観想を倍加させる坐法やスパイラルを行うことで、実践者一人一人がハーブのビジョンをインプットする習慣を鍛えていくのです。

この観想の習慣が足りなければ、すぐに周囲の声に反応して自分自身を揺るがせてしまう軸のない人間になってしまいます。

観想が強まると人の体にまで影響を与えてしまいます。

なので、あまりにも強い癒しの存在感や熱の存在感を持っていたら、その人のそばでは悪いことができない、人を殺せないという現象が起きます。

 

合気道の開祖である植芝盛平先生などの歴史的な武術者の自伝では、そのような話が頻繁にあります。

例えば、悪い人が鉄砲をもって植芝先生を殺しにきたのに、どうしても撃てない。

植芝先生が一喝したらヘナっとへたり込んでしまうというような逸話ですね。

これは植芝盛平先生の弟子である塩田剛三先生の著作にとても詳しく載っています。

 

これと似た話が東洋の達人の自伝の中には沢山残っています。

これは観想の強さを表しています。達人は観想によって他者を攻撃することはありませんが、観想を通じて相手を圧倒し、攻め入ることすらも許さないのです。

もしも、私たち一人一人が平和な観想の力を持ったら、戦争がなくなるということでもあります。

逆に言えば、一人一人が内側に持っている恐怖が社会全体を覆う観想になることもあり得ます。

例えば、「こままではエネルギーが足りなくなるよ」と誰かに煽られると、「それじゃ、あの地域から持ってこよう」「戦争をしてでも資源を持ってこよう」というような意見がどこからともなく現れて社会全体を覆ってしまう、こんなことがあるわけです。

私たち一人一人は他者に平和と愛を伝える観想を発揮することもできます。

しかし、同時に砂嵐を作り出したり、他者をそれに引き込んだりする観想を発揮することもできるのです。

そのどちらを選ぶかはあなた次第ですが、後者は明らかに楽しい人生とは呼べないでしょう。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

【ハーブヨガのQ&A】大豆や豆製品に含まれるイソフラボンはむしろ女性にとってマイナスなのでは?

今回はご質問についてのシェアをエントリさせていただきます。

テーマはずばり、大豆についてです。

質問

ハーブヨガの食事では 豆乳、大豆をたくさんとるようにとなってますが、子宮内膜症にはエストロゲンとりすぎは病気を進行させてしまいますよね。
私はまだハーブヨガでは 体質改善クラスは運営しておりませんが、子宮内膜症のかたの、イソフラボンの上限とかは大丈夫なのかいつも気になってました。・植物性のイソフラボンはむしろ良い
・イソフラボンは子宮内膜症には良くないイソフラボンがエストロゲンとして体内で働く体質の人と、そうでない人がいるとのことで、それを調べる検査もあるとのことですが。

子宮内膜症のかたのは、私も含めてたくさんいらっしゃいます。

これからクラスで体質改善するときに、 国際ハーブヨガ協会認定セラピストとしては、どのような形で指導をして行けば良いですか?

検査も出来るので、それも教えてあげたり、私個人としては考えてますが、大豆と子宮内膜症についてのご意見頂戴いたしたく、お忙しいとは存じ上げておりますが、ご返答宜しくお願いいたします。

 

非常に素晴らしい視点です。

食事についての原則論から解説していきましょう。

結論からいうと、豆類や豆乳の摂取におけるイソフラボンの上限についてハーブヨガの食事の習慣で指導している範囲については心配する必要はないと考えます。

詳細は以下で解説しています。

1.食事と体の関係:

まず、一番最初に示したい、ハーブヨガの食事に対する考え方は「現代の人間の理解を越えたところにある」というものです。

こちらについて、これまでの資料やテキストなどでは、科学的なデータに基づいて解説しておりました。

しかし、私たちの近年の観察と実践により、それらは必ずしも常に当てはまるものではないという考え方に至りました。

その意味では、食事についての記述は刷新していきたいと考えているところです。

私達の体は一人一人異なっていて、強度の大きい投薬(またはそれに類似する製品)のような形以外で食物を摂取した場合、その食品の体への現れ方は千差万別です。

西洋医学的な視点から言えば、近年、2014年以降特に、一人一人の腸内細菌叢(腸内フローラ)というものが注目されています。

これは、同じ食品を摂取しても、一人ひとり異なった結果を産むということを証明しているようです。

何かを食べるとそれが直接反映されるということはない、ということを食事指導の前に覚えておいて下さい。

あるいは、これを裏付けるものとして、森美智代さんの「「食べない」生き方」という書籍があります。

彼女は一日に生ジュース一杯のみしか食べていませんが、普通に活動し、顔の血色も非常に良好です。

カロリーがほぼゼロの食品を食べても栄養失調になるわけではないことが、彼女の体を通じて示されてもいます。

 

