平成最後の夏だからこそ、古い自分の殻を脱ぐためにやって欲しいKotodamaワーク

今でも信じられませんが今年の夏が平成最後の夏になります。

平成が始まった時、なんと新しい響きだろう!

どんな風にこの日本は変化していくのだろう?

そして、この新しい時代を生きる私たちはどんな未来を築いていくのだろう?

そんな希望でワクワクした頃を思い出します。

早いもので平成も30年経過し、最後の年を迎えています。

平成の大事件であるオウム真理教の死刑囚の執行をするなど、平成のことは平成の内に整理を進める流れがそこかしこで起きています。

新しい元号が始まる時、それは新たな日本が生まれ直す時です。

日本人はこの元号という呪術的なものと数千年もの間、共に生き続けている世界でも稀有なスピリチュアルな民族なのです。

元号はそれこそ、時代の意識という強い言霊を持っているといえるでしょう。

私たち日本人は平成という魂をもった元号に今年さよならし、新しい魂をもった元号をお迎えすることになります。

新しいものが生まれ育ち始めるためには、古いものに整理をつけていかなければなりません。

整理という言葉よりは清算という方が適しているでしょう。

それが自分の半身を切られるような痛みを感じる大切なことやモノであったとしても、重すぎて前に進めなくなるくらいなら切り捨てなければなりません。

平成のことは平成のうちに。

だから、平成最後の夏、私はあなたにやって欲しいKotodamaワークがあるのです。

平成の間にできたあなたの古い殻を脱ぎ捨てるために膠着(こうちゃく)状態に気づくKotodamaワーク

  • Q1 平成が終わるにあたって、あなたがやり残していると感じることは何でしょうか?もしあるなら、いくつありますか?
  • Q2 あなたがしがらみのようにして抱えていることや長い間引きずってきたことはありますか?もしあるならいくつあるでしょう?
  • Q3 もし1と2のワークで出てきた答えを断ち切ったり、清算できるとしたらどんな痛みが生まれるでしょうか?

このワークはまさしく、平成が終わるこの夏のタイミングで行うのがベストであり、やることに今しか意味がないものでもあります。

なぜなら通常、人間は自分自身の膠着状態を意識して気づくことが難しいものです。

膠着状態とは、あっちに行きたいのに進めない。手放したいのに手放せず執着してしまう。という状態のことです。

また、膠着状態というものは、通常誰でも複数もっているものです。

普通にしていると、膠着状態を意識することすらできないのです。

それを理解するためにはどうすればいいのか?

そのカギについては、明日、お話しましょう!

まず、今日は、このKotodamaワークに取り組んでみてくださいね。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

歩くことと走ることの体への影響の違いとは?

脂肪を燃やしたい。

有酸素運動は脂肪を燃やすというので、有酸素といえば歩くことだろう、と思っていました。

だから、年始からまずはとにかく歩き始めたんですね。

しかし、これまでの何倍も歩いているのに全然、私の体の脂肪は変化を感じませんでした。

いつもなら自転車で行く距離であっても、とにかく夫婦で歩いたのにどうして??

頭の中はクエスチョンマークでいっぱいです。

そんな頃、スロージョギングという走り方を知りました。

歩くより遅いスピードで走っても、約2倍のカロリーを消費できるんです!

