先日はハーブヨガ魔女学校の第一回目を開催しました!

もぉー、思った以上に楽しかったです。
日本にいながらにして、タイの村人のように伝統的なハーブボールを作ったんです。
もぉ香りがすごいのなんのって、極楽の香りとはこれだと思う位。
蒸し器を開けた瞬間、全員から「ふあああーーー」という感動のため息が出ました。
生のタイハーブを用意して、一つ一つに魂をコネクトするTune-in瞑想をしました。
実は、日本に来てから、生のタイハーブでハーブボールづくりをするのは、私自身も初体験でした。
まさに、タイのサロンにいた時にフラッシュバックする経験でした
しかも、ここに日本のハーブも加えて、馬喰町で私たちが育てた生のハーブも調合しているのです。
一つ一つを刻んで、石臼で叩いて、混ぜて、それはそれは魔女の儀式そのものでした。
まさにハーブボールの布の内側に潜む神秘を覗き見する体験でした
その後は、これまた魔女のツールであるハーブヨガマットを敷いて
ハーブヨガで、若返りの魔法を全身に注ぎます。
ハーブヨガ魔女学校はあまりにも楽しい内容でした。
「ハーブボール自体は知っていたけれど、本格的なタイハーブを使ったりしてハーブボールをここまで深く楽しく学べるところはここしかありません!」
そんなお声を頂きました。
確かにその通り!
ハーブボールの楽しさを広めるのが私たちのミッション。
だから、もっともっと、このような機会を作っていこうと考えています。
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で