国際ハーブヨガ協会とは?

国際ハーブヨガ協会について

国際ハーブヨガ協会とは?

国際ハーブヨガ協会とは2008年「人生全ての側面からの楽しみ方」を提案する機関として宗冨美江・健太郎によってタイ国首都のバンコクに発足した鳥蝶(ちょうちょう)から2014年に発足した国際的な組織です。

私達はハーブヨガを通じて世界中の人々の美と健康と魂の向上に貢献します。

association.fw.png


国際ハーブヨガ協会理事長のご紹介

宗 冨美江 MUNE, FUMIE


fumie_hyi.jpg

栃木県生まれ。米国にて高校卒業。立教大学法学部卒業。


ハーブヨガ・姿勢美法・Kotodama Workなどの革新的なメソッドを開発し、講師を育成している。 

”女であること、妻であること、母であることで何かを諦めずに、人生を楽しむ方法”を広めるため ChoChoを開設。
独自の手法と劇的効果のため、世界中から依頼が殺到している。

2014年には世界中のハーブヨガ指導者と『国際ハーブヨガ協会』を設立。


国際ハーブヨガ協会理事のご紹介

宗 健太郎 MUNE, KENTARO


kentaro_hyi.jpg

鹿児島県生まれ 東京工業大学・同大学院卒業。専攻は環境経済学。
有機農業ビジネスによる貧困層のエンパワーメント研究のため、タイ国Asian Institute of Technology Ph.D(博士)課程へ留学。

一年以上に及ぶタイ農村部での過酷なフィールドワーク終了後、国際連合環境計画(UNEP)での業務を経験する。

国連での業務中に現代の日本人に必要なものは、「他者への関心」であり、それは自分自身の心と体の在りようから始まると痛感。2008年、現代社会に新しい人生の楽しみ方を提案するため、妻である冨美江とChoChoを発足し、現在に至る。



協会の沿革

2008年9月
タイ国首都のバンコクに国際ハーブヨガ協会の前身となるホリスティックサロン、鳥蝶-ChoCho-を開設する。国内外からのべ数千人のクライアントが訪れる。

2010年4月
これまでの体質改善の成果を受けて、オリジナルメソッドである「姿勢美法」を中央公論新社より刊行。様々なマスコミに取り上げられる。

2010年9月
タイ全土に渡る暴動と、それでもタイで生きていく外国人女性を扱った企画展、「Inspiring Woman in Bangkok」展を開催。毎日新聞社にも取り上げられる。

2011年4月
ヨガ留学形式でハーブヨガの真髄を学べるヨガ留学講座がスタート。日本・アメリカなどから多数の参加者を迎え、合宿形式で集中的な指導を行う。

2012年1月
東京にも本部校を解説し、日本とタイの2国間での指導がスタートする。

2012年12月
BAB Japan社より、2冊めの書籍である「ハーブヨガ」がついに刊行。企画から約3年間を経ての刊行となる。

2013年1月
BAB Japan社よりDVD版の「ハーブヨガ」を刊行。書籍には未収録の「不死鳥のスパイラル」などを収録。

2014年3月
国籍を越えて意思疎通のできる全く新しいコミュニケーション手段である、「Kodo Communication」を開発。

2014年7月
より幅広い層へのハーブヨガの啓蒙のため、鳥蝶から国際ハーブヨガ協会を設立。

2014年9月
姉妹団体である「国際ハーブボール協会」を設立。こちらの協会ではハーブボールを使ったセラピー技術の普及を目指している。

2014年11月
ハーブヨガ普及のために、ハーブヨガセラピストを育てる「ハーブヨガトレーナー養成講座」を開始。

2015年1月
ハーブヨガセラピストfor マタニティ&シニア養成講座を開催。