1キロの脂肪を燃やすのに約7300キロカロリーの消費が必要と言われています。

例えば、4~5キロ走ると約300キロカロリー消費できるんです。

すると週5で走ると1カ月で、大体1キロの脂肪を燃やせる計算になります。

しかし、歩いて同じカロリーを1ヶ月で消費するには10kmを週5で歩かなければなりません。

あるいは、5km歩く場合には2ヶ月かかるのです。

例えば、3キロ痩せたいという目標がある方の場合、3ヶ月で済むのと、6ヶ月かかるのではやる気の出方が全然違いますよね。

こんな理由から、ダイエットの場合、走ることを選択すると圧倒的に速く結果が出ることが魅力なんです。

ただし、ただ走っているだけでは脂肪が燃えるだけで、メリハリのない体になりますから注意が必要です。

そのためにハーブヨガワークアウトでは、有酸素と無酸素を必ず組み合わせます。

それだけでなく、柔軟性をしっかり着けること、これも大事です。

と、いうのも柔軟性が低いと筋肉のつき方がいびつになってしまい、むしろずんぐりした体になってしまうかもしれません。

もちろん、ケガや故障も起きやすいです。

しかも、これだけで終わりません。

さらに、ハーブヨガワークアウトではハーブボールを使ったセラピーで内蔵系・神経系・免疫系のブーストを応援することも含みます。

また、走ることだけが正解とは限りません。

適度に肉をつけてふくよかさを出したい方には、やみくもに走ることより、まずは歩くことをオススメする場合もあります。

このように、ハーブヨガワークアウトで重視するのは、まずは一人ひとりの現状把握です。

今、自分がどのような状態なのかが分からないのに、やみくもにエクササイズを始めるのは危険ですらあります。

一人一人が描く理想像も違います。

みんなが同じことは絶対に出来ないのです。

痩せたいのか太りたいのかによってやることは全く変わります。

また、その人の現状の筋肉などの状態によって運動強度も食事メニューも全く変わります。

だから、変われるんですね。

そして、面白いんですねえ。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この1ヶ月で脂肪が1.3kg燃え、筋肉量が1.1kg増えました

1ヶ月、ハーブヨガワークアウトに取り組み、自分自身の体組成を計測してきました。

なんと、この1ヶ月で脂肪が1.3kg燃え、筋肉量が1.1kg増えました!

おまけに一番の懸念事項であった骨量も増え、一気に標準の範囲を越える密度になりつつあります。

よくあるダイエットでは、体重が落ちたと言っても実は、筋肉が落ちて軽くなっているだけなことが多いのです。

筋肉は脂肪の3倍のスピードで落ちるんです。

一時的にやせたと喜んでいても、長い目で見れば、しなびた太りやすい体を作ることに貢献してしまうのでは意味がないですよね。

1ヶ月に何キロも落とすことをよしとする風潮がありますが、それも実は危険です。

なぜなら、肌の代謝が追いつかないのです。

急激に短期間で何キロも痩せるとおデブな猫ちゃんのお腹みたいに余った皮がだらっとしてしまいます。

だから、1ヶ月に落とせる脂肪の量は2キロが最大です。

私自身も一時期は動物性のモノを一切口にしないヴィーガン食を実践していました。

すると面白いように痩せたのですが、胸は落ち、少年のような細い体になりました。

思えば、その時に体中の筋肉を落としてしまったんだなと思います。

すると、基礎代謝が落ちてしまい、動物性のものなどを食べるようになると今度はどんどん脂肪がついてしまうんです。

1キロの脂肪を落とすのに実は7000キロカロリー消費する必要があるといいます。

ご飯一口分は約20カロリーです。

一日の摂取カロリーがご飯一口分でも増えれば、1年で自動的に2キロ増えてしまうんです。

すると、5年では10キロも増えてしまうんです。

実際には、年齢を経るごとに筋肉量もさらに減っていきますから、さらに加速度的に増えているのが現実のところではないかと思います。

これらを総合的に考え、私達はハーブヨガワークアウトのプログラムを組んでいるんです。

筋肉を増やすことで基礎代謝自体を上げて行きます。

また、ただカロリー消費するだけでなく、肉体を作り上げること、強く美しい体になることを目指します。

そして、食事を闇雲に減らすと落ちてしまう筋肉や乳房の肉、お尻のハリを死守しながら余分な脂肪のみを落とす工夫をしています。

しかも、この1ヶ月甘い物を切らした日はありません。

巷では、糖質制限が絶対的に大切といいますけど、私は絶対に大好きなスイーツを諦めたくありません。

だから、毎日、和菓子だけでなく洋菓子を楽しみながらこれだけの結果を出せたのは、とても嬉しい限りです。

その意味では、今回の1ヶ月で脂肪を減らしながら筋肉を増やせたのは、私達の戦略が間違っていなかったことを証明できました。

4月17日に第一日目を迎えるハーブヨガワークアウト45日ティーチャー養成講座では、この理論を参加者と共に実践していきます。

多くの人が体を通じて人生を変える醍醐味を味わうお手伝いをできることにワクワクしています。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

