昨日、バンコクのサロンでハーブの作付けが行われました!

私達のサロンのSignatureハーブとして信頼と愛情を寄せる4つのハーブの内のまずは3つを昨日植えました。

 

一つ目のハーブは、我らがワーンチャックモッルーク。

子どもの宮と書いて子宮という意味を持つハーブは形も子宮のようにまんまる。

左に見える茎部分は、数年前から育てている同ハーブです。

新たに植え込みました。

次にカーというハーブ。

そのタイハーブとして際立つ香りと抗酸化作用の強さで知られています。

そして、3つ目がプライです。

タイのほとんど全てのハーブボールに使われているほどベーシックな存在です。

体の奥深くまでハーブの作用を届ける働きをしてくれるなくてはならないハーブだと私は厚い信頼を寄せています。

本当にパワフルです。

こちらの写真では 上からプライ、カー、こぶみかん、ワーンチャックモッルークです。

香りも効果も折り紙付きの私達のかわいいハーブたち!

これらのハーブたちがタイサロンですくすくと育ちながらあなたと会える日を待っています!

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
2018年2月27日 | カテゴリー : News | タグ : | 投稿者 : 国際ハーブヨガ協会による記事