「生理中の心と体を癒す月のハーブヨガ」動画、大きな反響をいただいています

「生理中の心と体を癒す月のハーブヨガ」の動画、大きな反響をいただいています。

これまでにないペースで視聴回数が増えており驚きです。

ありがとうございます!

私たちが月のリズムで巡るハーブヨガの動画4週分を作成し公開するのには大きな目的があるからです。

ただ単に動画をみてハーブヨガを行ってもらうだけが目的ではありません。

ハーブヨガを日本全国に知ってもらおう!

そして日本全国にいる協会のハーブヨガセラピスト達からもっと深いハーブヨガを体験してもらうきっかけを作ろう!

という意図があるのです。

そして、実際に月のハーブヨガの講座にご参加になり、資格取得された場合にはYoutubeの月のハーブヨガ動画の解説欄にて、サロン情報を掲載することも可能です。

月のハーブヨガ4週分の動画は、これまでの私たちの動画の中でも特に愛を込めて制作しておりますから、観ただけでもスムーズに実践していただけるでしょう。

ただし、実際には動画をみただけではハーブヨガクラスで得られるような本物の効果を得るのが難しいというのも本当のところです。

クラスの中でなければ得られない点にハーブヨガの本物の効果と醍醐味があるのです。

それは、魂で共振するということです。

今回の月のハーブヨガというのは名前の通り、月の力に代表される女性性の神秘を解放するために作られています。

幸福になるためのカギ、それは口癖とあらゆる成功法則で伝えられます。

その口癖に代表される言霊の力を使ったヨガの英知がマントラなのです。

私がバンコクでクンダリーニヨガの指導者の学びを受けた時から、マントラの力の凄さに圧倒されました。

そして、昨年のインド修行の旅でも本場インドではマントラのヨガが主だっていることを目にし、やはりマントラの使い方を伝えていかなければならないと感じました。

この月のハーブヨガでは、これまでに公開してきていない高度なメソッドとしてブッダの慈悲の瞑想、マントラ声明(しょうみょう)、マントラと共に行う強いエネルギーワーク、マントラと手遊びの瞑想ワーク、歌と踊りなどなどが各週の中で紹介されていきます。

マントラという音のワークはより繊細な体の中で起こる波を意識する力が要求されます。

体全身が震えるのを感じ、自分自身から発せられる波が細胞の隅々まで響き渡るのを感じます。

また、一緒にマントラを唱える複数の人々とともに、更なる音の共鳴が起こることでそのマントラの持つ言霊のエネルギーが増すのです。

この繊細なマントラワークについては実際に細胞と細胞を震わせる場の中で体験することが大切です。

音という光のシャワーの中で魂が洗い流されるからです。

月のハーブヨガ指導者のためのカリキュラムでは、動画ではご紹介できない、クラスでしか体験できないメソッドの指導法を学びます。

例えば、複数人数でのマントラ倍音の波を感じる方法、歌と踊りをクラスで楽しむ指導法、ヒーリングサークルを生徒さんと一緒に作り、円になって真ん中にいる人を癒すエネルギーワークなどなどです。

ハーブヨガは遊びの中でこそ、力を発揮するものです。

理屈ではなく、一緒に魂を震わせること。

この中に真理に近づくヒントが隠されているのです。

あなた自身がハーブヨガを学びマントラの力を味方につけて光に溢れることで、その光を他者に分け与えて欲しいのです。

言葉の波、歌、踊りによる共振こそがヨガの本質といわれるリラ=遊びなのです。

2018年の下半期からは馬喰町では、ハーブヨガの外国人留学生を受け入れていきます。

その時には、協会会員となったあなたは、世界中から訪れる留学生やお客様たちと国籍や文化背景、言語すらも越えてつながる楽しさを味わっていただけます。

ハーブボールやヨガの知恵とともに、マントラや歌、踊りという遊びを通じて、一緒に魂を震わせませんか?

>>月のハーブヨガカウンセラー&コーチ養成コースはこちら

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。
2018年8月29日 | カテゴリー : News | タグ : | 投稿者 : 国際ハーブヨガ協会による記事

あなたの声もサービスの一部【ヨガ指導・セラピー施術を向上させるクレドサークル 第14回】

今回はクレドベーシックの第14項です。

クレドのベーシック第14条
14.あなたの声は重要なサービスの一部です。丹田に力を入れてから声を出しましょう。声に自信のない人は丹田に手を当てて声を出しましょう。

声についてのクレドですね。

あなたが何かの仕事に取り組んで成長するためには、「一つ一つの仕事の定義づけ」、というのがとても大事になります。

ハーブヨガは非常識なメソッド!?