卒業式に貧血でバタバタと倒れる子供たちを見て決意したこと

「え、また!大丈夫なの!?」

息子の卒業式の時の話です。

 

次々に小学生の生徒が先生に抱えられ、運ばれて行きました。

真っ青になって貧血で倒れ込む子たちが1時間ちょっとの式典の間に3・4人にも登りました。

私達夫婦は、気が気じゃなくなりました。

「やっぱり、子どもたちを強くする責任は私達にある!」

と。

田舎出身の私達夫婦は、体育の授業は嫌いでしたが、思えば、山猿のように里山や畑を駆け回っていたな、と自分たちの子どもを育てながら思い出すのです。

なぜなら、都会に生きる私達の地域の子どもたちは、縦横無尽にはしゃぎまわることを制約されて暮らさざるをえません。

また、スマホ文化がそれを加速させ、今は赤ちゃんでもスマホ画面に夢中になっている時代です。

「こんなことじゃいかん!」

 

私達夫婦が走り始めたのも、子どものよきお手本になりたい、という部分があったからです。

走り始めようなんて、実は、思ってもいませんでした。

でも、自転車をやめてまずは歩くようにし始めたら自然とどんどん歩けるようになったのです。

今まで、自転車ですら億劫で仕方なかった場所まで、あっという間にたどり着けるようになったし、

自転車では、見逃してしまうような景色をしっかりキャッチできることが楽しくなったのです。

そして、何より息子も一緒に歩くことを楽しんでくれるようになったのです。

 

休みの日にはテレビやスマホばかりやりたがり、運動不足になることを懸念していた私達、親にとっては大きな収穫です。

歩いている間に、たくさんお話をして、同時に息子も足腰を鍛えられることを一番嬉しく思うのです。

そして、私達は、3月11日に東北復興支援のチャリティマラソン大会があることを知って思い切って申し込んだのです。

息子にも走ることの楽しさを教えたいと思い、これを機に走ることを決意したのです。

すると、スロージョギングという方法があることを知り、世界観が変わりました。

苦しいペースでも、笑顔が保てるペースで走っても使うカロリーに殆ど変わりはないということ!

けれども、同じ距離を歩くのとは比較にならない程、足腰が鍛えられカロリーを消費できること!

しかも90歳の老人であっても、今すぐにスロージョギングを始めて健康になることができるほど、体に負担がかからないこと!

これなら走った方が絶対お得だわ!と目からウロコが落ちました。

そして、走ることの楽しさを初めて知りました。

というか、思い出したのです。

それは、子どもの頃、学校から帰ってから一人で田舎の花や緑の中を駆け巡っていた頃のような楽しさだったのです。

今は、満開の桜をあちこちに追いかけながらジョギングすると、東京の街にもいくつもの梅・桃・桜などの美しい木が植わっていることを発見出来ました。

こんな素晴らしい季節に走らないなんて、もったいない!と心から思います。

 

ジョギングしていると、子どもたちが何かのトレーニングのために走っているのを見かけました。

「頑張ってー!」

と親たちの声援を受けながら、本当に苦しそうに顔をしかめながら競争しているのです。

これを見て、また自分の過去がフラッシュバックしました。

そうそう、だから、体育の授業が嫌いだったんだよな。

誰かと競争して勝てなければ運動することに意義を見いだせなくなる。

そんな教育を受けてきてしまった・・・。

でも、「そんな教育は私達の世代で終わりにしたい」、今はそう心から願うのです。

 

運動することは楽しいことなんだよ!

体を動かして世界の鼓動を感じよう!

体の躍動を感じよう!

そのためだけに体を動かせばいい。

誰かに勝つことでも負けることでもなく、遅いことも早いことも関係ないんだよ!