また、これと同じことはヨガなどの行者の例としても示されています。

森さんの例は非常に極端な例ですが、体内でどのように発現するかには個人差があります。

また、森さんのような人が世界中に存在しているということも近年、特に注目されています。

このようなレベルの話になると、大豆イソフラボンが「いい」「わるい」という次元を超えている考え方がそもそも必要になると思います。

ですから、食事の成分がこういう結果を産むというこれまでの科学のデータの扱い方自体が現在、見直されつつあるとも言い換えられます。

カルシウムが50年前はもてはやされましたが、現在、カルシウムだけを摂取するのでは骨粗しょう症にとってむしろマイナスな位だという説も注目されています。

イソフラボンに関する現在のデータもいつ覆されるか分からないというのが実情だと考えております。

2. 科学的な視点から考えると?

しかし、あくまで科学的にも検証したいと思います。

それでは、大豆をどれぐらい取れば良いのかについて科学的な知見から解説します。

まず、厚生省管轄の食品安全委員会では大豆イソフラボンの安全摂取量として、1日あたり上限摂取量は70~75mgと定めています。

これがどのような見解から来ているかというと、政府の公式文書「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の 安全性評価の基本的な考え方」の51ページ目にあります。

「海外(イタリア)において、閉経後女性を対象に大豆イソフラボン錠剤を 150 ㎎/ 日、5 年間、摂取し続けた試験において、子宮内膜増殖症の発症が摂取群で有意に高 かったことから、大豆イソフラボン 150 ㎎/日はヒトにおける健康被害の発現が懸念 される「影響量」と考えられる。

出典: http://www.fsc.go.jp/iken-bosyu/pc_isoflavone180309_4.pdf

おそらくはこれが「エストロゲンは子宮内膜症を悪化させる」の遠因になったと思われます(※注1)。

ハーブヨガで強調している豆類の食べ方は豆乳と豆料理を食べることですが、豆乳200mlに含まれるイソフラボン量は約40mgとなります

(メーカーによって異なります。詳細は: http://midnightcafe.main.jp/soymilk.php)。

これ以外に豆製品を食べると2倍程度、70~80mgになると思います。

ただし、これらの食品のイソフラボンは「グリコシド型」という消化されにくいものですので、実質的にはその半量程度、つまり、40mgになるでしょう。

また、たとえ、腸内細菌叢がイソフラボンの分解に非常に長けていたとしても、摂取できるのは70~80mgとなります。

このように「科学的な視点」から見ても、ハーブヨガで指導する範囲の大豆の摂取量はそれほど心配はいらないと思います。

ただし、そもそもの算出値のデータ元であるイタリア人女性の実験には大きな疑問があります。

それはイタリア人女性と日本人女性では食生活、特に肉類や乳製品の摂取が全く異なるという点です。

これを日本人女性にそのまま当てはめることにも疑問が残ります。

3.ハーブヨガの視点から考えると?

次に、ハーブヨガの背景となる東洋の視点から考えます。

ハーブヨガでは、観想が最も大切な方法であると考えます。

豆というのは、胎児や腎臓を想起させる食品と昔から言われております。

また、アーユルヴェーダでも、豆の持つエネルギーは丹田の位置を活性化するといわれています。

また、豆は、大地を肥やす植物として、地球自体を豊かにしてくれています。

(自然農法や自然栽培でも、土地を豊かにするために活躍しているのが豆類です。)

ハーブヨガではこれの観想や、そもそもの豆の持つエネルギーこそを私たちは魂全体で食べることに意味があると考えます。

それが潜在意識に働きかけ、自然治癒力やエロスを刺激すると考えるからです。

 

また、自分自身の体や、これまでの指導経験での数多くの女性たちが安全に体質改善と女性性を開花させてきたのも、豆をこれまでの習慣より多く取る習慣を作ることによるものと私自身は考えております。

