【Tune-in】ヨガ指導者やセラピストにこそ自然の観察が必須である理由

ヨガ指導者やセラピストにこそ自然の観察が必須である理由

人間の情報は大半が視覚から得られるといわれています。

だからこそ、観察力は指導力の要であるともいえるのです。

しかし、私たちは常に思い込みをもって世界に臨んでいるため、生徒さん・クライアントさんのあるがままを見ることがとても難しいのです。

ともすれば、自分自身の過去に照らし合わせたり、一般的な社会常識を持ち出してみたりなど、生徒さん・クライアントさんを色眼鏡で見てしまいます。

それでは、そもそものメソッド自体も揺らいでしまいますし、生徒さん・クライアントさんに真摯な姿勢で向き合っているとは言えないのです。

「それでは生徒さん・クライアントさんをしっかり観察すればいいじゃないか」と思えはすれど、人間というものはとても強い存在感を持っていますので、なかなか自分自身の感情を動かさずに冷静に観察することは至難のわざなのです。

では、どうすればいいのか?

その答えは、私たちが子供のころに行っていた、自然の観察にありました。

自然に向き合って観察しているとき、私たちは自然から評価されたり、褒められたりしたいとは考えていません。

ただただ、その面白さに夢中になっているだけです。

だからこそ、大人はなかなか気づかないような微妙な変化や面白さを発見することができるのです。

この「夢中」の姿勢こそが、本当は生徒さん・クライアントさんにも発揮されるべき観察力であるともいえるのです。

だからこそ、ハーブヨガ・ハーブボールSPAセラピーではTune-inの姿勢はすべてのセラピストにおいてマストの能力であると伝えています。

そして、私たちは自然の美しさこそに気づくことは、セラピストに大きな示唆を与えます。

なぜかというと、自然の持つ美しさには無理がないからです。

そして、自然に生まれたものは、燃え上がるように育ち、勢力を伸ばしたら、やがては朽ちていき、新しいものが生み出されていきます。

例えば、もみじの新緑が芽生え、きれいな紅葉を見せ、冬の寒々しい空に枝を伸ばしている様子を想像しましょう。

三者三様に美しさをたたえています。

発生・発達・破壊の三つの過程すべてで、美というのものは生まれるからです。

上図:サンドロ・ボッティチェリ『ヴィーナスの誕生』 1486年頃

自然の観察法・対話法としてのTune-inのステップ

自然と対話するにあたって、あなたは全てを把握してやろうなんて思う必要はありません。

あなた自身が「自然」の一部であることを思い出して、肩ひじを張らず、遊ぶように対象に向かいましょう。

書く前に最初にごく簡単な瞑想を行います。

  1. 楽な姿勢で丹田呼吸法をします。まだ慣れていなくて苦しければ、腹式呼吸を行います。
  2. 自分の左手の手首を持って、静かに脈を感じます。
  3. ドクッドクッとその脈を感じながら、静かに呼吸を続けます。
  4. 次第に体は温かくなります。自分のみの周りに温かい層ができていることを感じます。
  5. この段階までできたら、あなたは自然の内側にいることを体感できています。

次に対象の全体をよく観てください。どんな様子ですか?

言葉が内側から湧き上がってくるのを感じてください。

そして、表してください。強そう?弱そう?硬そう?尖っている?丸い?悲しい?楽しそう?神々しい?雄大?女性らしい?

色んな言葉が頭の中を横切るはずです。絵を描く前にそれらをメモするのもいいでしょう。

五感を言葉で表現できるようになることはとても重要です。

(ここから先は対象を必要に応じて、触ってください。最初に出た言葉とどのように違うのかも考えましょう。)

 

描くTune-inのステップ

  • 対象の軸を描いてください。外側のラインではなく、内側のラインを描いてください。曲がっていますか?直線ですか?折れていますか?曲線ですか?
  • 対象の周りに肉をつけてください。
  • 対象の中心点を探してください。バランスを保っている場所はどこにありますか?
  • 対象の美しいポイントはどこでしょうか?その理由は?
  • 対象のいびつさはどこにあるでしょうか?その味わいは?
  • 対照を見て思い出す人物はいるでしょうか?
  • 絵の周りに文字で感じたこと、思い出したことを自由に描き出していきましょう。

 

Tune-inを鍛える練習問題

01:木を観察し、スケッチを作成しましょう。根っこはどのようになっているかも同様に想像してください。余白に特徴を書き入れてください。

02:野菜を観察して、スケッチを作成しましょう。余白に特徴を書き入れてください。

03:フルーツを観察し、スケッチを作成しましょう。余白に特徴を書き入れてください。

04:街へ出て、男性を観察して、そのイラストを描いてください。その人の視線、姿勢なども再現してください。余白に特徴を書き入れてください。

05:街へ出て、女性を観察して、そのイラストを描いてください。その人の視線、姿勢なども再現してください。余白に特徴を書き入れてください。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

第5回 子どもに戻る「Tune-in」とは?

