姿勢美法のメカニズム

1.姿勢に注目していること

tab04.gif
古今東西、さまざまなエクササイズが生まれてきました。

しかし、それでも「これだ!」という決定的なものはなく、時代の進歩に合わせて生まれては消えていきました。

ここで、疑問がわいてきます。

他のものではどうして、効果が出なかったの?

それは、これまでのメソッドは、効果を出す為に「きちんとした姿勢が取れること」が前提条件だったからです。

しかし、何の練習もなしに「姿勢をきちんと取れる人」というのは10人に1人ぐらいの割合です。

つまり、そもそもの前提条件が崩れている以上、効果が限定的になってしまうのは無理もないことなんです。

一般的なメソッド本の場合、その道何十年の方が指導している場合が多く、そんな方は常日頃から運動しているわけですから「自然と」いい姿勢がとれています。

しかし、普通に生活する私たちは、「いい姿勢」でいることを学校で教わったこともありません。それに、もともとの癖などもあって、きちんとした姿勢をとることがそもそもできていないんです。



Q:これじゃ、運動初心者や歪んでいる人は どうすればいいの?
A:まずは姿勢の正し方を練習をしよう!

2. 心と体の両方に注目すること

tab05.gif

でも、ただ単に運動や外力による矯正だけを行って歪みを矯正しようとするのはNG!


心と体はつながっています。

だから、その両方を使って、働きかけたほうが効率がいいんです。

むしろ、体にだけ働きかけて何かの結果を得ようとするのは無謀です。

心の側面を無視するのは、いわば、両足を縛って走るようなもの。これじゃ、もがいているだけで、普通の人は一歩も前に進めません。

相当な精神力や忍耐力がない限り、巷にあるような「~だけダイエット」といった、単一の運動法だけで効果を持続的に出していくのは普通の人にはまず無理な話です。

本書ではどうやって心と体に働きかけるかをわかりやすく解説し、いつでもどこでも、内面も外面も美しい姿勢美人になれる方法を解説しています。


最後に一言!


ブサイクでいるのは簡単です。


「人間、中身が大事だから」
「そんなに外見に必死になるのって格好悪い」
「普通が一番」

と言って、頑張っている人を笑ってるだけでいいんですから。

実際のところ、私もそうでした。

自分は健康だから、あとは中身で勝負だと。

でも、中身が大事なのは当たり前。
だけど、見た目もそれと同じぐらい、私達の人生に大きな影響を与えます。

もし、ここで、中身も見た目も同時に、必死にならずにキレイにできる方法があったら、飛びつかないでしょうか?


「そんなこと、あり得ない」

そういうのも無理はありません。

私もまだ疑ってかかってるくらいだから。

でも、私を含め、今までの世界中の何千人というクライアントが効果を証明してしまったのです。

彼ら・彼女らは美しさのみならず、人生を豊かにしています。

この本はズボラなくせに欲張りなあなたが世界最速で美への道を駆け上がるための秘密を公開しました。

その極意とは・・・、
ブサイクさこそが、美への燃料であるということ。

それはあなたが今すぐ抹殺したいとまで思っている体の歪み。

嫉妬・憎しみ・見栄などの心の歪み、 ズボラさ、不器用さ、人前でうまく喋れないこと…

などの行動の歪み 非常識に聞こえるかもしれませんが、そんな虫唾の走るような歪みや醜さこそが、あなたを美しくしてくれるという真実があるんです。

そして、それを効果的に使っていくのは全然難しくありません。誰でも、小学2年生くらいの能力があればできてしまうものなんです。

姿に勢いと書いて姿勢と読む。

つまり、あなたの生き方の美醜は全て姿勢にこそ表れるのです。

この本では、あなたが自分の姿勢を発見し、対話し、そして改善していく方法をお伝えします。