大好きなヨガを深めたい。

ヨガを深めることで、スピリチュアルな世界をもっと味わいたい。

自分自身の魂と対話するような瞬間が、ヨガを通じてならできるんじゃないだろうか?

でも、一般的なヨガの学びではなにか足りない気がする…。

そんな思いで、あなたはこのページに辿り着いたのではないでしょうか?

ようこそ、いらっしゃいました!

私は宗 冨美江(むね ふみえ)と申します。

私は夫の宗健太郎と夫婦でハーブヨガという新しいスタイルのヨガを開発・指導し、2009年よりヨガの指導者養成講座をはじめました。

これまでにたくさんの書籍を出版し、現在では日本人だけでなく、外国人の実践者もたくさんいます。

※英語でのハーブヨガのインタビュー動画は上の画像をクリックしてみてくださいね!

私たちは長年のヨガ指導者を育成する経験の中で気づいたことをYouTubeでシェアしています。

その中でも、以下の「ヨガインストラクターになってはいけない」という動画がありがいたいことに沢山の方に見ていただいています。

この動画、正直言って、プチ炎上しているといってもいいぐらい、賛否両論を頂いています(笑)

「ヨガインストラクターになってはないけない!」なんて言うんじゃない!

なんて見識のある方から反感をいただくこともしばしばです。

確かにその通りかもしれません。

あなたがもしも気分を悪くされたなら、ごめんなさい。

でも、反感を買うようなことを敢えて言っているのにも理由があるんです。

それはただアーサナだけをしているだけでは決してスピリチュアルな力を身につけたり、それを通じて世界と対話したりすることはできないからです。

ヨガの目的って何だろう?

それでは、一緒に考えていきましょう。

あなたにとってヨガの目的って何でしょうか?

あなたはヨガを通じて、何を得たいのでしょうか?

柔軟でしなやかな美しい体でしょうか?

ストレスを解消して淀みのない心を手に入れることでしょうか?

 

確かにそのとおりだと私も思います。

ヨガを行うことで美しくなる。

ヨガを行うことでしなやかな精神が手に入る。

そのとおりです。

でも、それだけはないと私は考えています。

ヨガを行うことで、不思議な世界、スピリチュアルな世界をもっと堪能できる。

私は敢えてそう伝えたいと思います。

ヨガを通じて私たちは自分の見えない世界とつながることができるのです。

はっきり言うなら、ヨガを通じて、森や、木や、石や、神社仏閣の精霊や、仏像や、空間の気と対話できる能力が身につくということです。

え!?

自然と対話する?

神様や仏像と対話する?

そんなの怪しい!

怪しすぎる!

そんなふうに思ってしまうかしれません。

たしかにそうです。

普通のヨガ指導者はそんなことを教えられません。

現代の欧米から輸入された形だけのヨガとスピリチュアルな本物のヨガとは似て非なるものになっているからです。

欧米からスポーツの一種として日本に導入されヨガとして普及しているものの多くのは、単なる運動としてのヨガです。

それらの形だけのヨガ運動ではヨガ本来の目的を達成できないと考えているのです。

私たちが敢えてこんな「怪しい」ことを言う理由

実を言うと、これは別段、怪しい話ではありません。

ヨガの第一の聖典であるヨガーストラの冒頭で「ヨガとは自我(見るもの)と世界(見られるもの)とをつなげることである」と解説しています。

つまり、ヨガを行うということは世界のありとあらゆるものと対話することと言えるんです。

運動やストレス解消だけを目的にしているものは、実質的にはヨガのメソッドを借りているだけであって、ヨガそのものではないんです。

しかし、それでもです。

私たちの内側には色んな声がうずまきました。

「こんなこと言ってもいいんだろうか?」

「誰も理解してくれないんじゃないだろうか?」

「魂とつながるなんて怪しすぎるんだろうか?」

ですから、目に見えない世界とつながることがヨガなんだと声を上げるのには大きな勇気がいりました。

そんなことは自分だけが楽しんでいればいいんだと思っていました。

しかし、私達がヨガを教えると以下のような声を次々に頂いてきたのです。

本当にたくさんの方が奇跡的なエピソードを伝えてくださいました。

  • 諦めていたのに妊娠できた
  • パートナーとの関係が修復された
  • 自分に自信を持って発言できるようになった
  • 手術するはずだったガンが治癒していた

こんな心と体と関係性が変化した!という声を毎日のように頂いています。

なぜこのような現象が実際に起こるのか私達も当初は驚きました。

でも実は、人間を超えた目に見えない不思議な世界と対話する姿勢があるからこそ、劇的な体質改善・人生改善は達成されるのだと今では確信しているのです。

私たちがそれでもこの智恵をあなたとシェアしたい理由

30年と4ヶ月続いた平成も終わり、元号は令和と移り変わりました。

多くの未来学者がこれからの30年で人類はこれまで以上の変革に立たされると説いています。

私たちも日本は特に大きな変化が現れざるを得ないと確信しています。

これまで私たちが当たり前だと思っていた家族像も、仕事像も、性別像も一気に崩れ変わっていく30年間です。

その時代に対応したヨガを伝えたい!

そこで、これまで行ってこなかったまったく新しい枠組みでヨガを伝えていこうと決意しました。

それは見えない世界とつながるためのヨガ。

そして、不思議な世界と対話するためのヨガです。

怪しい?

怖い?

漫画みたい?

昔ばなしみたい?

でも、何より面白そうでしょ?

そう、不思議な世界というのは文句なしに面白いんです。

子どものようにどきどき、わくわくして、世界と向き合うことができます。

そして、対話法さえ分かれば、どんな人でも世界中のもののけと遊ぶことができるんです。

以下では私たちが提唱する、新しい時代のためのヨガを大笑いしながら体験するプログラムをご紹介します。

まずはお読み頂ければ幸いです!

[mv_include id=’17675′]
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で