ハーブヨガワークアウトではこれを伝えたいんだ!

 

だからこそ、今、私は体を動かすことの楽しさを伝えられる仲間を増やしていきたいのです。

運動の楽しさを知れば、運動を習慣にできるはずです。

そうすれば、貧血で倒れる子どもたちもいなくなるはず。

運動の楽しさを知った子ども達が大人になったら生活習慣病で悩むリスクもグッと減るでしょう。

このビジョンに共鳴する方は是非、ハーブヨガワークアウト45日ティーチャー養成講座でまずは自分の肉体が変わる喜びを感じて下さい。

その喜びはきっと、世界を変える力になります。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

35歳を過ぎた体にケリを入れる!ハーブヨガワークアウトで人生を劇変させよう

年始からハーブヨガワークアウトの実践を通じて私自身、肉体が燃えるように変化していくのを実感しています。

また一緒に楽しみながら実践しているパートナーの健太郎さんも、先日から白髪が生えなくなったことから、確実に成長ホルモンが放出されているのを実感中です。

今現在、第二次成長期を迎えようとしている息子と同じタイミングで、

「親の私達夫婦は第三次成長期を迎えているんだ!」

と叫びました。

そして、この快感を多くの産後ママを始めとする女性達に感じてほしくこちらの内容を学べる講座の準備をしてきました。

絶対ムリだと思っていた理想をとことんまで追求して肉体を作り変えていくのは本当楽しいものです。

やれば結果が出ること程、面白い事はありません。

ハーブヨガセラピーで潜在意識の内なる子どもを癒やし、一緒に笑顔になる喜びとはまた異なる快感があるのです。

ハーブヨガセラピーが陰の癒やしで、ハーブヨガワークアウトは陽の活性だからです。

たからかに笑い、飛び跳ねるような快活さがあなたの肉体に宿るのです。

そして、この陰と陽の2つの側面を高めるからこそ、最短距離で目的にたどり着くのだと断言します。

ハーブヨガワークアウトは特に35歳を過ぎた女性のボディメイクに結果を出します。

産後の開いた骨盤、歪んだまま固まってしまっている骨格や筋肉。

下垂に加速がつき始めた内蔵の位置。

筋肉が年々減少することで悪くなる姿勢。

冷えた体を守るようにつく内蔵脂肪に皮下脂肪。

内蔵の下垂に引っ張られて下がっていくお顔。

はては、ホルモンバランスの悪化によりツヤを失っていく頭髪。

これらに対して手を打てるのはいつですか?

はい、今しかありません!

だから、私達は35歳を過ぎてたるみきった体にケリを入れるためのハーブヨガワークアウトを学べる講座を用意したのです。

一生、自分の体と人生の可能性に挑戦していきたい人に打って付けの講座です。

筋トレ、有酸素、柔軟性を上げるヨガ、というメソッドを女性の美しさと強さを兼ね備えた体という点で、バランスを取ってアプローチするメソッドの指導者養成講座です。

>>ハーブヨガワークアウトの専用解説ページはこちら

食事や生活習慣、セラピーで神経系・内臓系まで調和させながらボディメイクするというメソッドです。

こちらの資格で学ぶことで、あなたはより理想に近づいた快活な自分の体だけでなく他に3つの力を手に入れます。

1つ目に35歳を過ぎた女性が45日という期間でボディメイクするために最適な目標設定を生徒さんと一緒に行うことができる能力。

2つ目に35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適なハーブヨガワークアウトクラスという有酸素・無酸素・柔軟性を強化するためのクラス指導ができるよ能力。

3つ目に35歳を過ぎた女性がボディメイクするために最適な食事バランス・運動・生理周期に合わせた生活習慣全般に関する講習会を行う能力。

※もちろんこちらの内容は、35歳以前の成人女性及び年齢を問わず成人男性にも効果的です。

>>ハーブヨガワークアウトの専用解説ページはこちら

ただし、こちらのハーブヨガワークアウトは、土台となるハーブヨガセラピーを学んでこそ活かせる内容です。
ハーブヨガセラピスト養成講座を学んでいる方限定でのご案内となります。

