2018年年始からバンコクのサロンでは、世界各国からの旅人たちをハーブヨガでおもてなししています。

新年度の4月からは東京、馬喰町でもハーブヨガを世界に広げるため二ヶ国語対応でOPENしていきます。

これまで日本橋馬喰町は国際ハーブヨガ協会の拠点としてセラピストやトレーナーを育成する場であり、

ハーブボールやハーブヨガマットの研究開発の日本の拠点として機能してきました。

また、ハーブヨガの書籍・DVDなどの執筆・出版活動の拠点でもあります。

そこに、遂にハーブヨガを日本の皆様と海外からの皆様の両方に知って頂き、触れて頂く機会をご案内できるようになりました。

もちろん、

  • ハーブボールを様々な角度から紹介したり、
  • ハーブヨガをあらゆる視点から深めていくクラスやイベントが開催されたり、
  • ハーブヨガマットの展示会、アートイベント、屋上ガーデンを使ったリトリートが行われたり、

などなどワクワクが盛りだくさんになる予定です。

その中の目玉の一つが、バイリンガル対応のハーブヨガクラス!

馬喰町OPENは4月11日から!

これを記念して、4月11日から4月27日までは私、宗 冨美江と健太郎本人が連日ハーブヨガ・マジッククラスを開催します!

初めての方にはハーブヨガのマジックが一瞬にかかるように。

ハーブヨガ歴の長い方には、それまでに体験したことのない次元に誘うマジックを。

時にはアート動画を投影しながら。

時には、楽器を瞑想に取り入れながら。

外国人の生徒さんがいらっしゃる時には、バイリンガルにて。

ヨガも瞑想も体験したことのない方も気軽に参加できるのにハーブヨガの魔法にかかるクラスにします。

もちろん、基本に忠実に呼吸法、アーサナ、瞑想、ハーブボールのセラピーをどこまで深めながら楽しめるエンターテイメントにできるのか、実験の場でもあります。

笑いあり、涙ありの舞台にご参加いただくようなハーブヨガをやりたくてウズウズしています。

ジャズライブのように即興で演出されるハーブヨガをお楽しみ頂きたいと思います。

ただし、この特別な機会は4月11日から4月27日までの期間限定です。

しかも、メルマガの読者限定でKizunaハーブボールのお土産つきの特別受講料を限定10名様まで適用します!

Kizunaハーブボールは濡らさずに電子レンジで温めるだけで手軽に100回繰り返し使えます!

 

【馬喰町OPNE記念:宗夫妻のハーブヨガ・マジッククラス期間限定開講】

記念受講料:3000円 (クラスで使う生ハーブボールつき!)

開催日程:4月11日から4月27日までの火曜日から金曜日(17日・18日はお休みです)

 

※4/14(土曜日)のみ特別開催でAM10:00~11:15にクラスを行います。

 

場所:東京都日本橋馬喰町 国際ハーブヨガ協会ビルにて

ご参加に当たっての規約

  1. こちらの講座は前払い制となります。ご予約無しに当日会場にいらっしゃってもご参加にはなれません。
  2. ハーブヨガクラスではカウンセリング事項のご記入をお願いしております。特にアレルギーについては事前にお伝え下さい。
  3. ハーブヨガクラスでは感想シートのご記入を行って頂いております。ご感想を書いていただくことで、参加者自身に学びを深くインプットしていただくためです。

キャンセルポリシーについて

ご病気や交通機関の問題、あるいは天候など、どのような理由であっても、当日のハーブヨガクラスにご参加になれない場合、キャンセル料金は100%発生してしまいます。そのため、万事、お繰越の上、ご参加下さい。もし、ご参加になれない場合には、当日、使用する予定のハーブボールおよびKotodama Workシートをお送り差し上げます。

※ハーブボールの送付は「キャンセルの旨」を当日のヨガクラス開始1時間前までにお伝えいただいた場合にのみ適用致します。クラス開始1時間前を過ぎてしまいますと、ハーブボールを蒸す準備に入ってしまいますので、お渡しすることはできません。

 

お申込みは今すぐ以下のメールフォームからご返信の上、希望参加日をご連絡ください。

 

お名前

メールアドレス

確認用メールアドレス

ご希望される日程(両方共の場合にはどちらもチェックしてください)
 11月16日 12月4日

アレルギーをお持ちですか?お持ちの場合には全て書き出してください。

参加される動機や前もって聞いておきたいこと、話しておきたいことについてお知らせください。

ご用件をお選び下さい
 魔女学校に申し込みたい 質問があります

どのようにして、こちらのクラスを知りましたか?
 協会のウェブサイト メールマガジン チラシや看板 友達の紹介 書籍

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で