ハーブヨガのメソッドはある意味、一般的なヨガやボディワークのメソッドの常識から言えば、非常識なものだと講座ではお伝えしています。

だからこそ、ハーブヨガの指導法も非常識なものになっています。

じゃあ、どうして非常識なのかというと、それは一つ一つの要素の定義が一般的なヨガ指導の常識とかけ離れているのです。

今回のテーマである「声」についても同じです。

ハーブヨガの指導法において声はどんな役割をしているのでしょうか?

クレドの中ではサービスとありますが、そもそもサービスとは一体なのでしょうか?

クレドを読み上げたり、目を通したりするたびに、一つ一つの要素の定義を自分なりに考えてみましょう。

サービスという言葉を辞典で調べれば一定の答えはわかると思います。

しかし、それにあなた自身の体験を乗せて考えてみるのです。

あなたの声もサービスの一部

ハーブヨガクラスやハーブボールSPAセラピーの施術におけるサービスとは、生徒さん自身が「自分の人生に恋をしている」ことを実感させるために行う全ての活動です。

生徒さんやクライアントさんを、しっかりと落ち着いた声でガイドするのがセラピストの役割です。

そして、生徒さん・クライアントさんが主役ですので、あなただけが主役であるかのように声を張り上げるような必要はないのです。

生徒さんに「声が聞き取りづらい」「声が落ち着かない」といった感想をもらうことは、ハーブヨガセラピストやハーブボールSPAセラピストとしては、やはり致命的です。

なぜかというと、あなたがハーブヨガを指導する際の声というのは、いわばもう一人のあなたそのもだからです。

香りのTune-inや座法を行っているときは、生徒さんは基本的に目を閉じているか、うすく開いているかという状態ですよね。

つまり、あなたの姿を見ているのではなくて、あなたの声を入念に聞いているのです。

生徒さんのまぶたの裏にあなたを浮かび上がらせるのが、声の役割なのです。

そして、声というのは空気の振動ですから、私たちの持っている波そのものです。

ヨガがありとあらゆる波を制御する方法であることを考えると、声を整えることもまたヨガのもたらす大きな効用なのです。

上図:声は波

 

丹田を鍛えると声に軸ができる

声が聞き取りづらいのは、まぶたの裏に現れるあなたの姿がぼやけていることを表しています。

また、声が落ち着かないというのは、あなたの姿が生徒さんを緊張させていることを表しているのです。

声を鍛えるにはいろいろな方法がありますが、まずはこのクレドにあるように丹田を意識して声を出すようにしましょう。

ちなみに私もヨガを学んでいる時、あるいは、学生の頃、通訳の勉強をしている時も、声が小さい、小さいと何度も言われました。

本当に、しっかり通る声が出せるようになるのか?

と、絶望的にすら感じていました。

しかし、指導を始めてしばらくしたら、そのような心配を一切することはなくなりました。

一つには、活動を通じて、ハラが座ってきたということが挙げられます。

あるいは、ヨガのマントラの技法も大きく役に立ちました。

今でも毎日のヨガの中でマントラは欠かさず行っています。

もう一つには、姿勢美法を通じて丹田を鍛えていった結果だと考えています。

このように、丹田に意識を向けると、不思議なことに雑念や周りのへの配慮から離れて判断ができるようになります。

丹田にはあなたの聖なる中心があり、あなた自身の「いま、ここ」が眠っています。

だからこそ、少し自信のない時、不安がある時、まずは丹田に手を当てて、深く息を履きましょう。

それから、ゆっくりとお腹の奥から声を出すのです。

これは、実際の解剖学的な体のメカニズムに沿ったものになります。

体の軸を整えることで、体という楽器にも軸が通るのです。

また、精神が集中する瞑想的要素を通じてあなたの声に芯が現れるのです。

今日のワークは

丹田に手を当てて、一旦立ち止まってから発言する

を行いましょう。

日常生活の中のどんな瞬間でもOKです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。