そこで、東京・バンコク・ニューヨークでハーブヨガワークアウトを学べるようになりました。

>>東京通学講座はこちら

>>バンコク留学はこちら

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

ハーブヨガワークアウト:健太郎さんの白髪が消えた理由

早いもので息子の小学校の卒業式の日を迎えました。

こどもは6年間で信じられないほど成長し、そして今後ももっともっと成長していくことを改めて感慨深く思う1日でした。

一方で親の方は子どもの成長と反比例するように若さを失っていくことも身にしみます。

私自身、健康は絶好調ですが、この数年で加齢による体型の変化を実感してきたことは先日、お話した通りです。

実を言うと健太郎さんも数年前より、時折、白髪が見つかるようになっていたのです。

抜いてはまた生えてと繰り返し焦りを感じていたところだったのです。

そんなおり、私達夫婦は美と強さのためのハーブヨガワークアウトの原型となるメソッド作りを新年明けてから開始していました。

ハーブヨガワークアウトのこの2ヶ月程度の実践により、なんと、健太郎さんの白髪が生えてこなくなったのです!

普通に考えればそんなことは非常識です。

しかし、私には確信がありました。

なぜなら人間は無限の可能性を持っているから。

もっと具体的に言えば、適切に心と身体をケアしワークアウトすることで若返ることは可能なのです。

これは摩訶不思議な話ではなくて、 一定の方法でアプローチすれば、誰にでも可能です。

人間には成長ホルモンという物質を出すことがいくつになってもできる能力があるからです。

もちろん個人差はあります。

それに若返るといわれる方法論には地雷もたくさん埋まっています。

多くの場合、人は若返るイコール痩せると考えます。

しかし、実際には痩せることはやつれることと紙一重です。

鍛えることは女性ホルモンを削ぎ落とすことと紙一重です。

そこが厄介な所で、この部分のバランスをとるメソッドでなければ、一定の年齢に達した人が美しく体を変えることは不可能なのです。

20代のメソッドと30代以降のメソッドは全く質が異なります。

私は、これまで築き上げてきた自分たちの女性の体を癒やしながら女性性を上げ、美しくする方法、つまりハーブヨガセラピーに自信を持っています。

そこに、さらに女性を若返らせながら強さを引き出しボディメイクしていくための方法をハーブヨガワークアウトで確立していきます。

豊かな髪とつややかな肌、女性の柔らかさを保ちながらさらに美しく世界を冒険する強さを身につける体を作るのです。

子どもを生んでも、その子どもが大きく成長していっても、自分は老け込むというのは大きな間違いです。

そして、自分は年老いていくものだと人生を諦めるのは、体の若さを諦めることから始まると断言します。

いくつになっても人生の主人公は自分自身であると確信できる、心と体作りを応援していくことが私達の大切なライフワークの一つなのです。

 

>>ハーブヨガワークアウトの詳細はこちらから

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

毎日の景色がヨガになる! ハーブティーを最高に味わうための瞑想法

こんにちは。

「自然と動物と人とを繋ぐハーブになる」をモットーに神奈川で活動しています、大久保有利子です。

先日開催されました

ハーブボールリトリートマスター講座に参加してきました!
講座では、実際のリトリートの流れで日本橋の街をお散歩したり、写真を撮ったりと、かなり実践的なワークを行いました。リトリートを開催出来るようになることを学ぶ講座ではありますが、参加していて楽しく、色々発見があって、私自身がほっこり癒された講座でした。

その中の

ハーブティーを味わおうのワーク。
都会の真ん中馬喰町の屋上ガーデンでハーブを摘み、そのハーブを使ったハーブティーを頂く。これだけでも貴重な体験ですし、充分楽しいのです。

