【最新版】実話から学ぶヨガ資格の落とし穴【炎上覚悟のタブー抜き動画で解説】

2018年11月27日

こんな思いを抱いてあなたはこのページに辿り着いたのではないですか?

  • 仕事にできるヨガ資格はどんなもの?
  • 取って意味のあるヨガ資格って?
  • 受講料の元が取れるヨガ資格ってあるの?
  • 妊娠・出産育児中でもヨガ資格を活用できるの?
  • ヨガ資格を取ったら結婚生活を充実させることもできるの?

私は宗 冨美江(むね ふみえ)と申します。

2008年に南国タイにてヨガを教える仕事を始め、現在では日本と世界中でヨガ指導をしています。

これまでの10年間で数百人のヨガ指導者を育ててきました。

Amazon女性と仕事部門でランキング1位を取得した「女たちよ、今すぐヨガを教えなさい!」の著者でもあります。

そんな私があえてあなたに申します。

「ヨガインストラクターになってはいけません」

なぜならヨガインストラクターという職種は近い未来に9割が消滅する職業だからです。

その理由は何なのかというと急速なIT化がヨガ業界にも、もっともっと浸透していくからです。

簡単に言えば、映像でその人にあったスタイルのヨガが無料で学べる時代になっているからです。

かといってヨガ自体が古くなったのではありません。

ヨガインストラクターという教え方のスタイルが古くなっただけ。

つい7年前には浸透していなかったスマホでYouTubeをつければ世界中の一流の先生のクラスを無料で閲覧できる時代になっています。

そう、時代は過渡期。

何もかもが変わりました。

ヨガ業界には今、ちょんまげをつけてた江戸時代から明治維新で洋服に着替える位の改革が起きているのです。

逆に言うと、IT化のおかげでヨガ自体の素晴らしさも広まり、ヨガへの需要はますます高まっています。

しかし、それは新しい時代のヨガ指導というものでなくてはなりません。

むしろ、これまでのエアロビクススタイルの延長線にあった健康美容目的のみのヨガクラスから、

人間関係や仕事の悩み、結婚や子育ての悩みなどに対応する人生の本質に迫る本来のヨガへと需要がシフトしているのです。

これは、ここ10年間のヨガ業界の移り変わりを第一線で目の当りにしてきた私だからこそ言えることです。

もし、あなたが新時代にピタッとはまるヨガ指導を身に着けることができたなら、これまでの時代では考えられないような現実が叶うのです。

そして、あなたが新しい時代のヨガの指導法を身に着けたなら、

あなたは結婚生活をより実りあるものにするパートナーシップを構築し、

未来に飛躍する子育ての秘訣を手に入れ、

自分自身の美と健康を揺るぎないものにし、

自分自身のいくつもの才能を仕事にして成果を出しながら

世界中で志を同じくする素晴らしい人々に求められ

おばあちゃんになっても愛されながら冒険を続ける生き方を始めることになります。

「そんなこと、できるはずがない!」

そう言いますか?

でも、私たち夫婦を始めとする多くの女性たちとその家族は既に新しい生き方への一歩を踏み出しています。

そして、時代は確実にあなたに追い風を吹かせているのです!

