小手先の技術だけでは体が継続的に変わることはないということ

小手先の技術だけで体が継続的に変わることはないということ

さらに、私達がアドバイスを即座に与えない理由があります。

それがこの「小手先の技術だけで体が継続的に変わることはない」ということです。

私たちは長年の経験から、ちょっとしたテクニックひとつで私達の体が変わることはないと確信しています。

これは色んな実例を目にすればするほど感じていることですね。

ですから、
「これをやればいいんだよ」とか、
「あれをやればいいんだよ」とか、
「これで全てが解決するんだよ」とか、

小手先で何か解決するなんてことは一つもないと確信しています。

確かに一定期間、体調は良くなる場合もあります。

しかし、結局の所、リバウンドしますし、治ったとしても別の場所に症状や問題が生じます。

なぜ小手先の技術では解決しないのか?

それは心と体と人間関係の習慣に影響しないからです。

では、なにが解決するのかというと、逆のことをすればいいわけですね。

つまり、心と体と人間関係の習慣を変えていくことです。

 

ビジョンとは何か?

そして、その原動力になるのがビジョンの力なのです。

ビジョンの力とはあなたが「何のために生きているのか」というストーリーをひとつひとつ紡いでいく力のことです。

自分がどんな人生を歩みたいのかを常に選択しているのだと確信する力です。

その確信にもとづいて、私達の人生の習慣は取捨選択されていきます。

ビジョンというのはとても奥深いものですし、これを理解することでハーブヨガ指導は更に深みを増しますので、少しだけ解説しましょう。

ビジョンとはあなたの内側にある「私とは何か、どんな存在で、どんな人生を歩んでいくのか」という確信のことです。

どんな人でもビジョンを持って生きています。

しかし、それを自覚している人は非常に少ないと言えます。

「私はこのように生きたいけれど、私の周囲はそれに協力的ではない」と、人生では痛感することが多々ありますよね。

このようにビジョンという自己確信と外部環境との間に齟齬や矛盾が生じた場合、ビジョンを鍛えるためにあなたの心身に症状が現れたり、人間関係にトラブルが起きたりする形で試練が現れます。

あなたに起こる全ての事象、それは日常的な痛みであるとか、違和感であるとか、そういった身近なものの中にビジョンがあるのです。

そして、

「このビジョンは私の物語の中で一体、どんな役割をしているんだろう」
「じゃあこのビジョンは私の物語の中で一体どんな役割をしているんだろう」
「私の苦境っていうのはどんなクライマックスを迎えるためにあるんだろう」

と自問自答して、その結果を行動の形で示すのです。

人生というのは様々な要因が複雑に絡み合っているように見えますが、逆に言うととてもシンプルにできていて、一定のストーリーラインがあるのです。

それが「私には常に今を良くするサインが与えられている」というビジョンの法則です。

この法則を理解しておけば、自分の力で人生を選ぶことができるということが分かり、人生にもっと恋をして生きているわけです。

これこそが今の時代に必要な人生を楽しむための科学だと私たちは思います。

 

人間に「絶対」はないということ

症状に応じて、体のこの部分にハーブを当てようとか、これを食べようとか、そういうものだけではどうしても解決できないことは誰の人生においても絶対にあります。

枇杷の葉を使おうが、抗癌剤を使おうが、アロマを使おうが、生ジュースを飲もうが、どんなサプリメントを飲もうが、玄米菜食にしようが、人間の体に「絶対」はありません。

これは古今東西の全ての方法を用いても同じです。

私たちは大きな砂嵐の中にいます。

その時に一部だけを変えたとしても、それは砂嵐の一部分を変えることにしか過ぎないのです。

一部分が変わっても、全体が変わることはなかなかないのです。

あるいは、ホリスティックな方法を変えたとしても、いきなり完全に治ることを保証するなんてことはないのです。

このような理由から、私たちは「この症状はどういったら治りますか」という診断や処方を求める声に直接的な答を伝えることはしないのです。

人間は死ぬ時は死にます。

不運が起きるときには起きます。

タロットカードで死神のカードを一度も引かないなんてことはありません。

そして、だからこそ、私たちは死すらもハーブに変えることができるのです。

本当のハーブヨガはその部分までも射程に入れています。

 

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

どうしようもない怒りをコントロールする魔法の質問【ヨガ指導・セラピー施術を向上させるクレドサークル 第17回】

今回はクレドベーシックの第17項です。

クレドのベーシック第17条
17.お互いに高め合う人々には共通点があります。表裏がないこと。喜ばせ上手・喜び上手であること。本人のいないところで悪口を言わないこと。フラストレーション・怒りの感情をコントロールし、自分そして周囲の学びにつなげられること。ありがとうと頻繁に言えること。自分の非を認めて素直に謝れること。心理ゲームの引き金を引かないこと。

 

これは意思疎通についてのクレドですね。

どうしようもない怒りをコントロールする、魔法の質問

そして、あなたのどのような人間関係の中でも常に心がけたいクレドです。コミュニケーションについては様々な教えがあります。

今回はその中でも

「フラストレーション・怒りの感情をコントロールし、自分そして周囲の学びにつなげられること」

についてお話したいと思います。

ありがとうの言葉を言えることはとても大事です。

人生の習慣として間違いないものなのですが、しかし、それでも、ありがとうだけを何万弁唱えても、自分自身の不安や怒りをコントロールすることにはつながらないと感じています。

それはなぜかというと、怒りや不安の感情をコントロールするということは「ありがとう」とはまた別の筋肉を鍛えることだからです。

怒りや不安の感情とは私達の生存本能と大きく関わっています。

何か危険を察知して、それを怖いと思ったり、戦おうと怒りを感じたりするのは爬虫類の脳が反応している部分です。

 

この「戦うか、逃げるか」という選択肢は生き物としてとても基本的な反応です。

普通にしていたら怒りから逃れることはとても難しいのです。

結果として、怒りや恐れにのっとった生き方を知らず知らずのうちにしてしまうのです。

爬虫類と同じ生き方じゃあ、イヤですよね。

この脳の持つ本能ために、人間は争いをずっと繰り返してきました。

じゃあ、そのいかんともしがたい本能の欲求をコントロールするにはどうしたらいいのか?