そのお茶をいただく際に行なった

ハーブティーを最高に味わうための瞑想法

お茶をじっくり見て、色や質感を観察する。。
香りを感じて、ひと口含む。
えぇー甘い、、こんなに味がするんだ。

自分達の手で摘んだハーブがお茶になってるってすごいな。

じんわりと染み込むようにハーブティーを感じられ、あぁそうか、これもヨガなんだ、、とスッと腑に落ちました。

「毎日の景色がヨガになる。」

ただハーブティーを味わうだけでは感じられない発見でした。

日々の何気ない景色に呼吸を合わせ、挨拶すると全ての世界がハーブになり、その瞬間がヨガになる。

どう感じるか、どういう姿勢で世界を見るかで人生がすっかり変わってしまうことだってあり得るかもしれない。
マットを敷いてアーサナをしたり、呼吸法を行なって瞑想する、だけがヨガじゃない。お散歩している時も、本を読んでいる時も、家事をしている時も。

毎日を味わうようじっくり生きることで、目に移る景色や触れるもの全てがハーブになるんだな。。

一杯のハーブティーを最高に味わう瞑想は、世界を最高に楽しみながら生きる為のコツをも教えてくれたようでした。
大袈裟かもしれませんが、、このちょっとした

「あぁそうか。」

が少しずつ身体に拡がって、周りの人に伝わって、世界に、、とどんどん波が伝わっていくと気がついたら自分のまわりが心地よい環境になっているのかもしれないと思うのです。

沢山の方にこの瞑想を体験して欲しいと思いました。ヨガを習慣にするのが難しいと感じている方や、瞑想って敷居が高くてやり方もイマイチ分からない。途中で寝てしまい集中出来ない、、という方でも簡単に、しかも短時間で抵抗なく出来るので日常に取り込みやすい瞑想だと思います。

リトリートマスター講座、奥が深いなぁと感じた講座でした。

 

ボディチューニングサロンOnsa 「自然と動物と人とを繋ぐハーブ」になることを目指して、神奈川県 菊名周辺と自由が丘のレンタルサロンにて活動中。

子宮力を上げるから変化する自分を実感できる

3月3日に開催した姿勢美法の講座をうけたAyanoさんからご感想を頂きました。

子宮力を上げる姿勢美カウンセリングクラスでは、その場で大きく心も体も変化するのをお手伝いします。

 

この講座は「一回の受講で本当に自分がガラリと変わるのを体感した講座」でした

姿勢美法の受講前と二時間の受講後とで、自分の姿勢、声の出し方、印象、話し方の違いを大きく感じ、とても感動しました。

動画と静止画でbefore 、afterを撮って下さるので、違いが体感だけでなく見た目でも感じられることができました。

私は普段緊張してうまく話せなく、講座の最初の自己紹介の動画の時もとても緊張してました。

それが講座後の時は緊張せずに声が出せました。

それだけでなく、声の出し方も変わりました。

歩き方もただ立ってる姿までもが姿勢美法を行うことにより、柔らかく優しい雰囲気になってました。

違いに自分自身でもびっくりしました。 先生はすぐに私が力が入ってることも、普段どんな感じかもすぐお分かりになりました。

力を抜くことの大事さと、具体的に日常どんなことをすれば良いかも教えて下さいました。

緊張しがちな自分や力が入ってしまうことに悩んでいましたので、一回の講座でも大きな変化がありましたので、今後教えて頂いたことを日常でも続けていくことが楽しみです。

先生は一人一人じっくり丁寧に教えて下さり、その人その人で異なるアドバイスをして下さるのでとても深く学ぶことができます。

楽しみながら、自分の姿勢を通じて自分の本質に向き合える貴重な時間でした。

二時間の講座で本当にガラリと印象も変化し、緊張しなくなる自分に出合うことができ、心から感謝致します。

力を抜く為に先生から教えて頂いた具体的なアドバイスや方法を日常でも楽しみながら行い習慣にしたいです。

そして自分でも普段感じていましたが、女性らしさが欠けているので姿勢美法を行い女性らしさを増していきたいと思います。

(おわり)