また、東洋の原則論から言えば、豆乳や豆製品は陰性の食べ物ですので、運動も何もしない人が食べ続けると体を冷やす原因になると考えます。

その場合、子宮内膜症や生理痛のような体内の冷えが原因となる症状が出る可能性もあると考えます。

この冷えをできるだけ除外するために、ハーブヨガを毎日のように行い、冷えの撃退に勤めれば、ハーブヨガでは豆製品や豆乳の摂取は問題とないと考えます。

つまり、そもそも東洋においては食事法だけで完結するものはないのです。

 

例えば、マクロビオティックでさえも、実際には導引(気功法)を行うのが本流です。

ただし、ハーブヨガでは体と対話することはとても大事なことだと考えます。

できるだけ毎日、ハーブヨガを行い、体を冷やさないように食生活を心がけ、乳製品の摂取について意識を払い、日々のストレスの管理を行い、それでも重い生理痛が毎月あるようであれば、その時に初めて、豆乳や豆製品の習慣を見直すのも良いと思います。

もともと低体温症である場合には、そもそもの筋肉量が少ないのですから、歩くことや、体を鍛えることが求められます。

4.結論としては?

あくまでも、現在の科学で実証されていることとは別問題として、ハーブヨガの習慣に、豆類の摂取は欠かせません。

そして、私たち自身が経験的に確信していることは、恐怖心をなくし、感謝して地球を豊かにしてくれている豆科の植物を頂くことは、私たち自身の体を豊かにしてくれるものと信じています。

上記すべての解説から、科学的にも、大豆・豆乳を摂取することに大きな問題はないと考えます。

また、豆類には本当に様々な種類がありますから、いろんな種類を探してみるのも楽しいものです。

※注1:と、いいますか、この実証実験以外に科学的に証明されたものは発見できませんでした。多くがの出典もなしに「イソフラボンの摂り過ぎは危険」と言っているサイトばかりでした。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

ハーブボールを活用することで集中力が鍛えられる【ハーブボールマイスター講座 第10回】

ハーブヨガは体質改善をするためにハタヨガやクンダリーニヨガといったオーソドックスなヨガだけではなく、セラピーの要素を多分に参照して開発されました。

そのため、男性はもちろん、女性でも、子供でも、高齢者でも行うことができるヨガとして成立しています。

『秘伝マルマ ツボ刺激ヨーガ(伊藤武著/講談社アルファ文庫)』や『なぜ人は病気になるのか(上馬場和夫著/出帆新社)』という書籍によれば、(身体観としてみれば)ヨガとは体にあるマルマという生命のツボを活性化させるために存在するとされます。

ヨガのアーサナを行うことでその部位に熱を感じ、エネルギーの流れを感じ、それが体全体を拡散していく感覚をつかみ、最終的には瞑想が深まり、悟りに至るとします。

つまり、ハタヨガであれ何であれ、オーソドックスなヨガの目的としていることは悟りという極限的な心と体の状態なのですね。

しかし、これは体質改善なんていう中途半端なものを目的とした私たちには荷が重過ぎるのではないだろうか?

少なくとも、悟りなんて才能のある人しかたどり着けない境地なのではないか?と私たちは考えました。

本当に悟りのための技法がそのまま多くの人々にとって有益といえるのだろうか?

巷ではヨガの技法が一人歩き的に浸透することによって、教育体系はあいまいになり、不完全なアーサナで怪我をする人も増えています。

特に筋力の衰えてきた高年齢の方や体に柔軟性がない方が、若い男性向けに開発されたアーサナを行うのはなかなかハードルが高いと思います。

それもこれも結局、ハタヨガのアーサナが解脱という究極の状況を目的として作られたものだからなのではないだろうか?ということを2012年の「ハーブヨガでできる」という書籍では扱いました。

はっきり言ってしまえば、食事や生活習慣などの下準備ができていない人が、「これは脂肪燃焼に効くんじゃないだろうか」「腰痛改善に効くんじゃないか」と考えて、フィットネススポーツの感覚で激しいポーズに挑戦してしまうのは恐れ多いことなのだと思います。

