妊活する人も妊活を応援する人も今すぐ瞑想を始めたくなる動画アップしました

2018年12月7日

妊活と検索すると、続いて「ヨガ」という言葉が候補として現れるほど、妊活とヨガは切っても切れない関係にあると思われています。

しかし、先日、ご紹介した通り、ただただヨガを一生懸命にしているだけでは、妊活にマイナスになることだってあるのです。

大事な視点は女性ホルモンの波をどう整えるかということ。

そして、女性ホルモンの波に注目するハーブヨガの根幹にある姿勢、それが瞑想なんです。

私がお伝えしたいのは、瞑想こそが妊活するにあたって、まず習慣にして欲しい姿勢でもあるのです。

特に、ハーブヨガの妊活瞑想には4つの驚くべきメリットがあります。

ハーブヨガの妊活瞑想をする4つのメリット:

  1. 自律神経が整う
  2. イメージの力が育つ
  3. 「いま、ここ」の幸せを受け入れる力が育つ
  4. パートナーシップの愛の絆が深まる瞑想のメリットの「自律神経が整う」はわかるとしても、それ以降のメリットがどのように妊活に関係するのか疑問を持つ人もいるでしょう。

しかし、ここがわかるのとわからないのでは大きな違いが生まれます。

また、妊娠した後、生まれた後の家庭環境にも大きく影響を与えます。

あなたが妊活を応援する立場の先生やセラピストであれば、必ずみて欲しい内容です。

瞑想と妊活がどのように関わっているか、どのように行えば効果を上げられるのか、詳しく動画でレクチャーしました。

「〇〇をすると妊活の成功率が跳ね上がるんです」動画

これから妊活をされる皆さん、是非、瞑想も実践してください。

瞑想は妊娠中もずっと行えますし、一生の財産になる実践です。
もちろん、これから妊娠をする予定のない方もこの動画をみるとすぐに瞑想を始めたくなるはずです。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で