ヨガの知恵を深めていく中で、次の2つの質問について考えてほしいのです。

あなたはヨガをわくわくしながら日常に活かせていますか?

そして、ヨガをわくわくしながら教えているでしょうか?

「いいえ、まだまだ日常生活の中では使えていないな」

「資格を取得したけど、教え始めていないな」

「本当に満足の行く形では教えられていないな」

もし、そんなふうに思われているなら、是非この記事をお読みください。

ここでは、ヨガの学びを一生の財産として日常で活かす具体的な方法をお伝えします。

これからヨガを深め、いつかはライフワークにしたい方は必見のないようです。

私は宗 冨美江(むね ふみえ)と申します。

私は2008年よりヨガ指導者として活動を始め11年以上続けながら尚、ヨガ指導の面白さを新鮮に実感しライフワークとして続けています。

しかし、それにもかかわらず同じころにヨガ資格の勉強をしていた仲間たちの大半はまだヨガ指導を始めてすらいないのが現状です。

人に教えられるように学ぼうと思ったヨガ資格なのに自分のためにすら使えなくなってしまう人も多いのです。

ヨガを深めヨがの学びを人生に活かし切ってほしい。それが私の願いです。

 

だからこそ、あなたにヨガ資格の落とし穴にはまらないでほしいとお伝えしたいのです。

ヨガ資格の落とし穴とは?

誰も教えてはくれないヨガ資格の落とし穴

実はあなたの前に立ちはだかっている大きな壁、あるいは大きな落とし穴があります。

それは何だと思いますか?

それはヨガクラスという枠組みです。

ヨガ資格をとっても満足の行く活動ができない理由、それは多くの人がヨガクラスという枠組みに縛られるからなのです。

「ヨガクラスをしっかり指導できなきゃ意味がないでしょ?」

確かにヨガを学ぶと言ったら、ヨガクラスと思う人も多いと思います。

実際に多くの人がヨガクラスを通じて、ヨガの実技に触れるのですから無理はないことかもしれません。

しかし、あなたがヨガ資格を無駄にしたくないのなら、このような考えにとらわれないで欲しいと思うのです。

お願いです!

あなたのヨガをヨガクラスだけに閉じ込めないでください!

「えぇー、でも、ヨガクラスがなければヨガを教えることができないじゃないですか!?」

いいえ、そんなことはありません。

むしろ、ヨガクラスというものにこだわればこだわるほど、大半の人はヨガ資格を活かせなくなるのです。

この記事ではヨガ資格の落とし穴を回避する方法について紹介しましょう!

ヨガを教える場所はどこにあるの?

それでは質問させてください。

ヨガを教える場所はどこにあると思いますか?

ヨガクラスですか?

いいえ、人と人の間にあるんです。

あなたとあなたの大切な人の間にヨガ指導があってほしいのです。

そのために私は、ヨガ指導の醍醐味であるヨガクラスをあえて捨ててほしいというのです。

ヨガはヨガクラスという枠組みのためだけにあるのではないのです。

毎日の暮らしの中で活かすことが第一歩なんです。

ヨガ指導を今すぐに始めるには?

ヨガ指導をもっと活かそうというと、こんな思いが湧き上がるかもしれません。

今は仕事が忙しくて…、

子どもも小さくて…、

家庭の中で優先することもあって…。

わかります。

大いにわかります。

しかし、その時間が1分間ならどうでしょうか?

あなたはパートナーや、お子さんや、ご家族、親友、職場の仲間といった、大切な人たちと1分間、時間をとることはできるでしょうか?

日常生活の中でこの1分のヨガ指導の時間を設けること。

それがヨガの本来の目的である人生全体の幸せにつながるのです。

ヨガクラスの間だけハッピーになるのでは足りません。

私達は日常生活の中でこそハッピーになる力を鍛えないといけないのです。

そして、この1分間のヨガ指導の習慣は、定期的にヨガクラスを開催している人にとっても大きなブレークスルーをもたらします。

今のヨガ指導にワクワクが足りない、熱が足りない、もっと生徒さんの目を輝かせたい、もっと自分自身の成長を感じたい!

そのような思いがある方にとってもあなたのヨガ指導の次元を変える手助けになるでしょう。

1分間のヨガ指導で人生は変る

私達は令和になって決断しました。

今後、1分間のヨガ指導で人生を変える方法を世界に広めていくことです。

これは日常生活のはしばしでヨガの教えやプラクティスを活用し、愛情と信頼を育てるための習慣です。

これはどんなスタイルのヨガにも応用できる学びなのです。

「でも、私はパートナーや子供に教えようと思っても拒否されたことがあるんです…」

そんな人もいるかも知れません。

しかし、この1分間ヨガティーチャーはあの手この手でヨガに引き込みます。

その第一歩は教えようとしないこと

はぁ?教えようとしないって、どうして?ティーチャーなんでしょ?