ハーブヨガは一回のセッションが様々な要素から成り立っています。

そこで、前回まではハーブヨガを学ぶに当たっての心がけを紹介しましたが、今回からはハーブヨガを構成するメソッドについて解説していきましょう。

Tune-inとは何か?

ハーブヨガでは一番最初にTune-in(チューニン)と呼ばれる作業を行います。Tune-inとはラジオのチャンネルを合わせるように、ハーブヨガに適した心と体の波に自分の状態をあわせることを意味しています。

じゃあ、ハーブヨガに適した心と体の波とは何でしょうか?

それは子供のように柔軟で歪みのない心理状態のこと。

その状態に近づくのがこのTune-inの作業なんです。

ハーブヨガは絵を描くプロセスを通じて、子どもに戻ることを加速させます。この子供の心に戻るというプロセスこそが、アーティストが行っていることと同じなのです。

つまり、ハーブヨガのTune-inをあなたが行うということは、あなたの内側に住んでいるアーティストとしての才能を開花させ、好きな時に呼び出せることと同じなのです。

絵を描くTune-inをやってみよう

あなたは毎回のハーブヨガを行うに当たって、花や植物などの自然物を観察し、絵と言葉で感じたままを紙の上に表現していきます。この最大の注意点は『誰の評価も気にしない』ということです。誰かに褒められたいと思ったり、けなされたりしたくないと思ったりしないということ。そのような心理状態ではTune-inを行うことはできないからです。

自然を観察して、その教訓やお説教を拾ってくるのではなく、ただただあるがままを見て、対象と遊ぶことだけに集中します。

最初は中々上手く行かないかもしれないので、以下の枠組みでやってみましょう。

①五感で表現

対象を観察して、その場で感じられた印象を五感で考える。「どんな色や形に見える?」「どんな臭いを感じた?」「どんな音が聞こえそう?」「どんな手触り、重さ?」「どんな味がしそう?」と言った感じで考えて、書き出す。

②深く考えすぎない

書き出した結果についてはそれ以上は深く考えず、眼と手の進むままにイメージや言葉を書き続けること。

③メッセージを読む

Tune-inを何度も続けてそのプロセスに慣れてきたら、対象物の上に大きな吹き出しがあると考えて、『何て言ってる?』と質問してみましょう。

 

どうしてTune-inは五感から入るのか?

ここで、なぜ五感から入るかというと、言葉でメッセージを読み取ろうとすると、どうしても頭でかっちのものになってしまうからなんです。例えば、「みかん」を眺めたとします。すると、人はどういうわけか『自分に必要なこと』を思い出してしまうわけです。

例えば、「オレンジ色は元気の色だから、私は頑張らなきゃいけないんだ!」と言う風に。

すると、得られたメッセージは『とにかく頑張れ』といった、凡庸なものになってしまいます。これは目の前にある自然をそのまま観察するのではなく、「オレンジ色は元気の色」という風に頭で考えるからこんなことがおきてしまいます。

これは単に自分の欲求をみかんを通じて見ているだけです。あなたを癒やすどころか、疲弊させるだけになってしまいます。こんな風に頭でっかちの状態じゃ自分を解放することはできないし、ストレスはずっとこもったままになってしまいます。

それ以外にも、人によっては自分に都合のいいメッセージだけを受け取ろうとしてしまいます。例えば、自分の知識をひけらかすような言葉を言ってみたり。

でも、それじゃ駄目ですよね。

この作業はあなたの無意識に降りるためのスイッチを押す作業。

だから、まずは対象の面白さを発見して、子どもに帰って一緒に遊びましょう。

花言葉だとか、色の科学的な意味なんてものは大人の発想です。ここでは一切、忘れてしまいましょう。

 

描くTune-inを行う際の注意点:無理をしない

絵を描くに当たって、上手い下手は関係がありません。正解もありません。何かに気づくかどうかについても気にしなくて大丈夫。気付きがないのならそれで上等です。それこそが素晴らしいのです。あなたは書きたいから書く。そして、書きたい意欲が湧かない時にはただ対面していればいいんです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。