【ワンちゃんの心の声を聞くカウンセリング付き】ペットのための体質改善を応援する初代メンバーの受付は本日まで

ある日学校の帰り道、「キャンキャン」と鳴き声が聞こえてきました。

小さな子犬が泥だらけになって田んぼの側溝に落ちて助けを求めていました。

助けてあげると、私の後を追いかけてきました。

「家では飼ってもらえるはずはない」

とあきらめていたものの、内緒で家に連れて帰り、お風呂で洗ってあげました。

真っ白なまだフワフワの赤ちゃんの毛の残っている子犬でした。

両親に見せると、驚いたことに「いいよ」と即OKしてくれたのです。

その犬はロッキーと名付けられ、14年間、私の家で大切な家族として生活しました。

紀州犬という猟犬の犬種だったこともあり、プライドが高く、物静かな犬でした。

暑い日も、寒い日も、散歩をしたり、一緒に寝ころんだり、遊び相手になりました。

ロッキーは心臓の周りに水が何リットルも溜まってしまう病気にかかりました。

ロッキーが病気になりどんどん弱っていく日々の中、何かしてあげられないだろうか?

とただただもがく自分がいました。

そして、最期の時を迎えてしまいました。

あの頃の私はまだハーブボールどころか自然療法というものにすら出会っていませんでした。

まだロッキーが生きているころに、「ハーブボールで癒してあげたかったなー」。

そう悔やまれてなりません。

そんな思いをする飼い主の方を一人でも減らしたいのです。

ロッキーが死んだ後、今回のセラピー動画で活躍しているプーちゃんがやってきました。

それだって、もう14年も前の話です。

セラピー動画を製作して思うのは、こうやって愛犬と一緒に動画制作ができることがなんと嬉しいことだろうかということです。

ペットから癒されてばかりの私たちが、癒す側に回ること。

そして、愛犬をパートナーに癒しを伝える側に回ること。

そのプロセスを通じて、私はもっと心と体と関係性というものが分かるようになりました。

そして、もっと、ヨガの伝える感応というものが分かるようになったと思います。

「全国の飼い主さんと、そのワンちゃんの幸せに貢献してみよう。」

「まずはうちの愛犬の末永い健康に貢献しよう。」

「もっと信頼関係を構築したい」

「犬の経絡やエネルギーの流れについてもっと知りたい」

動機は何だってかまいません。

今、ワンちゃんを飼われている方、これから飼われることを検討されている方、私たちと一緒に歩いてみませんか?

初めの3名様のみ、私たちがご自宅まで出張指導いたします。

そして、あなたのワンちゃんの心の声を聞き、飼い主様との関係性について望診しカウンセリングの上、セラピー指導をさせていただきます。

ペットの考えていることをもっと深く知りたい方・もっと深く通じ合いたい方

自分自身とペットとの関係性について客観的に知り、もっと絆を深めたい方には是非このチャンスを活かしてみてください!

>>ワンちゃんのためのハーブボールSPAセラピー特設ページはこちらから

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で