ごめんなさい、困惑しますよね。

困惑するかもしれませんが、多くの場合、相手に拒否されるのは上から指導されるのを嫌がっているからなんですね。

あるいは、あなたの教えようとする力みが相手に伝わっているのです。

だから、上から教えるのではないのです。

パートナーに教えるのではなく、パートナーの手を借りることから始めます。

「ちょっと、ここに手を当ててくれる?」といって手を借ります。

パートナーの手を自分の丹田の周りを支えてもらうように当ててもらいます。

するとあなたは、パートナーの手が自分の丹田をジワジワと温めているのを感じ、姿勢も改善するのを感じます。

「あぁ、あったかい!こうしてもらうと、とても楽~」と思わず口にします。

あなたはパートナーの手を借りただけです。

でも、実は、この行為はあなたたち二人にヨガ指導をしてもらっているのです。

あなたは実はヨガを教えずに教え、教えられずに教わっているのです。

ヨガ指導の本当の素晴らしさとは?

このような1分間の積み重ねであなたは、自分のヨガの知恵が生かされることを知ります。

ヨガ指導の本当の素晴らしさは、人の体を通じてしか伝えられません。

だから、ヨガ指導の本当の素晴らしさを理解しているあなたは、世界にとってとても貴重な存在なのです。

あなたも誰かからヨガの輝きを伝えられたのです。

だからこそ、あなたはヨガの輝きを他の誰かに伝え続けなければならないのです。

この1分間のヨガ指導(One Minute Yoga Teaching)を積み重ねることこそが、実際にはヨガクラスの根幹にもなっていくのです。

これからヨガの学びを深めようと思っている方全員がこのことを意識して欲しいと願っています。

ヨガは実践するだけでは必ず壁にぶつかります。

その時にはどうするか、教えることが解決策です。

自分の学んだことを他者に伝えることによってこそ成長できるとクンダリーニヨガのヨギバジャン師も伝えています。

そして、それこそがヨガの醍醐味でもあるのです。

あなたが心から提供したいヨガクラスを考えてみよう

前もって釘を差しておこなければいけないのは、あなたが心から提供したいと思っているクラスを目指して欲しい、ということです。

ヨガクラスを行うのは、誰かと競争するために行うためのものではありません。

優劣を競ったり、生徒さんの数を競ったりするためのものではないのです。

それでは今から3つのパターンに則った人生に恋するヨガ指導のはじめ方のヒントをお伝えします。

これを読めばあなたの日常はすぐに変わり始めるでしょう。

まだ教えたことがない人にとっては、最高の生徒さんを見つけることで現実が変わります。

すでに教えている人にはマンネリを打破して生徒さんの目がイキイキと輝き出すのを見ることができるでしょう。

まさにヨガを教えてあなたの命が燃えている感覚を味わえるようになるのです。

そうです、あなたは、もっと人生に恋ができるようになるのです。

ヨガ資格講座で資格取得していない方の場合:

これからヨガ資格を取得してヨガを教えられるようになりたいと思っている方に私がいいたいのは、今すぐ身近な人にヨガを教え始めてほしいということです。

教えるといったら難しく感じるならば、ヨガの時間をシェアして欲しいと思うのです。

ヨガ資格を取得していないあなたであっても、ヨガの素晴らしさを実感しているからこのページを読んでいるはずですよね。

それなら、あなたの好きなヨガの呼吸法やアーサナなど心地よさを実感しているものがあるはずです。

それを身近な人と一緒に一つ五分でも行ってみるだけでいいのです。

人生を変えるヨガ指導とは、何百時間勉強したり下積みを経験すれば自動的に得られるものではありません。

むしろ、「初心」をいかに維持できるかこそが自分の人生を輝かせ、他者の人生を変える指導力の秘訣なのだと感じています。

目の前の大切な人に、自分が大切に思うことをシェアしたいという思いの中に一番のヨガ指導の輝きがあるのだと信じています。

そして、それはあなたが実際にプロとして教えるようになってこそ問われる姿勢なのです。

何百人、何千人に教える行為が、一回一回の指導は目の前の人と大切なものをシェアしたいという思いの具現化なのです。

どんな立派な資格を持っていてもこの姿勢がなければそのヨガ指導は輝いているとはいえないのです。

そして、この「初心」がどんな状態を自分自身で把握するために、私たちからプレゼントがあります。

それが次のYouTube動画です。

こちらの動画ではあなたの初心を測るためのワークをご紹介していますので、ぜひ、トライしてください。

ヨガ資格を取得したのに教え始めていない人の場合には:

何百時間ものトレーニングを終え、資格取得をしたのにもかかわらずヨガを教え始めることができずに悩んでいる人が大勢います。

できない理由はたくさんあるでしょう。

しかし、その理由の核心を私は知っています。

それは教える自信がないこと。

どうして自信がないのでしょうか。

それは、その人にとってヨガを教えることが大切なことであればあるほど、傷つきたくないからです。

夢を叶えたいけれども傷つきたくない。

大事に思えば思うほど否定された時のショックはより大きいからなのです。

だから、こんな人にとって必要なことは自信をつけることなのです。

「自分はヨガを教えて感謝される存在である」という自信をつけることなのです。

この自信をそだてるためには、何百時間ものトレーニングを終了したとしても不十分です。

実はどんな人も意識の内側では常にネガティブな言葉が渦巻いています。

これは、人間の脳の構造上危険を回避するために必要なことです。

「あれは危険だから近づかないほうが安全だぞ」

「そんなこと試したら傷づくかもしれないよ」

これは人間の持つトカゲの脳(脳幹)がもたらす声と言われています。

この部位は危険なら逃げよと常に私達に選択させようとします。

自分自身の内側で囁かれるネガティブな感情と一人で戦うことはとても困難な作業です。

ですから、一人で立ち向かうことはおすすめしません。

じゃあ、どうすればいいのか?

それは、あなた以外の誰か一人の人の笑顔を味方にすることです。

あなたがヨガを教え始めることに自信が持てないのは、ズバリ自分自身に意識が向きすぎているからなのです。

自分の自尊心を守りたいということに意識が向いてしまっているのです。

だから、私はその意識を向ける方向性を自分から他者へと変えて欲しいのです。

自分がヨガを教えて変わろうと奮闘する代わりに、他者を変えることにシフトさせるのです。

そして、目の前の一人の力を信じて欲しいと思っています。

一番あなたの近くにいる人は誰ですか?

その人にあなたがヨガを愛していることを伝えていますか?

その人はあなたの夫かもしれません。

あなたの子供かもしれません。

もしくは友人かもしれません。

あなたが思いつく身近な大切な人にまずはヨガの素晴らしさを伝えて笑顔を引き出してください。

たった一つの呼吸法でも、ポーズでも構いません。

あなたにはその人を笑顔にできる力を十分にもっているはずです。

それなら、その人にヨガを教えて笑顔を引き出すことは容易いはずです。

あなたがヨガを素晴らしいと思っているだけでは、まだ不十分です。

でも、あなたと一緒にヨガが素晴らしいと思っている人がいるならあなたの内側には自信が芽生えるのです。

そしてその自信をさらに周りの人からも笑顔を引き出すことによって強化できるのです。

人間の持つ恐怖を溶かす唯一の熱は誰かの笑顔と感謝を引き出すことによって生まれるのです。

あなたがヨガ資格を活かしたくさんの方を笑顔にし感動を与えるクラスを行うためにはこの積み重ねが大切です。

そして、目の前の大切な人には一回や二回教えた経験では足りません。

大切な人だからこそ習慣として教えるのです。

これはすごく大事な真理です。

身近な人を常にヨガでサポートできること、それこそがあなたの喜びになり、あなたがヨガを世界に伝えようとする原動力になるはずです。

ヨガは必ず人生に役に立つという確信は一人で作るものではありません。

周りの人間と一緒に習慣の中で育てるものなのです。

その核になるのがたった一人でもいいから、あなたから教わって感謝している人がいるということなのです。

もし、あなたがヨガの喜びを身近な人と習慣にしているのなら、世界中のどんな人にでもヨガの素晴らしさを伝えることができるようになると私は本気で考えています。

ヨガインストラクターじゃなくてヨガティーチャーになろう!

今の時代、ヨガと聞くとヨガインストラクターというイメージがあると思います。

しかし、私は敢えてヨガインストラクターになってはいけないと伝えています。

こちらを動画で解説したところ、各方面より賛否両論を頂きました。

とてもありがたく思っています。

これは私たちがヨガインストラクターに恨みがあるとかそんな話ではありません。

あなたが真剣にヨガに向き合うのなら、ヨガインストラクターよりもヨガティーチャーになってほしいという思いがあるからです。

「でも、ヨガインストラクターとヨガティーチャーの違いって何なの?」

なんて思われるかもしれませんね。

確かに、どちらも横文字ですし、混同してしまうかもしれません。

そこで、特別な動画を作成しました。

どうして、私たちがヨガインストラクターではなくてヨガティーチャーを目指そうというのか?