私はクラスの現場に立つと、普段では得られないインスピレーションを得ることができます。

生徒さんの体を前にすると、雷に打たれたような感覚でアイデアが生まれてきます。

そりゃあもう自分でも驚くようなことが内側から飛び出してくるのです。

「あんた、すごいこと言ってたね」と、クラスに同席していた健太郎さんがメモを取ります。

私の行っているのは、その人の持っている根源的なエネルギー源である子宮力に火を着けることです。

その結果、今回のAyanoさんのようなご感想をいただけるのではないかと感じているのです。

あなたにも是非体感して欲しいと願っております。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

花粉症を癒やすハーブヨガの5つのステップ

喉の痛み、鼻水、目の痒みなど粘膜系の症状に悩まされている方も多いかもしれません。

なぜなら目下、花粉症の季節ですから!

夫の健太郎さんも、約10年前まではものすっごい花粉症でした。

まさに、目の痒みや充血を通りこして、鶏のような顔になるほどただれていました。

鼻は常時、滝のように鼻水が流れていました。

そして、鼻水が詰まっているため、耳が聞こえにくくなるんです。

こうなると、話しかけても「え?ごめーん。何?」と、ようやく気づくくらい、頭までぼんやりしてしまっていました。

まさに、見ざる聞かざる言わざる状態でした。

かと言って薬を飲むと、副作用で頭痛と眠気が起きてしまい、さらにコミュニケーションに難がでます。

つまり、この季節になると、一ヶ月ほど人間生活を休業しているような状態といっても過言ではありませんでした。

本人以上に、身近で接する人間はこの猛威を振るう花粉症に対して「どうにかせねば!!」と考えていました。

そんな状況を脱するきっかけになったのがハーブヨガの知恵を結集したライフスタイルです。

花粉症をはじめとするアレルギーとは、ただの先天的な体質と思われている方が多いと思います。

しかし、生活習慣と大きく結びついています。

その中でも、人間の三大欲求の一つである睡眠の質と時間はとりわけ重要です。

何故かと言うと、人は眠っている間に体を調整するからです。

この季節にアレルギーが出るのは、季節の変わり目に体が対応しきれていないからです。

しかし、時間を十分取ったとしても、その質は疑わしいという場合が多いです。

眠るということをワクワクするような価値あるものにすることが出来ずにいるのが現代人のほとんどなんじゃないかと思います。

だけど、私たちに言わせれば、「質のよい眠りこそ、人生の目的」なのです!

よく眠れるということは、幸せのバロメーターでもあるのです。

つまり、健康や美容も叶え、そしてそれを越える目的があるのです。

魂の世界と繋がる眠りの不思議を探究してほしい。

私達の人生は3分の1が睡眠です。

気持ちよく眠れれば、バイタリティが湧き上がってくるものです。

「質の高い睡眠をしたい!」

「美しい夢がみたい」

このような人類の究極の欲求でもある睡眠を応援するためにハーブボールを役立てることができます。

もちろん、効果効能を保証するものではありませんが、ハーブの持つ大地のビジョンには確実に触れられるものと確信しています。

【睡眠と花粉症の関係】

東洋では季節に応じて骨格が開閉すると昔から考えます。

暑い夏になれば骨盤や肩甲骨が開き、熱を発散し、寒い冬になれば骨盤や肩甲骨が閉じる傾向にあるのです。

体が正常に働いていれば問題はないのですが、普段からエアコンが効いた場所やストレスに晒されている場合には、この開閉が上手く行かなくなるのです。

その結果、アレルギーという形でエネルギーを外に出す動きが生まれるのではないかと考えられます。

ハーブボールではあてた場所のみならず、経絡などを通じて、体全体の気血の巡りをよくします。

その結果、アレルギー症状を出さずとも改善できる例があるのではないかと考えています。

 