もし、ヨガの歴史にリスペクトがあるのなら、自分自身の生活習慣を改め、行動を改めることが先です。

アーサナをとることすらおこがましいと師匠に怒られてしまうでしょう。

しかし、もはやそんな骨のある先生を探すことすら難しいのが今の時代です。

ハーブボールがあるからこそ集中力が深まる

生命力のためのヨガであるハーブヨガは苦行を行わないことを旨としています。

しかし、人間は我慢していた方が「やった感」があるため、どうしてもきついことを漫然と選択しがちです。

そのため何が何でも気持ちよくというのもまた、かなりの工夫が必要なのです。

私たちはハーブヨガを苦行にしないために、助っ人が必要だと考えました。

それがハーブです。

ハーブとは四季折々の自然の恵みそのものが顕現した姿なのです。

ハーブヨガの場合にはTune-inでの香りのハーブ、観察のハーブ、姿勢美法での壁、Kotodama Workでのワークシート、坐法でのハーブボール、リラクゼーションでの楽器、Seeding瞑想での香りのハーブなど、様々なハーブが登場します。

ハーブボールを用いてアーサナをとると、多くの人々がその心と体の変化に驚きます。

確かにハーブボールがあることでアーサナ自体はより集中力を要するものになるにもかかわらず、決して我慢している感覚を得ることがないのです。

これは自然がハーブボール等の形であなたをサポートしてくれる様子をダイレクトに感じられるからだと思います。

例えば、丹田に意識を置いて瞑想し続けるという瞑想をしたとします。

初心者の場合、10分と集中力を持続することは難しいでしょう。

しかし、ハーブボールを丹田に当てるとどうでしょう。

その気持ちよさに10分じゃ足りない、もっと深く心地よい呼吸を続けていたいと思うようになります。

ハーブボールを活用することで、まるでヨガ上級者のように「今、ここに座っていることだけで気持ち良い状態」を形成することができるんですね。

そして、この状態を繰り返していくと、ハーブボールを置かなくても、丹田に意識を払うことが常態化していきます。

結果として、ハーブボールなしでも深い瞑想ができるようになるのです。

上写真:チャクラクレンジング 丹田にハーブボールをあてて体の中心を観想します

 

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

第11回 ハーブヨガのアーサナで神経系・免疫系を鍛えるには?

ハーブヨガでは「観想(かんそう)」というヨガの奥義を活用します。

これは観るように想うこと、であり、「一身に思いをこらす」「物事の本質を見抜く」という意味があります。

ヨガでは観想をサンカルパと呼び、ヨガの魂・真髄とすら表現することもあります。(参照:田原 豊道「ヨーガを始める人のために」)

ハーブヨガでは観想を「現象の本質を捉え、自分がその現象そのものになってしまうこと」と定義しています。その結果、自分が現象そのものとなることによって現実が変化していくのです。

これを観想力といいます。

そのために、アーサナやスパイラルの意味を再現する過程を通じて、観想の力を養っていきます。

例えば、ハーブヨガスパイラルの不死鳥のスパイラルで登場する「羽ばたきのポーズ」では実際に鳥になったように雄大且つ繊細に羽ばたきます。

上図:羽ばたきのポーズ。指先まで神経を行き渡らせる。

その結果、心と体が密接につながり、自分が鳥になって大空を羽ばたいているような感覚すらも得ることができるようになります。

その結果、あなたは自分の内側にある自由を勝ち取る強さやに気づくことができるでしょう。

このように、アーサナの持っている物語が気づきの形で降りてくることにハーブヨガのアーサナの特徴があります。

観想力は免疫系と神経系を癒し、バランスさせる

この観想のプロセスは神経系と免疫系を癒し、バランスさせることに大きく作用します。

我々は通常、心と体を連動させずに生活しています。簡単に言えば嫌々ながらも仕事をしたり、内心、後悔しながら家族生活を営んでいたりしますよね。

それらが蓄積した結果、自律神経失調症等の神経系の疾患が生じることになるんです。また、神経系がおかしくなると、免疫系も連動して、風邪を引きやすくなったりしてしまうんですね。

これらに対処するには、心と身体をつなげるためのトレーニングが第一歩。それが観想という心の状態を現実の体や行動に反映させていく作業なんです。

ハーブヨガでは動きの中に自己や世界との対話を積極的に持ち込んでいます。例えば、肝臓のアーサナの際には、あなたは自分自身の肝臓を思い描き、どんな状況なのかを話しあい、慰め、励ますという作業を行っていきます。

その結果として、神経系も安定し、免疫系もフル稼働することになる。病を敵とせず、茶を出すべき友人として迎え入れることができるようになるのです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。