どうして、ワクワクが止まらないヨガクラスをしてほしいのか?

キャリア10年の思いをお伝えしています。

YouTubeでヨガティーチャーのための本当に使えるコツをお伝えしています!

このように、わたしたちはYouTubeにて無料で学べるヨガティーチャーのための無料講義を配信しています。

このページで紹介した以外にも、いろんな動画をご用意しています。

こちら以外にも私自身の失敗談など、刺激的な内容が盛りだくさんです。

もし、あなたがこれからヨガ資格を身に着けたい、ヨガ資格を役立たせたいとお思いなら、まずはチャンネル登録をしてお役立てください。

以下の画像をタップするとチャンネル登録できます。更新が届きますので、とっても便利ですよ。

さらにヨガ指導を深めるためには?

現在、私の国際ハーブヨガ協会では英語を話す人々向けのハーブヨガ指導者養成講座を行っています。

そのため、日本語での養成講座は行っていません。

しかし、ヨガの指導力やクラスの運営法を磨きたい方のために、「ワクワクが止まらないヨガ指導&ヨガクラス運営講座」を開講しています。

こちらはどんな流派のヨガであっても、即、使える内容となっています。

もし、あなたがヨガ資格をもっと活用したい、ヨガ資格をタンスの肥やしにしたくない、とお思いの場合には、ぜひ、ご検討いただければ幸いです。

ワクワクが止まらないヨガ指導&ヨガクラス運営法講座

あなたがヨガに出会った以上はこの学びを徹底的に活かしきって欲しい。

なぜならヨガにはあまりにもたくさんのメリットがあるからです。

  • 脳を若返らせポジティブな感情でいられるようになる
  • 今の自分の幸せに感謝することができる
  • 女性の体のバランスを整え若さを保てる

じゃあ、ヨガを毎日そして、一生ワクワクしながら活かし続けるにはどうしたらよいのでしょうか?

実は、あなたがワクワクしているだけでは不十分なんです。

あなたがあなたの周りの人をワクワクさせる必要があるんです。

人間は周りの人がワクワクしているのを感じた時にその本当の素晴らしさを実感できるのです。

だけどそれは昨日のメールでもお伝えましたが、ヨガクラスをアーサナの発表の場にしているだけでは不十分なんです。

生徒さんに合わせて、クラスを進化させないのであればズバリ言うと劣化していくだけなのです。

そのために私は決断しました。

あなたが一生、ヨガ指導を通じてあなたの人生に恋をするための方法を伝えることをです。

その名も「生徒のハートに火をつけろ!ワクワクが止まらないヨガ指導&ヨガクラス運営法講座」です。

この講座を受けたあなたは、ズバリこうなります。

これから資格取得する方は、半年後にはヨガで他者をワクワクさせ始めることができるようになるでしょう。

すでに教え始めている方は、もっともっと生徒さんをワクワクさせ続け、あなたの指導に触れれば触れるほど継続的に感動が伝わるクラスができるようになります。

そして必ず日常の中で他者とヨガの輝きを活かせるようになります。

ヨガの指導の根幹に必要なもの、それは生徒さんの日常の中でヨガを活かしてもらう指導なのです。

しかし、一回教えて終わりでは学びは消え去ってしまいます。

だからこそ、継続的に教える機会を持って日常を応援しなければなりません。

ヨガクラスという非日常体験こそが、生徒さんの日常を応援する唯一の機会なのですから。

ヨガの知恵は関係性の中で活かすものです。

そしてヨガの知恵は関係性の中でしか実を結ばないのです。

だから、人と人の間にあるヨガ指導をあなたにはワクワクしながら続けて欲しいのです。

一人一人をしっかり指導する少人数制講座です

こちらの講座は超実践的な講座です。

一人ひとりのバックグラウンドに応じて、お一人お一人からまず現在の状況をお聞きして異なる事前課題を用意します。

講座の中では、その場で課題を実演してシェアとフィードバックを受けていきます。

カリキュラムのポイント

講座であなたが身につける大きなポイントは4つです。

1 日常の中でハーブヨガ指導を自動的に磨く10のヒント

教わることで教える秘密のテクニックを習得します。
本人は教わっていると気づかずに学び、こちらも教えることを意識せず学ぶ姿勢で相手と対峙する指導法です。
ハーブヨガが日常の中でスパークする瞬間は毎日の中で実はたくさんあります。
朝、日中、夕方、夜、お風呂上がり、眠る前などなど、身近な人とヨガ指導で輝くための実践の仕方を身に着けます。

2 生徒をワクワクのメリーゴランドに乗せる3大要素

あなたは一回のクラスの中でどれだけ生徒をワクワクさせていますか?
このカリキュラムでは実際にヨガクラスを行いながら、気づきをどのように入れるのかを学び、
どのように生徒の課題をみつけ、宿題を出すのかまでをしっかり身につけます。
生徒さんたちがあなたのクラスの中で何回笑っている?
何回ハッとしている?
生徒さんはあなたのクラスでメモをとっている?

