「乳癌の検査結果が軽くなっていました」Yさんからのお便り

嬉しいご報告を頂きました。

今から2ヶ月ほど前、乳癌のステージ1と診断を受けたとYさんがお話くださいました。

放射線治療と抗がん剤治療を覚悟していたといいます。

そして、先日、手術後の検査でステージ0へと軽くなっていたことをご報告くださいました。

この場合、定期健診以外は薬剤など必要のないレベルになっていたそうです。

もちろん、検査の仕方や医師によって判定の仕方は異なることはあるでしょう。

しかし、Yさんはこの2カ月間、毎日実践してきたことが功を奏したと確信しているとお伝えくださるのです。

私が手術前のYさんにアドバイスしたことは2つでした。

この二つをYさんは本当に毎日実践されました。

今回、Yさんのお便りの内容と私たちアドバイスを動画にまとめました。

乳癌は50年前は50人に1人でしたが、現在は14人に1人 と言われており、年間6万人以上が乳がんと診断されています。

だからこそ、女性であれば誰でも知って欲しいことがあります。

是非ご覧になって、ご自身やご自身の身の回りの大切な女性のためにお役立てくださいませ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
国際ハーブヨガ協会の公式アカウントです。宗冨美江(Fumie MUne)と宗健太郎(Kentaro Mune)による共同執筆の記事となります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で