ハーブヨガのアーサナ研究:脾臓のプラナヤマ

 脾臓の基礎知識

脾臓は左胸下にある器官で、血液の源泉であり、血液循環を司ると考えられています。

脾臓において食べ物の気が抽出され、それが後に血肉になるからです。

脾臓は血管を上に上げる作用があり、血液が血管以外に出ないようにコントロールしています。

脾臓は血液循環をサポートしており、唇にその状態が現れるといわれています。

脾臓はリンパとも密接なかかわりを持ちますので、調整する事で免疫機能のバランスを整えることが出来ます。

内臓の疲れや炎症があると、それをカバーするために脾臓が腫れることがあるからです。

脾臓の場合は肝臓や腎臓の場合とは違って、冷やす事で活動をスムーズにする事ができます。

脾臓のプラナヤマの観想

脾臓を司る感情は「思い」

過度に考えすぎな状態が続くと脾臓の機能が弱まり、免疫機能が悪化するとハーブヨガでは考えます。

或いは、脾臓の機能の低下によって、不眠症や鬱傾向になる等の問題も出てきます。

よって、脾臓を観想する際には、「考えすぎなくていいんだよ」と手をさしのべて、一緒に呼吸を楽しみましょう。

脾臓のプラナヤマの動き

まず、プラナヤマとは体の内と外にあるプラーナ(エネルギー・気)をコントロールする技法です。

この技法では呼吸と観想を用いて、脾臓の位置をゆっくりと沈静化させていきます。

  1. 冷たいタオルをなるべく小さく折って左手でもつ
  2. 脇腹の胸(乳首の位置)とウエストのちょうど間くらいにある脾臓の位置にあてる (※前にずれると胃を冷やすので注意)
  3. 右手は丹田の位置に置き、吸ってお腹をふくらませ吐くときにゆるめる鎮静化の呼吸を行う
  4. 先ほど温めた肝臓と腎臓の位置を使用したタオルでさっと拭く
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:腎臓のアーサナ その1

ハーブヨガの腎臓のアーサナ

腎臓についての基礎知識

腎臓は腰の後ろ側にある一対になった器官です。

東洋医学では『腎』は体を駆け巡る気を蓄え、全てのものの根幹になると考えられています。

これらは体内の水分の代謝や再生産、分泌、そして脳内にも作用を及ぼすといわれています。

東洋思想では腎臓は成長と発展を司るとされ、そのための骨や血液の形成にも大きな影響を及ぼします。

腎は腎臓だけではなく、生殖器をも含む大きな器官として扱われ、主に水(老廃物)を司ります。

これは、腎臓は血液の浄化を促すことからもわかるでしょう。

特に体の老廃物を尿として対外に排出するときに大きな役割を演じています。

一般にたんぱく質を摂取しすぎると腎臓の負担が増すと言われています。

腎臓の動きをスムーズにするには温める事が肝要です。

また、足が冷えると腎臓の機能が低下するとも言われますので、腎臓を強化したい人は足の運動を欠かさずに行うことが重要です。

ハーブヨガで腎臓の調子を整える事で、体内の血液循環を促進させ、体内から冷えを追い出すことが出来ます。

同時に、このことは老廃物を効率よく代謝していく事にもつながるのです。

腎臓のアーサナの観想:

腎臓を司る感情は「恐れ」となります。

そのため恐怖心によって腎機能は低下し、膀胱炎やむくみを引きおるため、恐れの感情をしっかりと見据えておく必要があるとハーブヨガでは考えます。

観想の方法としてはアーサナを行うに先立って、腎臓が何に恐れているのかをTune-inして、そのメッセージを描き出してみよう。

アーサナ中には過度に恐れを感じている腎臓について、「恐れなくてもいいんだよ」と恐れに寄り添う気持ちでアーサナを行います。

腎臓のアーサナの動き

腎臓のセッションは二つの動きで構成されています。

最初にハタヨガの『肩立ち』のポーズを途中まで行います。

このポーズは高ぶっていた神経を落ち着かせ、血流を改善する事で腎機能を向上させます。

このポーズは甲状腺や前立腺、静脈瘤・更年期障害にも効果があります。

その後に脚と背骨を左右にストレッチするポーズを行うことで、腎機能をさらに向上させます。

インストラクション:

  1. 仰向けになった状態で、膝を立てます。
  2.  腹筋と背筋を使って、でん部・腹部を中に浮かせ、肩部分で持ち上がるようにします。
  3.  ハーブボールを両手で持ち、腎臓の位置(腰の辺り)に押し当て、数秒間、固定します。この時、呼吸はゆっくりと行ってください。
  4.  ゆっくりとでん部と腹部を下ろし、深呼吸をします。
  5.  仰向けの姿勢で、両腕を水平方向に持ってきます。最初は左手でハーブボールを持ちましょう。
  6.  左足を上げて、右手で左足を持ちます。柔軟性の問題で難しい場合は、右足の足首でも構いません。
  7.  左足を持ったまま、右方向に体をねじります。同時に左手で腰の部分にハーブボールを押し当てます。
  8.  10~20秒程度数えたら、左側にも同様の動きを繰り返してください。

※心地よくなる程度までストレッチして下さい。決して無理をしないようにして下さい。
※呼吸はゆっくりと瞑想的な気分で行ってください。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