【花粉症を癒やすハーブボールSPAセラピー 5つのステップ】

1.ハーブボールを作ろう

まずはキッチンにあるものでいいのでハーブボールを作りましょう。

例えばゴマ80g、シナモン3gで基本的なハーブボールができてしまいます。

ゴマは一旦フライパンで炒って、すりつぶして使います。

→具体的なハーブボールの作り方はこちらの記事をご参照ください

2.肩甲骨の周りにあてる

そして、電子レンジで1分30秒ほど加温したハーブボールを肩甲骨の周りにあてましょう。

これは冬にカチコチになった肩甲骨の周りに気血を通すためです。

この場所は一人では当てにくいので、ご家族などにあててもらうと更に良いですね。

※一人で当てる場合にはソファやイスの背もたれに挟むとGoodです。

3.肝臓の周りにあてる

次に肝臓の位置にあてます。

肝臓の状態は私たちの免疫とも大きく関係します。

ストレスなど心の状態も大きく肝臓に影響しますので、なだめならがら癒してあげてください。

場所は右下の乳房の下の部分です。

ゆっくりと呼吸をしながらじっくりあてましょう。

4.首の後ろ(と眉間)にあてる

次に首の後にあてます。

この位置からもエネルギーが出て行くポイントになります。

もし、目の花粉症が出る場合には第三の目のある、眉間の間の位置にあててもよいでしょう。

5.脾臓を冷やす

1~4の行程を20分ほど行ったら、最後に脾臓を濡れたタオルで冷やしましょう。

脾臓の状態もまた免疫と大きく関係があります。

場所は左の脇腹の位置です。

時間は30秒~1分の間でOKです。

と、こちらのプロセスをできれば寝る30分前に行ってみましょう。

呼吸の状態も改善されますから、 眠りは深くなります。

花粉症でお困りの方、是非、お試しください。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

絶対にヨガを習慣にできる唯一の方法

「ヨガを習慣にするためにどんな工夫ができますか?」

と聞かれたら、様々な答えがあるかもしれません。

ヨガを行う時間を決めることだ、とか

まずは1ポーズでもいいから毎日やることだ、

などなど・・・。

でも、私が長年ヨガとかかわってきて、これが一番大切だとわかったことがあります。

自分自身も何度も挫折してきたからこそわかったことです。

また、たくさんの生徒さんの習慣を応援してきたから得られた絶大な答えです。

それは、宝物のヨガマットを用意すること。

ポーズをする以前の習慣が実はとても大事だったんです。

くるくると丸めてあったヨガマットをパーッと開いてその上に立つ。

その上に座る。

ただそれだけで、幸せな気分になることが大事だったんです。

何しろ、ヨガを行う空間は1畳未満でも大切な聖域(サンクチュアリ)なんですから。

私はヨガを習慣にする上で、まずはこの習慣だけは大切にしているんです。

ヨガをするんじゃない、ヨガマットを広げるんだ。

サンクチュアリに自分自身の身を置いて自分に愛情と敬意を払うために。

これだけやれば、いいんだ、と自分に許可を与えることで、習慣にするハードルがグッと低くなります。

体調が優れない時、

疲れていてもう、どうでも良くなった時、

どんな時でも、決められた時間になったら、ヨガマットを広げる。

その上に座ってみること。

もうそれだけで十分なヨガが始まっているのですから。

そして、この習慣を応援してくれるのが私達の愛するハーブヨガマットです。


 「本当にかわいい!」と大好評をいただいているデザインなのに、自然素材で出来た世界でも珍しいヨガマットです。

このヨガマットを私達が開発したのは、一般的なヨガマットが触ること、臭いを嗅ぐことも体や環境に悪いと知ってからでした。

だから、体にも環境にも優しいヨガマットが欲しい!とその思いで作ったのが始まりです。

開発秘話について詳しくは、こちらの書籍「ヨガマット一枚の革命」にかかれています。

 

このマットをただ眺めたり、触ったりするだけで瞑想の効果をもたらされるのです。

深呼吸するだけで森林にいるような気分にさせてくれます。

あなたと共にマット自体も呼吸しているヨガマットなのです。

ハーブヨガマットはこちらからお求め頂けます:

https://www.yogiq.tokyo/

あなたのヨガライフが素晴らしいものになりますように。

国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。