ただし、あなたが大人数の前でキレイなお手本と号令をかけるだけのヨガインストラクターを目指し続けるのならそれは無理です。

だからこそ私はあなたにヨガ資格の落とし穴がどこにあるのかをお伝えします。

そして、その落とし穴に何度もはまりながらも、それを克服して、新しい道を切り開いてきた私の歩みをお伝えします。

ヨガ資格の落とし穴:ヨガインストラクターになってはいけない

まずあなたに叩き込まなければならないことがあります。

ヨガを教えて女性としてハッピーになるには、ヨガインストラクターにはならないとハラの底から誓うことです。

そのためにこの動画をご覧ください。

ヨガインストラクターではなくて、今この時代にあなたが目指すべきヨガ指導の新しい三つの在り方をお伝えしています。

ヨガ資格の落とし穴:「優等生仮面」多くの先生たちがヨガ指導をやめてしまう本当の理由

これから多くのヨガの先生たちがヨガ指導をやめてしまう理由についてお伝えします。

「こんなに苦しくなるんならもういいや!ヨガを教えることなんて自分には向いていなかったんだ・・・」

そういってヨガを教えることをやめてしまう女性たちをたくさん見てきました。

じゃあ、その理由はというと、

「ヨガを教えているんだから、素晴らしい人間でなくてはならない」

というプレッシャーに押しつぶされてしまうことなんです。

意外ですよね。

場合によっては、ヨガを教えるどころか、ヨガ自体の習慣もやめてしまう人がたくさんいます。

せっかく運命を感じてヨガに出会ったのに、なんと、もったいないことでしょう。

私たちはそんな方に出会う度に、『自分自身を縛る鎖をほどいていいんだよ』と伝えてきました。

そして、その鎖をほどくというプロセスにこそ、偉大なヨガの教えがあるのだと私たちは伝えているのです。

ヨガは心と体と関係性に波及する偉大な実践です。

そのため、ヨガを真剣に教えようとすればするほど、自分を律する気持ちが強くなるものです。

勿論、その自分を律する姿勢は素晴らしいものです。

しかし、ときにその姿勢は自分を縛る鎖に変わってしまうのです。

ヨガを教えようとしてもできない。

ヨガを教えているけれど、息苦しい。

もっと頑張らねば・・・

でも辛い・・・!

そんな気持ちを持ち始めた方に、是非とも見てもらいたい動画です。

これをみれば、悩むからこそもっと成長できるチャンスがあると分かるはずです!

女性として輝く新しい時代のヨガ資格とは?

さて、これから先には女性として輝くための新しい時代のヨガについてお伝えします

ストレッチ運動としてのヨガを教える資格が欲しいという方はこれから先を読む必要はありません。

ヨガを学んで女性として輝く生き方がしたいという方だけに読むことを許可します。

私たちは、これからの時代に女性が輝くためのヨガを模索し続けた結果、オリジナルのハーブヨガというメソッドを開発し指導しています。

これまでに数万人がハーブヨガを体験し、数百人を指導者養成講座で指導してきました。

「おやおや、やっぱり、オリジナルメソッドの宣伝ですか」

確かにそういわれても無理はありません。

それでも、女性としての人生を最高に楽しく過ごすのであれば、ハーブヨガを紹介するしかないと私は断言できます。

なぜならこれまでのヨガは私たち女性の心・体・関係性の悩みに答えてくれなかったからなんです。

ヨガ自体が男性の男性のためのメソッドとして古来から伝えられてきたものだったからなんです。

現代においてヨガ実践者の8割以上が女性だという点からいうと大変意外なのですがそれが真実です。

私は世界中を旅し、世界中でヨガを学んできましたが、女性の人生で直面するリアルなお悩みに答えを出してくれるヨガに出会ったことがないのです。

多くは古代のメソッドの焼き直しか、バレエやストレッチ運動の延長線にあるのものばかりです。

確かにメソッドとしては素晴らしいと感じますが、女性の人生全体を応援できるとはいいがたいヨガがたくさんあると感じています。

だから、古今東西のあらゆるメソッドを再編成して、ハーブという自然の恵みとヨガを掛け算したハーブヨガを開発したのです。

一般的なヨガ資格は女性の悩みに答えてくれない!

