本がつなぐ絆~ハーブヨガスタープランナー2018

日々、幸せの種まきをテーマに活動しています。

アトリエ百和(yuwa)の新井百合子です。

ハーブヨガスタープランナー2018

2月のリトリートアイデア:Tune-in Reading読書会をしてみよう

こちらについて、実施したことをシェアします。

まず、私が所属する図書ボランティアグループの皆さんに、自分の好きな本のシェアをしませんか?と、提案しました。

普段、子ども達に読み聞かせを行っている皆さんなので、好きな絵本のタイトルは、パッと思いつきます。

今回は、敢えて絵本ではなくてもOK。

自分が学生時代に好きだった本、子どもの頃に出会った本、詩集や写真集など、お話しではない本でもOKにしました。

結果的には、絵本がほとんどでしたが、自分の過去に好きだった本を思い起こすことで、様々な記憶や感情がそれぞれの内側で感じられたのではないかと思います。

私自身も、子どもの頃、寝る前に、母親にお気に入りの絵本を読んでもらったことを思い出しました。

「もう一回読んで!」と言って、なかなか寝なかったな…とか、寝転がったときに、目に入る天井の木目が、人の顔みたいだったな…。お気に入りの絵本だったのに、タイトルを間違えて覚えていた!など様々な発見がありました。

また、参加した皆さんには、お勧めの理由や、その本で一番好きな一文をシェアして頂きました。

シェア後の感想

・紹介された本を全部読んでみたいと思った

・自分も好きな本が紹介されていて嬉しい

・好きな作家の美術館があり、作家本人による朗読があることを知ることができて良かった

・素敵な本が世の中には、たくさんある!

・皆さんの本が好きな気持ち、お子さんへの愛情が伝わってきて、とても温かい気持ちになった

ずっと一緒に活動してきたメンバーですが、自分の好きな本をシェアすることで、更につながりを深めることができました。

◆今回のシェアの中から、私が一番印象に残った本をご紹介します。

「おいたてられた2匹のカエル」 作・絵 とだ こうしろう

2匹のカエルが住んでいた池が埋め立てられ、見つけた住みかを、次々と追い立てられてしまいます。2匹は、綺麗な水のある場所を探し出し、幸せに暮らすことができるのか…?

大人も、子どもも、一緒に自然環境について考えていこうと思える絵本です。

◆最後に、今回のシェアには、入っていませんが、ハーブヨガや、ハーブボールSPAセラピーを行っていく中で、参考になると感じた本をご紹介します。

「子どものしぐさはメッセージ」著者 山上 亮

野口整体、シュタイナー教育をベースに、整体ボディワーカーとして活動する著者が、何気ない子どものしぐさを見つめ、そこに潜む意味や、要求をエッセイ形式で書き綴っています。

可愛いらしい挿し絵は、もちろん、目次をみると…のぼる とびおりる ころがる こわす などなど、並んだ言葉を見るだけでも、楽しい感じがします。

描くTune-inも、子どものエネルギーが溢れる感じになりました。

子育て中の方はもちろん、かつて、子どもだった皆さんも、様々な子どものしぐさに「こんなこと、自分もやってた!」と感じられると思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
アトリエ百和(yuwa) の新井百合子です。 自宅サロンや、イベント出店をメインに活動しています。 よろしくお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で