動画でわかるハーブヨガのアーサナ研究:肝臓のアーサナ その1

 肝臓についての基礎知識

肝臓は右の乳下にある大きな臓器です。

肝臓の働きは様々にありますが、まずは腎臓と同時に体の浄化槽としての役割があります。

毒素や老廃物を解毒・分解するために働いています。

食事によってもたらされたアルコールや肉類、そして砂糖などを摂取しすぎると、肝臓の機能を弱める事になると言われています。

また、精神的にストレスが多い環境にさらされていても同様に肝機能は低下していきます。

肝臓は心の臓器と呼ばれ、精神衛生が肝臓の機能に反映されます。

特に怒りをつかさどる器官ですので、肝臓の機能が低下すると短気で怒りっぽくなる等、怒りのコントロールができなくなるとハーブヨガでは考えます。

現代人は過度のストレスや食習慣の悪化によって、この部位を痛める事が多いといわれています。

この部位は温めることによって機能を保全・向上させる事が出来るとハーブヨガでは考えます。

肝臓の観想(※)

まず、中医学の五行説では肝は「怒」の臓器として知られています。

肝臓のアーサナを効果的に行いたい人は、自分自身の肝臓を想像してみましょう。

特に、あなたが怒っているときに、あなたの肝臓がどんな顔をしているかを想像してみましょう。

あなたの中の「怒れる肝臓」をスケッチし、どんなことで怒ってるのかについて書き留めてみるのです。

肝臓のアーサナを行っているときは、肝臓に「怒りをためこまなくていいんだよ」と寄り添って、共感し、話を聞いてあげる気持ちで行います。

この対話する姿勢こそが肝臓を癒す観想の第一歩となるでしょう。

※観想とはアーサナの間にあなたが心がけておくべきビジョンのことです。

 

肝臓のアーサナの動き

行うポーズはハタヨガではシーリング(Sealing)ポーズとも言われ、下半身をロックし、上半身をロックすることで成り立っています。

ハタヨガの解剖学の中でも肝機能の向上に繋がるとされています。

ハーブヨガの場合は上半身をねじって、肝臓の位置に意識を集中させるのが特徴です。

一般的に蓮華座で行うのが理想ではありますが、半蓮華座で構いません。

見た目以上に強度のストレッチを要求しますので、無理をして行ってはいけません。

呼吸はゆっくりと鼻から行いましょう。

肝臓のアーサナのインストラクション

  1.  蓮華座を組みます。
  2.  最初に右腕を後ろに回し、左足のつま先を持ちます。
  3.  左手にハーブボールを持ち、肝臓の位置(右胸の下)に押し当てます。
  4.  呼吸をゆっくりと行い、15秒程度、温圧したら、吐きながら元の位置に手を戻します。
  5.  ハーブボールを右手に持ち替えて、左手を後ろに回し、右足のつま先を持ちます。
  6. 右手のハーブボールを右胸の位置に押し当てます。同様に15秒程度固定します。

※こちらは1セットで十分な効果がありますが、余力がある場合は3セットほど繰り返してください。

※蓮華座をしていて、膝や脚が痛い場合は半蓮華座やあぐらのポーズでも実行できます。

※呼吸を止めないようにして下さい。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

第13回 ハーブヨガで癒やす肝臓・腎臓・脾臓

ハーブヨガは日本の自然療法にも影響を受けて開発されています。自然療法は外側からの手当てで内臓を癒す事に重点を置いています。ハーブヨガはその枠組みを応用し、肝臓、腎臓、秘蔵の調子を整えます。

以下では三つの内臓について東洋医学の面からの解釈をご紹介します。

ハーブヨガにおける腎臓の考え方

腎臓は腰の後ろ側にある一対になった器官です。東洋医学では『腎』は体を駆け巡る気を蓄え、全てのものの根幹になると考えられています。これらは体内の水分の代謝や再生産、分泌、そして脳内にも作用を及ぼすといわれています。

東洋思想では腎臓は成長と発展を司るとされ、そのための骨や血液の形成にも大きな影響を及ぼします。

ハーブヨガで腎臓の調子を整える事で、体内の血液循環を促進させ、体内から冷えを追い出すことが出来ます。同時に、このことは老廃物を効率よく代謝していく事にもつながるのです。

この腎の臓器は婦人科系とも大きく関係を持っており、その部位を温めることによって調子を整えていくことができます。

ハーブヨガでは特に注目するのがこの腎の位置となり、丹田へのアプローチによって状態を整えることができます。


ハーブヨガにおける肝臓の考え方

肝臓は体内の中でも最も大きな機関と呼ばれ、中腹部に大きく位置しています。肝臓は血液を留め、体内のエネルギーの流れを順調にさせる働きがあります。

肝臓は月経などの人間の生命が再生産されるプロセスにも深く関わっており、新陳代謝で主要な役割を演じています。 肝臓の働きは数百種類とまで言われています。

ハーブヨガを行うことで、肝臓の多岐にわたる機能をサポートすることが出来ます。

肝臓を癒やす代表的なものに肝臓のポーズがありますが、それ以外にも様々なアーサナが肝臓に対して働きかけます。

ハーブヨガにおける脾臓の考え方

脾臓は左胸下にある器官で、血液の源泉であり、血液循環を司ると考えられています。脾臓において食べ物の気が抽出され、それが後に血肉になるからです。脾臓は血管を上に上げる作用があり、血液が血管以外に出ないようにコントロールしています。脾臓は血液循環をサポートしています。

脾臓はリンパとも密接なかかわりを持ちますので、調整する事で免疫機能のバランスを整えることが出来ます。自然療法の考え方では、脾臓は冷やす事によって機能が活発なると考えられています。

このように大切な脾臓の状態を整えるために、ハーブヨガでは脾臓のためのアーサナが存在しています。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。