それは以下の魔法の質問が解消してくれます。

「この怒りや不満の経験は、私という存在を通じて表れ、世界に何を教えてくれているのだろう?」

というもの。

こう考えると、自分自身の状況を客観視し、荒くなっていた呼吸が整えられていきます。

そして、この怒りの感情は、私のためだけでなく、世界のためだと理解することで今起こってる状況について、よりシビアに観察できるようになります。

潜在意識の海から答えを拾う方法

私達の場合も何か困った自体が起こったら、まずは一息ついて、それから

『これは、世界にとってどんな意味があるのだろうか?』

という質問をします。

世界は大きな潜在意識の海です。

今自分に起きている感情は、誰かにとっても意味のある感情です。

この感情について、世界中の多くの人が浄化を求めている。

そして、そのカギを握るのが今、私がこの感情の意味を知ることなのだ。

すると自分の身近な人たちの苦しみや悲しみ、怒りや不満にも気づくことができます。

そして、「あぁ、なるほど生徒さんたちにもこの視点が必要だったんだ。今この地点で私達がつまづいたことにも大きな意味があったんだ。」と分かるのです。

  • 子供の疾患が収まらなかったり、
  • 自分自身がうまくスケジュール管理できなかったり、
  • 法的な側面から業務を整理をしたり
  • 生徒さんがリピートしてくれなかったり、

私達が経験した全てのトラブルや悩みは、今、こうして皆さんにお伝えするために存在していたのです。

 

そんなわけで、今日のワークは皆さんが何か困ったことに直面した時、

「この怒りや不満の経験は、私という存在を通じて表れ、世界に何を教えてくれているのだろう?」

と自問して下さい。

まずは丹田に手を当てて呼吸を整えてから行うとさらにGoodです。

もし、なかなかうまくいかない人はタロットカードの星のカードにTune-inするとよいでしょう。

あなたにインスピレーションを与えてくれます。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

人生の主人公を生きるということ【ヨガ指導・セラピー施術を向上させるクレドサークル 第4回】

クレドベーシックの第4項

本日のクレドサークルのお題は、クレドベーシックの第3項について。

本日はクレドベーシックの第二条について解説していきます。

これは会員という言葉を使っていますが、「ハーブヨガを実践される方」と捉えていただければと思います。

クレドのベーシック第4条
4.協会会員へのお約束は国際ハーブヨガ協会の活動環境の基盤です。全ての会員がこれを尊重します

この中で扱われているお約束というのは、

協会会員へのお約束:
国際ハーブヨガ協会ではミッションを実現する上で人生の主役である会員たちが最も大切な財産です。協会は会員たちが充実した生活を深め、個人の志を尊重し、『人生への恋』を促すような活動環境を育みます。

というものです。

本日のテーマは「人生の主役である」という部分について扱います。

人生の主役であるとはどんなことなの?

まず、主役として、というのは、脇役としてではない、という意味です。

物語における「脇役」というのは何かというと、基本的に役割が一つしかない存在です。

そして、その役割というのは他者(環境)から与えられたものを演じるだけなのが特徴です。

つまり、人生の主役であるというのは、他者の思惑にしたがって人生を歩まないということを意味しています。

この「主役として歩く」というのは平坦な道を歩くこととは大きく異なっています。

タロットカードにおけるゼロ番目の「愚者」のように主人公は勇み足で冒険の旅に出ますが、

必ず壁にぶつかり、苦悩し、時に絶望したり、道を見失います。

しかし、それでも主人公は必ず人生に帰還し、自分の役割を見出して活躍を続けていくのです。

あなたが人生の主役であることを引き受けることは、平穏無事なだけの毎日を捨てることでもあるのです。

主人公である国際ハーブヨガ協会の会員の皆さんも、サロンワークを始めていけば苦悩や動揺に直面することがあるでしょう。

いや、必ずあります。

苦悩も動揺もしないというのは、それ以上、その人は成長しないということなのですから。

国際ハーブヨガ協会を設立したのは、そういった悩める会員がお互いを向上させる場として機能させたいという願いからでもあります。

あるいは、私達夫婦だけではなくて、会員の皆が自分の気づきをシェアする場所にしたいと考えています。

このクレドは協会の性格を的確に表現し、その中で求められる会員の役割を明示するために存在しています。

つまり、会員は「人生を主役として生きる」という冒険に出る仲間たちなのです。

ちょっとしたメールを書いている時も、誰かに挨拶をするときも、自分が主役としてそれを行えているかをチェックしてみましょう。

そして、もしも、自分が主役として今を生きているか分からない場合には、セラピストは自分のためにこそハーブヨガを行います。

ハーブヨガというメソッドは徹頭徹尾、自分の人生を主役として生きることを応援するためのメソッドです。

例えば、Tune-inを通じて五感を取り戻すことにすらも大きな意味があります。

他者から「○○は~~のように感じなければならない」と押し付けられていた仮の世界が音を立てて崩れ落ちるのを感じる人もいるでしょう。

自分自身の感覚を取り戻している状態こそが主人公にまず求められる状態とも言えるのです。

この状態はタロットカードでいえば、太陽のカードの状態にあたりますので、じっくり観察されると実はヨガ指導やセラピー施術も向上します。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。