私は10年間、ハーブヨガの指導にまさに手探り状態の中で取り組んできました。

「また流産してしまいました。先生、私はどうすればいいですか?」

「乳がんが見つかりました。何かできることはありますか?」

私はこんなふうに目の前で悩んでいる女性と一緒に足掻きながら答えを見つけてきました。

その結果このような声を頂いてきました。

「長年の不妊治療を卒業し、赤ちゃんを授かることができました」
「卵巣嚢腫を治癒することができました」

「乳がんを手術する前に治癒させることが出来ました。」
「別居していた夫と仲直りし、家族一緒に暮らせるようになり幸せを感じています」
「母親との確執を解消し親子の絆を作ることができました」
「目標もなく生きてきた自分がハーブヨガを始めたことで様々な感情や熱意を内側に持っていたことを知り今は行動できる喜びを味わっています」

実際のところ、こんなにも沢山の体験談をいただけるとは思ってもみませんでした。

始めはハーブヨガで体質が変えられるという喜び、そして、体質を変えれば毎日がもっと楽しくなることをお伝えしたかったのです。

とにかく、来るもの拒まずどんなお悩みでも聴きました。

もちろん、私自身、初めて直面するお悩みばかりです。

しかし、いくら頑張ってもヨガや古代の自然療法の技術やテクニックだけでは答えが出せませんでした。

場合によっては、ヨガ技術は、現代の女性が求めている答えとは真逆になってしまうことすら目の当りにしてきたのです。

その意味で私の学んだヨガ資格やあるいはその原典となるいかなる書籍も、答えを教えてくれませんでした。

なぜなら、古代の男性のための悟りの知恵であるヨガは現代女性の恋愛・結婚生活・仕事や人間関係の悩みへの答えなど出してくれないからなのです。

女性の人生全体を扱えるホリスティックなヨガ

生徒さんの体質改善を応援する過程で、体質とは、心と体と関係性とに深く結びついており、絡まり合った糸をほぐしていかなければならないと分かったのです。

お母さんが夫婦問題で悩んでいる時、仕事のことで頭がいっぱいの時に、子供が喘息を発症しているケースにも多く遭遇しました。

人間関係の中にある葛藤やその人の仕事や生きがいにかける情熱の背後にあるものにまで触れなければ答えは出ないことを学んでいったのです。

子供が欲しいと悩む方にはまずは体を変えるだけではなくて、心にも向き合ってもらってきました。

自分の人生を生きること、夫婦でいる意味について理解してもらうことなどをワークを通じて内面と対話してもらうのです。

卵巣嚢腫に悩む方には女性としてどんな生き方が理想なのかを問いかけること、その方の情熱に火をつけることも体質改善と同時に行うのです。

このようにヨガのアーサナや姿勢改善のエクササイズ、食事療法のアドバイスと並んで、生き方への問いかけを行うことで劇的な結果を出すお手伝いをしてきたのです。

このようにただのストレッチ運動としてのヨガではなく、生徒さんの人生全体を応援できるヨガとしてハーブヨガは成立したのです。

女性の悩みに寄り添い、女性の人生を輝かせるヨガ資格講座を始めよう

指導を続けるうちに、ハーブヨガの教えを私だけが伝えているのでは限界がある!と感じるようになりました。

世界中にハーブヨガでもっと毎日を楽しく生きられる女性とその家族がたくさんいるからです。

そこで、女性の悩みに寄り添い、女性の人生を輝かせるためのヨガ資格講座を開始したのです。

そして、この養成講座を通じて、沢山の女性たちが人生を変えてきました。

メディアに登場される方、自分自身のサロンを開かれる方、海外でハーブヨガを指導する方。

沢山の女性たちが活躍しています。

この女性の人生全てを祝うためのヨガであるハーブヨガはハーブヨガアカデミーという枠組みの中で学ぶことができます。

毎回、5~8名までの少人数制で、集中的に指導技術・運営技術を身に着けることができます。

さらに、現在では女性の人生全体を癒し、輝かせる100種類の瞑想法を身に着ける枠組みを用意しました。

通信講座と通学講座を掛け算することで、一般的なヨガ講師養成講座ではまず考えられないような枠組みを非常にリーズナブルな受講料で学べます。

あなたも是非、ハーブヨガの技法を学んで、女性として人生を輝かせる一歩を歩んでもらえれば光栄に思っています。

>>「読むだけで人生が変わる」ハーブヨガアカデミーはこちらのページからどうぞ!

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で