3 生徒に成長を実感させるシンプルで力強い方法とは?

あなたのクラスに生徒が通い続ける理由は自分の成長を明らかに実感するからです。
この成長の実感とはどのように引き出されるのでしょうか?
答えはとてもシンプルな方法にあります。
生徒の内観を促しそれを形にして示す方法を学びましょう。

4 単発ではなくて定期的に通ってもらう仕組みづくりのヒントとは?

一回ずつのクラスができるようになったら、生徒さんに定期的に通ってもらって、もっともっとハーブヨガの素晴らしさを実感してもらいましょう。

お祭りのような一回限りのヨガクラスをやってみるのは楽しいけれど、継続的に続けなければハーブヨガの学びは実を結ばなくなってしまいます。

そのためには生徒さんに定期的に通ってもらうための仕組みを用意することが大切です。

リピート率を上げるためには?

そのための仕組み化のテクニックも学びます。
「また来たい」という人が次の予約をしてくれない本当の理由。
どうしたら次につながるのか?

継続的に通ってもらうことを避けている自分、恐れている自分に気づき手放すワーク、あなたのヨガクラスにワクワクが止まらなくなるためのSeeding瞑想でヨガ指導者として生まれ変わろう!

講座の概要

こちらの講座はヨガの流派を越えて活かせる内容になっております。

ハーブヨガ指導に的を絞って開講するのは9月が最初で最後となります。

※こちらの講座は1日でみっちり指導力をあげる講座です。

プレ課題

学びの段階に応じて出される課題が異なっています。
実際に準備をしていただいて、講座の際に実演することで何倍も学習効果を高めます。

開催日時

全ての流派のヨガ指導者向け:7月23日火曜日 10時から16時ころまで

ハーブヨガ学習者向け:9月14日土曜日 10時から16時ころまで

お申し込み後、プレ課題のためのワークをお送りします。

お一人ずつ課題を把握して講座日程までの個別の課題を宗夫妻より伝えられます。

※年に数回しか行われない講座ですので日程は現時点では調整可能です。この日程で難しい場合にはまずはご相談くださいませ。

受講料

5万円+税→3万円+税(税金3万2400円)

先行申し込み特典

鳥蝶GREENのサロン経営術講座の音声講義をプレゼント

6月7日の金曜日までにお申し込みの方に限り、過去に開催された伝説の講座、鳥蝶GREENのサロン経営術講座の一部をプレゼントします。

こちら、過去には30万円の受講料を頂いて開催したコンサルティング講座なのです。

こちらは少人数制で、実際にサロンを立ち上げたい!とお考えの生徒さんに、
ヨガサロンを運営するとは?という視点からレクチャーしていった講座です。

もっとも、広告やPRについてなどは時代とともに古くなった部分もあります。
しかし、その中でも第一回目と第二回目の講義については今聞いても役に立ちます。
そこで、この1回目と2回目の音声講義と副読資料をプレゼントします。

それでも、ボリュームは合わせて、4時間超のボリュームです。

第1回 ヨガサロン経営があなたの人生にもたらすものは何だろう:2時間53分
& 第2回 あなたのプロフィールを磨こう:1時間32分

Q&A この講座はハーブヨガセラピスト養成講座とどう違うのでしょうか?

ハーブヨガセラピスト養成講座では、ヨガオケをマスターすることを主眼に70分のハーブヨガクラスの指導法を学ぶ講座です。

こちらの講座では、ヨガクラスの仕組みづくりである運営法についてお伝えします。

単発のイベント的な指導だけではなく、継続的にハーブヨガ指導をライフワークにしていくには、生徒さんのやる気を引き出し、リピーターを育てる具体的な運営についての理解が必要不可欠です。

今回の講座はあなた自身の指導力を磨き、魅力的なクラスの仕組みづくりについて知っていただく絶好の機会です。
また、ハーブヨガ指導について特化するのは最初で最後の機会です。

お問い合わせ

必須お名前

必須メールアドレス

必須確認用メールアドレス

必須ご用件を以下から選んで下さい
 講座に今すぐに申し込みたい 質問があります

必須ご希望の日程
 2019年9月 その他

ご質問がある場合には以下にご記入ください。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で